ナチス小説一覧

タグ ナチス×
9
1
BL 連載中 ショートショート R18
高尚なタイトル付けましたが エロ♂です ナチスの組織とか人物は使いますがフィクションです!! 読んでわかると思いますが思想とは無関係です。 どうしても書きたいワンシーンがあって書きましたw ptが伸びたらほかの話も書くかも
24hポイント 28pt
小説 21,684 位 / 148,991件 BL 4,673 位 / 17,214件
文字数 2,465 最終更新日 2022.05.01 登録日 2021.10.16
死した魂を新たな世界へと送り出す事を使命とするある一人の神は、来る日も来る日も似たような人間を転生させることに飽き飽きした。 そんな時、神はある事を思いついた。 それは、死する運命にある国家を異世界へと転送させると言う、とんでも無い計画であった。 そして、その異世界転送国家として選ばれたのは、現代日本でも、アメリカでも無く、まさかの世界史に大きな悪名を轟かせた地獄の帝国 悪魔の独裁者の一人、アドルフ・ヒトラー率いるナチス第三帝国、そしてそんな地獄の帝国に追随する国々により支配され、正にこの世の地獄と化した1944年、ノルマンディー上陸作戦直前の、ヨーロッパであった。 果たして、狂気と差別にまみれ、殺戮の大地と化したヨーロッパの大地を向かい入れた世界は、果たしてどこに向かうのか。 ※この作品は、自分がハーメルンで同名のペンネームとタイトルで投稿している、二次作からインスピレーションを得た作品です。 なお、なろうとカクヨムにても、同じ作品を投稿中です。
24hポイント 7pt
小説 34,525 位 / 148,991件 ファンタジー 5,877 位 / 35,550件
文字数 38,202 最終更新日 2021.12.13 登録日 2021.12.04
一九六一年、ウィーン郊外に住まう老婦人をひとりの記者が訪ねる。 老婦人の名はエリザベート・マリー・ペツネック。 オーストリア=ハンガリー帝国の実質的な最後の皇帝、フランツ・ヨーゼフの孫娘であり、後に社会民主主義者と結婚したため「赤い皇女」とも呼ばれる女性だった。 取材に対して「私は何も語らない(ich rede nichts)」、すべては終わったことだと言いながら、彼女は過ぎた時代に思いを馳せる── 表紙画像はぱくたそより。
24hポイント 0pt
小説 148,991 位 / 148,991件 歴史・時代 1,691 位 / 1,691件
文字数 109,782 最終更新日 2022.06.28 登録日 2022.05.31
第二次世界大戦でナチスが勝った世界線の話です。 最初の方に世界大戦の前の話があります この作品はナチスが行ったことを推進、容認する物ではございません
24hポイント 0pt
小説 148,991 位 / 148,991件 歴史・時代 1,691 位 / 1,691件
文字数 3,429 最終更新日 2022.02.18 登録日 2022.01.15
記憶を失い、尊敬し信頼していた”先生”を失ったリュールカ・ツマンスカヤ。 穏やかな村の暮らしで傷心を癒やしていた彼女の元に、曰くありげな外国人がたどり着く。 同じ頃、ほんの少しだけ前、"ブルヴィッツ発掘中隊"隊長のグドルーン・ブルヴィッツの体を借りた月の魔女リュールカは、アーエンネルベから新しい指令を受ける。 発掘任務とは違う、視察と技術協力だというその任務にジンネマンとクルトを連れて赴いたリュールカ=グドルーンは、そこで唾棄すべき下劣なものを目の当たりにする。 接点のなかったはずの"先生"月の魔女リュールカと"生徒"リュールカ・ツマンスカヤ。 二人の間に、思いがけない、か細いが確かな糸が繋がる…… この話は、前作より三年後を想定してます。 登場人物(一部): リュールカ・ツマンスカヤ:黒髪、黒い瞳、眼鏡で小柄の少女。本作の主人公。月の魔女リュールカが、自身を元に作ったホムンクルス ヴィルベルヴィンド、ブリュンヒルト:リュールカの魔法具の箒 グドルーン・ブルヴィッツ特務少尉:ブルヴィッツ特務調査小隊の隊長。金髪碧眼の妙齢の女性。実際は月の魔女リュールカの仮の姿 フェルディナンド:リュールカの使い魔の黒い仔猫 スヴェン・ジンネマン上級曹長:同特務小隊ジンネマン分隊の分隊長。壮年の古参兵 クルト・タンク伍長:典型的ゲルマン男性の外見、二十三歳、丸眼鏡。徴兵からの除隊前に開戦した為そのまま勤務し伍長に昇進 エマノン・ニーマント:正体不明の、黒い肌の伊達男 岩崎賢一:大日本帝国陸軍大佐。大日本帝国ソビエト公使館勤務の武官、だった 狩野浩伸:大日本帝国陸軍大佐。大日本帝国ドイツ公使館勤務の武官 如月茉莉花:日本国ドイツ公館勤務の通訳、民間人からの登用で狩野の秘書的業務も兼任する女傑 リュールカのお話しの続きです。 リュールカは気にいっているキャラクターなので、幸せになって欲しいのですが、そのためにはやはり通過儀礼が必要……ということで、心を鬼にして第二部を書き始めました。 どっかで見たようなあの人が絡んで来ちゃいますが、そのあたりはまあ、御容赦の程を。 "あっちの話"を読まれていなくても問題がないように書いていくつもりです。 リュールカのお話しは、これを含めて三部作になる予定です。 このお話はその真ん中ですが、別のお話(通称「金と黒」:カクヨムさんのコンテスト用に投稿中、コンテスト期間終了次第こちらにも投稿します)と並行して書き始めてしまったため、完結はちょっと先になりそうです。 御期待している方がいらっしゃいましたら大変申し訳ありませんが、長い目で見ていただきたく、お願いします(20211226記) 20220103:第三話試作、ちょっとだけ訂正しました。
24hポイント 0pt
小説 148,991 位 / 148,991件 ファンタジー 35,550 位 / 35,550件
文字数 22,309 最終更新日 2022.01.01 登録日 2021.12.26
6
恋愛 完結 短編 R18
ドイツ人の少女とユダヤ人の少年のラブコメです。
24hポイント 0pt
小説 148,991 位 / 148,991件 恋愛 46,896 位 / 46,896件
文字数 6,414 最終更新日 2021.11.25 登録日 2021.11.25
1943年。 激化の一途をたどる第二次大戦にて、英国が編み出したヒトラー暗殺の秘策は透明人間であった。 対するナチス第三帝国は同盟国日本より、銃弾も避けるという達人の高弟、塩田剛三を招聘する。 東洋の合気術は西洋の見えざる刺客に太刀打ちできるのか。 【登場人物】 ハンス・ユンゲ: 武装親衛隊の将校でアドルフ・ヒトラーの従卒。 トラウデル・ユンゲ: アドルフ・ヒトラーの秘書でハンスの妻。 ジャック・グリフィン博士: 故人。肉体を透明にできる薬を開発したイギリス人科学者。 塩田剛三: 合気術の達人。
24hポイント 0pt
小説 148,991 位 / 148,991件 歴史・時代 1,691 位 / 1,691件
文字数 57,638 最終更新日 2021.07.25 登録日 2021.06.23
1940年、ルントラントには鉤十字の旗が翻った。 ナチスに占領された欧州の小国ルントラント。 その小さな国土にねむる古代の秘宝へと、ナチスドイツ親衛隊はまさに手を伸ばさんとしていた。 秘宝の鍵と王国の命運を握るのは、ロマの少年と王国の幼い女王、そして親衛隊に潜入していた日本の密偵〈ちとせ〉。 はたして彼らは王国にいかなる未来をもたらすのか──?
24hポイント 0pt
小説 148,991 位 / 148,991件 大衆娯楽 4,899 位 / 4,899件
文字数 74,685 最終更新日 2019.10.01 登録日 2019.10.01
 二十世紀初頭のウィーン。この街ですれ違った二人はやがて。彼等は同じ時期にこの街にいました。本当にこうなっていたかも知れません。
24hポイント 0pt
小説 148,991 位 / 148,991件 歴史・時代 1,691 位 / 1,691件
文字数 5,874 最終更新日 2018.03.02 登録日 2018.03.02
9