星ふくろう

星ふくろう

画像はくぬたま様(@kunutama)から頂きました。
32 12
「自由な恋愛をするから、お前を正妃候補から外す。これからは多くの正妃候補を探す、そのつもりでいろ」  ある日、王太子シャルマンから、そんな無慈悲な通告をされた伯爵令嬢アネットは婚約者を許せないと怒りを抱く。  やがて彼女の怒りは王国の下級貴族を巻き込み、王太子殿下に廃嫡と国外追放という悲惨な未来を与える。    他の投稿サイトでも別名義で掲載しております。  内容を加筆修正しました。
24hポイント 28pt
小説 22,084 位 / 140,210件 恋愛 10,322 位 / 43,364件
文字数 10,439 最終更新日 2022.03.01 登録日 2021.02.11
 蒼き狼の獣人たちは王国を築いていた。  そのグリムガル王国のカールトン公爵家令嬢アンリエッタは、幼い頃、同盟国に移住する。  それは、リオナール公国公子イブリースとの政略結婚のためだった。  外見はまったく人間にしか見えない彼女は、蒼い髪と緑の瞳を持つ聡明な少女。  世間では行き遅れと揶揄される十六歳の春。  いきなり婚約者から、婚約破棄を告げる手紙が、届けられた。   「我が最愛の人、アンリエッタ。  遠い戦場で俺はこの手紙を書いている。  戦況はまあまあだ。しかし、戻れるのは数年先になるだろう。  このままでは君に幸せを捧げることは難しいかもしれない。  子供を産む時期が遅くなる。公国には不利な話だ。  婚約の破棄を提案したい。  俺は敵国の皇女ラーミアを娶ろうと思う。  君より若い十二歳だ。どうか、新たな幸せを見つけて欲しい。  すまない」    この一通の手紙から、アンリエッタの人生は大きく動きだした。  他の投稿サイトでも掲載しています。  
24hポイント 42pt
小説 18,060 位 / 140,210件 恋愛 8,676 位 / 43,364件
文字数 131,989 最終更新日 2022.02.05 登録日 2020.09.12
 ある日、カイネ・チェネブは神々のゲームの駒として聖女になることになった。  長い旅をして王都にたどりつき、王太子殿下と婚約の栄誉まで与えられ、魔族討伐へと出発した。  任務を完遂し、帰還してみたらある疑惑をかけられて投獄されたカイネ。  それは、部下の騎士と浮気したという内容で、疑惑どころか聖女を処刑しろと神託がくだされてしまう。  いきなり、聖女から魔女へ堕とされたカイネ。  神への失望と果てしない怒りのなかで、彼女は思い出してしまった。  わたし、魔女裁判で素っ裸にされて、断首刑にされたんだ……三百回数回も!  そのうち数回は、死神様の恩情で別の異世界に転生し、幸せに生涯を終えることができた。  だけど、神々のゲームから解放されることはない。    カイネはあることを決意する。  そろそろ、我慢にも限界がある。  最後に死んだ時、降臨した天使からある特典を手に入れて、まずはそいつに復讐。  再び現世に転生した聖女カイネが宣言した言葉。  それは……。 「神様たちこんにちは。聖女カイネは‥‥‥いまからあんたたちを、ぶっ殺しに行きます!」  ……だった。 (主人公性格悪いです)  12/19 タイトルと本文を改稿しました。  他のサイトにも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 140,210 位 / 140,210件 ファンタジー 34,275 位 / 34,275件
文字数 118,322 最終更新日 2022.01.10 登録日 2020.03.05
キャラ文芸 完結 ショートショート
 羊の手。  それは十六歳から十八歳の間に発症する奇病の俗称。  左手の甲に羊の頭のような黒い痣が出た者は、痣が黒から赤くなり、また黒くなった日にこの世から消滅する。  西出かな。十六歳。  バーチャルリアリティーゲームの中で出会った青年、きよはるとゲーム内で何気ない会話をして別れる、そんな日常を受験勉強の息抜きにしていた彼女の左手に、ある冬の日の朝。  羊の手が現れる。  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 140,210 位 / 140,210件 キャラ文芸 3,371 位 / 3,371件
文字数 5,069 最終更新日 2021.11.24 登録日 2021.11.24
恋愛 完結 長編
 ラグーン王国は北の大地に栄える人類国家。  風の精霊王様の加護を受けて、北国なのに温和な気候が与えられ、繁栄していた。  それも全て、精霊王の聖女の結界魔法のおかげ。  聖女の寿命と引き替えに、この国は繁栄してきた。  ある日、聖女になって二年目のリブル公爵令嬢アリアは幸せな日を迎えようとしていた。  王国のショーン王太子殿下との婚約が決まり、翌日は挙式というその前夜。  アリアは見てしまう。  ショーン王太子殿下と彼女の親友、アベンシス公爵令嬢ラーナの浮気現場を。  そして言い渡される婚約破棄と出て行けの一言。  アリアは激怒した。  なら、出て行きます。ついでに、結界魔法も解除しますから。  王太子殿下は好きにしろ、そう言った。  いいんですね!? 好きにしますよ?  凍土の極寒地獄で滅びろこのクズ男!!!  アリアはそう決意して精霊王の元へと向かう。  王国に対して自身が下した決断の悲惨な結末の是正、多くの神や精霊との交流を得てアリアは風の精霊王の妻になり、そして空席だった水の精霊女王になる。  新しい臣下や異世界の神々との確執を乗り越えて、夫婦は愛をはぐくむのだった。  小説家になろうでも別作者名義で出させて頂いております。  表紙イラストは、  ayuzukko様(twitter @zOZo3AZeN1AsqrP)  に描いていただきました。  
24hポイント 113pt
小説 10,457 位 / 140,210件 恋愛 5,021 位 / 43,364件
文字数 190,806 最終更新日 2021.10.23 登録日 2020.05.31
 紅の美しい髪とエメラルドの瞳を持つ、太陽神アギトの聖女シェイラ。  彼女は、太陽神を信仰するクルード王国の王太子殿下と結婚式を迎えて幸せの絶頂だった。  新婚旅行に出る前夜に初夜を迎えるのが王国のしきたり。  大勢の前で、新婦は処女であることを証明しなければならない。  まあ、そんな恥ずかしいことも愛する夫の為なら我慢できた。  しかし!!!!  その最愛の男性、リクト王太子殿下はかつてからの二股相手、アルム公爵令嬢エリカと‥‥‥  あろうことか、新婚初夜の数時間前に夫婦の寝室で、ことに及んでいた。  それを親戚の叔父でもある、大司教猊下から聞かされたシェイラは嫉妬の炎を燃やすが、静かに決意する。  この王国を貰おう。  これはそんな波乱を描いた、たくましい聖女様のお話。  小説家になろうでも掲載しております。
24hポイント 71pt
小説 13,879 位 / 140,210件 ファンタジー 2,584 位 / 34,275件
文字数 59,075 最終更新日 2021.08.17 登録日 2020.08.15
 お姉様のモノは私のモノ、私のモノは私のモノ!    ……と、何の恥じらいもなく宣言する妹と、苦労し骨身を削ってまで手に入れた聖女の座を守ろうとする姉のお話。  とりあえず、欲しがりな妹には天罰を。  他の投稿サイトでも掲載しています。
24hポイント 28pt
小説 22,084 位 / 140,210件 恋愛 10,322 位 / 43,364件
文字数 4,389 最終更新日 2021.07.21 登録日 2021.07.17
恋愛 完結 短編 R15
   人類が他種族と共存して住んでいるそんな世界。  魔法文明が発達し、しかし、それは原生種である竜族や魔族にとっては脅威となりえた時代。  竜王は人間の有力者の子弟子女が集まる学び舎に、自身の王女を入学させる。  表向きは竜族と人間族との親善のため。   裏では国境を侵すようになった人類諸国家と戦争を始めるかどうかを見定めるため。  しかし、そんな思惑を知ってか知らずか。  訪れた学院で酔いつぶれた女学生ケイトを介抱した竜王女シェスティナはお酒の勢いもあり、深い関係になってしまう。  他の投稿サイトでも別名義で掲載しております。
24hポイント 0pt
小説 140,210 位 / 140,210件 恋愛 43,364 位 / 43,364件
文字数 6,416 最終更新日 2021.07.13 登録日 2021.07.13
 カトリーナは帝国と王国の同盟により、先代国王の側室として王国にやって来た。  帝国皇女は正式な結婚式を挙げる前に夫を失ってしまう。  その後、義理の息子になる第二王子の正妃として命じられたが、王子は彼女を嫌い浮気相手を溺愛する。  数度の恥知らずな婚約破棄を言い渡された時、カトリーナは帝国に戻ろうと決めたのだった。    他の投稿サイトでも掲載しています。
24hポイント 106pt
小説 10,877 位 / 140,210件 恋愛 5,234 位 / 43,364件
文字数 3,249 最終更新日 2021.07.03 登録日 2021.07.03
 宮廷死霊術師アーチャーが王国を守護する女神の神託を受け、勇者ライルのパーティーに参加してはや数年。  仲間のレベルは低く、魔王討伐には向かうにはまだ早すぎた。  魔導士の最高位である青の位階の死霊術師であることを隠したまま、アーチャーは戦闘の補助道具として魔道具を彼らに与えて支援する。  しかし、それを知らない仲間たちからは馬鹿にされて、うとまれていた。  死体を扱う以外に能がないからいつも役立たずとさげすまれる毎日。  これでは戦闘には使えないと勇者ライルはメンバーの再編成を王に依頼する。  そして、勇者パーティーに新たにやってきた聖女はこの国の第二王女だった。  彼女はアーチャーに植民地の領主という爵位を与えて勇者パーティーから追い出しまう。  そこは、数千年前から王国の地下に存在する魔界の植民地だった。    最悪で最低な左遷人事だと、心で叫び植民地の領主となったアーチャーだが、魔界は意外にも別天地だった。   地下には数千年前からのダンジョンがあり、そこには膨大な鉱物や資源がわんさとあるのだ。  これを地上世界に輸出してやれば、大儲けになる。  アーチャーは地下の魔族たちと共謀して、魔界の復興をはかり徐々に信頼を勝ち取っていく。    そんなある日、地上の王国を十数年前に襲撃した魔王がどこにいるのかが判明する。  魔王が王都を襲撃したあの日、アーチャーは恩師でもあり義父でもあった人物を失い、いまは王国騎士となった幼馴染の少女に親を殺したと恨まれていた。  王国は魔王討伐を勇者に命じるとアーチャーにも参加を要請するが彼はそれを蹴り飛ばす。 「魔王を滅ぼすのは俺だ! 無能な勇者様たちはそこで見物してろよ? 俺が助けてやるからさ?」    仇打ちのために魔王城に乗り込んだアーチャーが見たものは、力不足のくせに挑んで敗北した勇者たちの姿だった。  無能を装って生きてきた、最強の死霊術師はその能力を解放し、魔王と一騎打ちを開始する。  これは不遇に打ちのめされながらも己の器量と才覚で周囲の人望を勝ち取り、義父の復讐を果たすために生きた一人の死霊術師の物語。  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 14pt
小説 29,156 位 / 140,210件 ファンタジー 4,936 位 / 34,275件
文字数 177,836 最終更新日 2021.05.13 登録日 2021.04.12
 まだ若くして夫を亡くし、未亡人になったセナス女伯爵アリスは十六歳。  新しく婚約した相手は、夫の従兄弟だった。  ある日、その婚約者であるハルベルト公爵レオンが城を訪れる。  彼は婚約破棄を言いつけると共に、アリスと子供に残された財産を奪っていく。  この横暴に、亡き夫の戦友だった五つの騎士団が立ち上がったのだが‥‥‥  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 140,210 位 / 140,210件 恋愛 43,364 位 / 43,364件
文字数 8,361 最終更新日 2021.02.13 登録日 2021.02.13
 ダークエルフの王女エルニスが種族違いの人間の王族に嫁いで、はや数年。  家柄だけは良いが貧乏な夫の家では、義母に疎まれ駄目な嫁だとののしられる日々。  おまけに夫のアーレンは遊び人で、毎夜のごとくどこかの女と過ごす始末。  そろそろ、ブチ切れてもいいんじゃないかしら?  貞淑な妻は、たまりにたまった怒りを晴らそうと、ある秘策を実行することにした。  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 14pt
小説 29,156 位 / 140,210件 恋愛 13,098 位 / 43,364件
文字数 4,130 最終更新日 2021.02.12 登録日 2021.02.12
 現代日本からまるで西洋のヨーロッパのような異世界、ハルフゲインの七の国、ハイフへと冬のある夜にさまよいこんだ女子高校生、高遠 茜。  ハイフの王都ナルシアでは異世界から来た人間は有能であれば王宮で軟禁されその知恵や能力を。  無能であれば、マールという奴隷以下の最下層民の身分を与えられていた。  男は鉱山に、女は王都内で売春などに。  どこで野垂れ死にしてもいいという、国王の方針の下に茜も従って生きていた。  古代ギリシャの哲学者が住んだと言われる大きな樽のような桶のようなものを家代わりにして住むこと数か月。  ある夜、この世界に迷い込んだ雪の夜に、道端に倒れこんでいた茜を助けたハイフの文官、アッシュが茜を訪ねて来る。  彼の目的は二つ、新たに創設するあらゆる冒険者に扉を開いた新しいギルドの受付嬢にならないかというスカウト。  そして文官という地位ではかなわない、彼女との婚約の申し込みだった。  茜はその二つを受け、身分などの問題から正妻にはなれないが愛人として彼と共に生きていくことを決意する。  しかし、アッシュはただの人間の文官ではなく、また茜も普通の女子高校生ではなかった。  騙し騙されつつ、こうしてギルドの受付嬢としての茜の新しい日々が始まった。  
24hポイント 0pt
小説 140,210 位 / 140,210件 ファンタジー 34,275 位 / 34,275件
文字数 111,523 最終更新日 2021.02.07 登録日 2020.06.30
 公爵家令嬢クローディアは聖女である。  神様が誰かはどうだっていい。  聖女は処女が原則だ。  なら、婚約者要りませんよね?  正妻の娘である妹がそう言いだした時、婚約者であるこの国の王子マクシミリアンもそれに賛同する。  狂った家族に婚約者なんか要らないわ‥‥‥  クローディアは、自分の神である氷の精霊王にある願いをするのだった。  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 85pt
小説 12,327 位 / 140,210件 恋愛 6,019 位 / 43,364件
文字数 41,161 最終更新日 2021.01.25 登録日 2020.09.17
高遠遠矢と友紀。二人は一卵性双生児の双子の兄弟。 高校二年の夏休みに二人は一学年下の後輩、瀬名秋穂と遊園地に行った。 たまたま乗っていたアトラクションでの事故で秋穂は左眼の視力と片足の自由を失ってしまう。 君たち二人にも責任がある。娘の責任はとってくれるよね? だが、傷物は要らないから持ち帰ってくれ。うちは娘は要らない。 秋穂の父親が切り出したその言葉とある提案に、二人は同意した。 こうして合法的な一人の妻に二人の夫。 高遠家での妹とその友人を含めた奇妙な同居生活が始まった。 ちょっと物悲しくて、理不尽で、でも不器用な愛情の混じったラブコメディー。
24hポイント 0pt
小説 140,210 位 / 140,210件 キャラ文芸 3,371 位 / 3,371件
文字数 78,567 最終更新日 2020.12.20 登録日 2020.03.22
 近世ヨーロッパ。  ある地方の国の物語。  ある日、アミュエラは不思議な夢を見た。  それがいつのものなのか、そして現実のものなのかは定かではない。  その経験の中で彼女はあっけない死を迎えていた。  夫が結婚前に戦地からつれて帰国した奴隷の少女が愛人となり、その子供を産んだ時。  アミュエラは子供を産めない無能な女と蔑まれ、離縁を告げられた。  憎しみと怒りは彼女に呪いの言葉を吐かせ、アミュエラは魔女として処刑される。  結婚のときに神に誓った、浮気をしないという約束。  それが守られなかったと嘆きながら死んだ。    そして、目覚めた朝、その夢の舞台は現実の数年後のことだと知る。  アミュエラは現実で、夫の愛を取り戻そうとする。  しかし、彼は結婚を控えたまま、帰国前に戦死してしまい――?
24hポイント 0pt
小説 140,210 位 / 140,210件 キャラ文芸 3,371 位 / 3,371件
文字数 29,300 最終更新日 2020.12.10 登録日 2020.11.22
 かつて、たった一人で数万の魔王の軍勢を壊滅させた男がいた。  彼はいつしか『剣聖』と呼ばれるようになる。  その愛剣は魔王の血を吸い、意思をもつ聖剣となった。  主の剣聖が去ったあと、気ままに世界を旅していた聖剣はある日、剣聖の恋人だった女性が現世に転生し、竜神の聖女として生きていることを知る。  彼女の名はエレーナ。  真紅の豊かな髪を持つ、しかし、不遇な人生を送ることを運命によって定められた少女だった。  神々はエレーナの人生をなんどもなんども、逆行転生させて弄んでいた。  婚約者に両親を殺害され、その恨みによってこころを聖女から魔女へと変えたエレーナは、勇者によって討伐され、斬首刑にされてしまう。  神々はそれを楽しみ、またゲームを繰り返す。エレーナが聖女のまま魔王を倒すまで――。  エレーナの不遇を知った聖剣は、彼女に主だった剣聖の力を与えて神々と対決する。  これはのちに神殺しと呼ばれた、真紅の剣聖エレーナの最初の物語。
24hポイント 0pt
小説 140,210 位 / 140,210件 ファンタジー 34,275 位 / 34,275件
文字数 137,663 最終更新日 2020.12.01 登録日 2020.11.29
 魔王討伐は失敗した。  唯一の生存者だった、タンク職のエバース卿は突然やってきた真紅の髪の剣士に救われる。  彼女は魔王をあっけなく下し、そして去っていった。  勇者の盾のくせに生き残ったのか。  帰還した彼を、そう国王はなじり、無能と呼んで壁職へと追いやった。  与えられた砦で迎えたある冬の夜。  エバース卿は飢えたモンスターたちの襲撃をたった一人で迎え撃つことになる――。  小説家になろう、ノベルアップ、カクヨムでも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 140,210 位 / 140,210件 ファンタジー 34,275 位 / 34,275件
文字数 8,060 最終更新日 2020.11.05 登録日 2020.11.05
 参川高校二年の屋敷大、十六歳。  就学旅行先で不遇な事故に遭った彼は、隻眼になってしまう。  同級生であり、生徒会長の真鍋凛子は同じ生徒会役員である大を心配しながら、卒業までつかず離れるの距離を保っていた。  そして二人の周囲で事件は起きていく。  また、凛子は恐れをもっていた。  大の持つ、同級生とは違う深みのある世界の覗き方に。 「君は世界の根底なんて知れやしないよ」  その言葉は、凛子を大のそばから離れられなくしてしまう。  そして、卒業式のある日。  凛子は大からある言葉を告げられるのだった。    魔法のiらんど、小説家になろう、ノベルアップ、エブリスタ、カクヨムでも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 140,210 位 / 140,210件 キャラ文芸 3,371 位 / 3,371件
文字数 8,876 最終更新日 2020.10.29 登録日 2020.10.29
恋愛 連載中 長編
 祖母は魔女だ。  星辰(ほしのよ)と呼ばれるかくりよの一つからやってきて、祖父と結婚したらしい。  お陰様で、クォーターの私にも魔法が使えるし、祖母の故郷と日本を行き来する日々。  そんな中、魔女は十二歳になると独り立ちすると言われて、早や四年が経過した。  日本ではまだ未成年、星辰では大人の魔女。  この環境の差はなかなか、刺激的な毎日を私に与えてくれている。  その星辰にある様々な世界の一つ、祖母の故郷の名はイルベルという。  なるべく魔法使いがあまりいない土地を探して選んだはずなのに。  ここ、海の交易の要所、城塞都市アーハンルドに小さな店を構える私には何故かいろいろな怪し気な問題が舞い込んでくる。  頭を悩せる今回の事件は、なんと春を売る女性を買ってくれという依頼だった‥‥‥。  他の投稿サイトでも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 140,210 位 / 140,210件 恋愛 43,364 位 / 43,364件
文字数 40,379 最終更新日 2020.10.22 登録日 2020.10.03
32 12