ファンタジー 支援職小説一覧

4
前世は平凡な人間でした。 けれど生まれ変わった私は魔王の娘となりました。 人類の敵であり、玉座を狙う魔族からは命を狙われます。 一方で聖女の力にも目覚めました。 死者蘇生も可能な奇跡の力です。 人類の仇敵でありながら、人々を癒すための力を持った歪な存在。 ねえ神様、あなたがこのような立場を与えた理由はわかりません。 しかし私は何も捨てたくありません。 ですから生きて見せます。 魔王の娘でありながら、聖女として。
24h.ポイント 0pt
小説 187,381 位 / 187,381件 ファンタジー 42,927 位 / 42,927件
文字数 104,888 最終更新日 2023.11.01 登録日 2023.08.14
2
ファンタジー 連載中 長編 R15
迷宮攻略トップランクのパーティに所属していた付与術士ミロクは、自分の居場所がなくなったことを悟り、とうとう訪れたパーティ追放処分を甘んじて受け入れる。 「もう遅い、ざまぁねえよ。俺は才能がなくなっちまったんだ」 無理矢理に酷使してきた付与魔術の代償は――自らの才能値(スキルポイント)。 殆ど全ての才能が枯渇したミロクは、しかしある日、付与魔術の隠された使い道に気が付く。 それは、自分の成長しすぎた魂(レベル)を他人に付与できるという外法。 「もしかして俺、低レベルから何度でもやり直せる?」 ・・・ 低レベルから何度でもやりなおして、たくさんのスキルポイントを稼ぐミロク。 外れスキルばかり手に入るガチャの祭壇に祈りを捧げて、たくさんのスキルを集めているうちに、いつの間にか【英雄十傑】へと返り咲くことになる。 悪徳令嬢と蔑まれて貴族社会から追放されてしまった不死者の娘クロエと一緒に、ミロクはやがて、歴史に残る一つの冒険を成し遂げるのだった。 かつて仲間たちに託した夢の、その続きにある冒険の物語。 ※タイトルを変更しました。  旧タイトル:【もう遅いざまぁ極めたパーティ追放、外れスキルガチャ開拓スローライフ】 〜役立たず付与術士ミロクと婚約破棄令嬢クロエの裏ダンジョン冒険記〜
24h.ポイント 21pt
小説 23,128 位 / 187,381件 ファンタジー 3,194 位 / 42,927件
文字数 157,140 最終更新日 2022.12.16 登録日 2022.12.03
魔力無しの烙印を押されたノア・ベイクスは、恥晒しと罵られベイクス公爵家を勘当される。 この国の貴族で魔法が使えない者は『泥の血』と呼ばれ、平民落ちとされる決まりもある。泥の血……つまりは、農作業位にしか使い道がないという意味だ。 勘当される事を国王に告げるため謁見した折に、国王はノアの才能に気付く。 「その青年、要らぬと言うなら私が貰い受けよう」 『泥の血』のノアは国王によって見出され、やがて影となって市井の問題を解決していく。 ※いずれ二章〜を書きたいと思いますが一旦完結とします。 ※感想の取り扱いについては近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義で連載予定です。
24h.ポイント 0pt
小説 187,381 位 / 187,381件 ファンタジー 42,927 位 / 42,927件
文字数 20,550 最終更新日 2021.01.05 登録日 2020.12.28
鍛冶職人が武器を作り、提供する……なんてことはもう古い時代。 現代のパーティーには武具生成を役目とするクリエイターという存在があった。 アレンはそんなクリエイターの一人であり、彼もまたとある零細パーティーに属していた。 しかしアレンはパーティーリーダーのテリーに理不尽なまでの要望を突きつけられる日常を送っていた。 本当は彼の適性に合った武器を提供していたというのに…… そんな中、アレンの元に二人の少女が歩み寄ってくる。アレンは少女たちにパーティーへのスカウトを受けることになるが、後にその二人がとんでもない存在だったということを知る。 後日、アレンはテリーの裁量でパーティーから追い出されてしまう。 だが彼はクビを宣告されても何とも思わなかった。 むしろ、彼にとってはこの上なく嬉しいことだった。 これは万能クリエイター(本人は自覚無し)が最高の仲間たちと紡ぐ冒険の物語である。
24h.ポイント 14pt
小説 27,792 位 / 187,381件 ファンタジー 3,880 位 / 42,927件
文字数 18,030 最終更新日 2020.12.14 登録日 2020.12.05
4

アルファポリスのファンタジー小説のご紹介

アルファポリスのファンタジー小説の一覧ページです。
異世界転生から主人公無双、追放ものまでファンタジー小説が満載です。
異世界」 「転生」 「チート」 「勇者」 「剣と魔法」 人気のタグからお気に入りの小説を探すこともできます。ぜひお気に入りの小説を見つけてください。