酒呑童子小説一覧

タグ 酒呑童子×
4
 その昔、産まれ落ちた時から優秀過ぎる故、親からも鬼子と怖れられた美少年が居た。  故郷を追われ、京の都へと辿り着いた時には、その身は鬼と化していた。  大江山の鬼の王、酒呑童子と呼ばれ、退治されたその魂は、輪廻の輪を潜り抜け転生を果たす。  そして、その転生を果たした男が死した時、何の因果か神仏の戯れか、戦国時代は伊勢の国司家に、正史では存在しなかった四男として再び生を受ける。  二度の生の記憶を残しながら……  これは、鬼の力と現代人の知識を持って転生した男が、北畠氏の滅亡を阻止する為に奮闘する物語。 ーーーーーーーーーーーーーーーー この作品は、中の御所奮闘記~大賢者が異世界転生をリメイクしたものです。  かなり大幅に設定等を変更しているので、別物として読んで頂ければ嬉しいです。
24hポイント 142pt
小説 8,378 位 / 149,036件 ファンタジー 1,690 位 / 35,557件
文字数 196,107 最終更新日 2020.01.16 登録日 2019.03.25
「今まで一緒にいたのが間違いなんだよ。」雷火(らいか)の突然の豹変。火陽(かよう)を傷つけて、追い詰めて嗤う。「いい表情だな。もっと見せろよ。」体以上に、心が痛む火陽。(オレは、おまえさえいれば、他に何もいらないくらい、おまえのことが好きなのに。)二人を引き裂いたのは、雷火に仕掛けられた罠。「これは、私がおまえにかける呪い。けして解けない永遠の呪縛。」この話は、「おまえさえいれば、帰る場所なんかいらない。」~雷の絆・炎の約束~の続編ですので、先にそちらを読んでいただけるとありがたいです。京の陰陽師(見習い)だったが、鬼である雷火と共に生きるために、全てを捨てた少年、火陽。(12歳。)火陽に押し切られる形でそれを受け入れた雷火(13歳)。旅をする二人は、妖怪から村の子どもを助けたことから、その子どもの村にしばらくの間、滞在することになった。雷火との生活を無邪気に楽しむ火陽に対し、雷火は、火陽は京に帰るべきだと感じていた。火陽に優しくできない自分の苛立ちながら。それでも、表面上は平和だった日常に迫る魔の手。手の主は、残酷な愉悦の笑みとともにささやく。「やっとつかまえた。」「本当に目障り。私の雷火を誑(たぶら)かして。」雷火は、最後の理性で叫ぶ。「オレに近寄るな!今のオレは、おまえに何するかわからねえんだよ!!」雷火の悲痛な叫びは、現実になってしまうのかー。平安時代風異世界を舞台に、陰陽師の少年と鬼の少年の、戦いと絆を描いた和風ファンタジーです。
24hポイント 0pt
小説 149,036 位 / 149,036件 ファンタジー 35,557 位 / 35,557件
文字数 30,391 最終更新日 2022.04.30 登録日 2022.04.30
3
恋愛 連載中 長編
 ある日出会ったのは高校生ぐらいの男の子だった。  その出会いが私の運命を変える。
24hポイント 0pt
小説 149,036 位 / 149,036件 恋愛 46,910 位 / 46,910件
文字数 83,502 最終更新日 2019.06.30 登録日 2019.01.28
昔々のお話―。 そこでは鬼と、人、二つの種族があった。 これは人を恐れさす鬼。 その長である大江山の酒呑童子と、その腹心である茨木童子のお話。 そして、茨木童子には酒呑童子へ隠し立てして居ることがあった。 儚くも美しい人ならざる者同士の哀しき物語。
24hポイント 0pt
小説 149,036 位 / 149,036件 ファンタジー 35,557 位 / 35,557件
文字数 17,223 最終更新日 2018.09.24 登録日 2018.09.24
4