火威

火威

ファンタジーやバトルが好きです。陰陽師や吸血鬼や魔法使いなどがお気に入りです。よろしくお願いします。
6
「おまえって、なんで、オレのやったこと全部許すんだよ。」七柱の龍神が建国した、龍神国。そこは、妖が跳梁跋扈し、それらを調伏する神官が、龍神の力を行使する術、神術によって、無辜の民を守っている。神官候補生として修行中の少年、翡蓮(ひれん)は、候補生たちのまとめ役である<宝珠>であり、皆から慕われている。ただ一人、天才児だが異端児である少年、緋皇(ひおう)を除いて。問題ばかり起こす緋皇を、翡蓮は庇い続けるが、緋皇は翡蓮に心を開かない。候補生や神官が暮らす神殿から脱走した緋皇。自分の全てを懸けてでも、緋皇を守ろうとする翡蓮。翡蓮の思いは、緋皇に届くのか。そして、なぜ、翡蓮はそこまで緋皇に執着するのか。緋皇が翡蓮に向ける苛立ちの奥には、何が秘められているのか。全ての始まりは、遠い夏の日に交わされた約束。「絶対、おまえに会いに行くから、待ってろ。」少年たちの危うい絆の行き着く先は…?  江戸時代風の異世界を舞台にした、和風バトルファンタジーです。
24hポイント 21pt
小説 14,953 位 / 83,686件 ファンタジー 3,312 位 / 24,194件
文字数 39,562 最終更新日 2020.08.30 登録日 2020.08.28
 フェアとラントの友情譚、再び。魔族が人を襲う世界。魔族を倒せる武器を持つ勇者であるフェアと、勇者を助ける魔法使いであるラント。彼らの故郷は、十歳のときに、魔族に滅ぼされた。それから6年間、二人の少年は、魔族を倒すために世界中を旅している。たくさんの人を守りたいと願う、まっすぐな気性のフェア。美少年で外面はいいが、実はフェア以外の誰にも心を許さないラント。彼らが今回滞在する街は、祭の最中だった。人間に裏切られ、彼を殺してしまった森の精霊を慰めるための祭。そこで二人は、ルウナという少年占い師と出会う。ラントに、「フェアさんは、いつかラントさんを裏切る。」と予言するルウナ。ラントは「報われなくてもいい。」と答える。まるで、ルウナの予言が成就することを知っているかのように。ルウナに「フェアさんを殺せば、誰にもとられない。」と唆されるラント。果たして、ラントの選択は。そしてそれを、フェアは受け入れるのか。「おまえを泣かせてまで、ほしいものなんかない。」~勇者の友情、魔王の涙~と、「オレは、おまえになら喜んで束縛されてやる。」~勇者の友情、魔王の涙外伝1~の続編ですので、さきにそちらを読んでいただけるとありがたいです。一応、一話完結で説明もしてありますので、これだけ読んでも意味不明ではない…はず。ただ、終幕だけは正伝を読んでいないと「?」となります。正伝は残酷描写があるのでR15ついてますが、全然たいしたことはないです。 タグ
24hポイント 7pt
小説 20,430 位 / 83,686件 ファンタジー 4,860 位 / 24,194件
文字数 34,443 最終更新日 2020.07.26 登録日 2020.07.23
 フェアとラントの友情譚、再び。「オレは、おまえを束縛しているのか?」とフェアは悩み、「おまえは、オレをきらいになったのか?」と、ラントは怯える。魔王の覚醒前、十六歳のフェアとラントの物語。 少年から大人になるころの、揺れ動く感情。お互いが大切だからこそ、迷う二人。「おまえを泣かせてまで、ほしいものなんかない。」~勇者の友情、魔王の涙~の外伝ですので、先にそちらを読んでいただけるとありがたいです。(本伝は、一応残酷描写があるため、R15はつけましたが、たいしたことはありません。)ただ、外伝だけ読んでも、理解不能ということはありません。(終幕だけは本伝を読んでいないと、?となりますが)  魔族が人を襲う世界。魔族を倒す勇者であるフェアと、フェアをサポートする魔法使いであるラント。十歳のときに、魔族によって故郷の村を滅ばされてから、二人でずっと旅をしている。十六歳になった二人は、とある森で、キマイラに襲われる。キマイラを倒したものの、フェアを庇ったラントが重傷を負い、フェアは森の中の館に助けを求める。主が不在の館を一人で管理する執事は、快く二人を受け入れ、ラントが完全に回復するまで、二人は館に留まることになる。しかし、館で過ごす日々は、フェアとラントにすれ違いを生じさせる。執事はフェアに言う。フェアがラントに抱く気持ちは、依存であり執着であり、それゆえにフェアはラントを束縛しているのではないかと。互いを深く思うがゆえに、雁字搦めになった二人が選ぶ結末は…?
24hポイント 0pt
小説 83,686 位 / 83,686件 ファンタジー 24,194 位 / 24,194件
文字数 30,249 最終更新日 2020.06.14 登録日 2020.06.12
「騙されていたと知ったのに、それでも、この思いを断ち切れない。」  舞台は、魔法によって魔族を滅することができる世界。魔法使いを養成する名門校、シュトゥルウム魔法学院で、学院始まって以来の天才と謳われる少年、アディス・ヴァイスハイト。あり余る力ゆえに、傲慢尊大で冷酷なアディスは、小悪魔を助けるために自分に刃向った下級生、リヒト・ファナティクスに興味を抱く。穏和で大人しい少年だったはずのリヒトも、アディスに惹かれ、アディスに関することにだけ、彼らしくもなく感情が大きく揺れ動くようになる。  アディスに憧れて一途に慕うリヒトに、アディスも心を開いていくように見えたが、その友情はあっという間にひび割れる。  明らかになるアディスの企み。全てを仕組み、リヒトを弄んだアディスに対して、リヒトが選ぶ道は?  憧れと憎しみ、友情と裏切りが交差する、魔法ファンタジー。
24hポイント 0pt
小説 83,686 位 / 83,686件 ファンタジー 24,194 位 / 24,194件
文字数 30,616 最終更新日 2020.05.19 登録日 2020.05.16
 その友情は、愛か狂気か。  魔族が人を襲う世界。魔族を倒せる存在、勇者である青年、フェアは、親友の魔法使い、ラントと共に、世界中を旅しながら魔族を退治している。困っている人を助けたいという、まっすぐな気性のフェア。超絶美形の青年だが、実は人間嫌いで、フェアにしか心を許さないラント。  強固に見えた二人の絆は、フェアが恋に落ちたことからほころび始める。ラントは、フェアを裏切る予感におびえ、「オレは大罪を犯す。」と告げる。 「オレは、おまえに何されたって許してやるし、おまえのためなら何でもしてやるよ。」  ラントにそう答えたフェアの誓は果たされるのか。  それは、究極の友情の物語。  罪の無い人がかなり死にます(名も無い人たちですが)ので一応残酷描写かなと思いR15をつけました。苦手な方はご注意ください。ただ、このくらいなら世に出てる小説や漫画でも珍しくないです。
24hポイント 0pt
小説 83,686 位 / 83,686件 ファンタジー 24,194 位 / 24,194件
文字数 56,392 最終更新日 2020.05.09 登録日 2020.05.05
 それは、恋よりもたちの悪い執着。  舞台は、平安時代風の異世界、聖安京。13歳の少年陰陽師、安倍宵乱(あべのしょうらん)は、吸血鬼の王、紅月(あかつき)と戦うことに執着している。しかし、宵乱の祖先、稀代の陰陽師、安倍静明と紅月は、人と鬼が関わらずに生きるという「約定」を結んでいた。宵乱と紅月の奇妙な絆は、互いを危うくしていくが…。  生意気ツンデレ(?)美少年陰陽師、宵乱と、和風吸血鬼(本文では吸血鬼と呼んではいませんが)の美青年、紅月の物語。他のキャラは、宵乱の兄、若き陰陽頭の夕蓮、見た目美少年、中身二百歳近くの式神、天一、紅月の忠実な臣下、竜胆(りんどう)。 「小説家になろう」でも公開しています。  
24hポイント 0pt
小説 83,686 位 / 83,686件 ファンタジー 24,194 位 / 24,194件
文字数 32,393 最終更新日 2020.04.22 登録日 2020.04.19
6