星ふくろう

星ふくろう

画像はくぬたま様(@kunutama)から頂きました。
26 12
青春 連載中 長編
 八女しのぶ、十九歳。  小説家を目指して、すでに十年目。  俗に言われる『ワナビ』。素人小説家志望者である。  大学二年の夏、しのぶはある不思議な猫に出会う。  彼は、夢の中でしのぶに語りかけてくる。  いろいろな人物たちの、冒険譚を。  そして、しのぶはそれを物語に書き連ねていく‥‥‥
24hポイント 200pt
小説 6,086 位 / 104,820件 青春 55 位 / 4,054件
文字数 2,332 最終更新日 2021.06.13 登録日 2020.04.30
 享保十三年。  第八代将軍徳川吉宗の御代。  はるか海外より求めた象を長崎から江戸へと奏上する一団があった。  彼らは道中様々な譜代・外様大名の領地を経由して江戸へと到着する。  将軍吉宗の設けたスパイ組織、御庭番衆の数名もその行程に参加していた。  この象の長崎からの移送は吉宗の手掛けた御庭番衆や幕閣要職の放った密偵たちによる、諸国の監査旅行だったのである。  様々な報告がなされる中で吉宗は四国高松藩の藩主、頼豊配下の海部方と呼ばれる瀬戸内海を管理する者たちの奇行に興味を持った。  瀬戸内海、現代でいう香川県は多度津港、坂出沖に二十八の島々からなる塩飽諸島と呼ばれる島々がある。  この領民は船方と呼ばれる士分ではない、船乗りの親方衆によって豊臣秀吉の時代から統治を許されてきた。  その島々の一つに古い時代のものと思われる遺跡があり、人民と名乗った親方衆が年に一度、神々の住む島として奉納祭りを執り行うしきたりだ。  この島、弓島と呼ばれる島は漁猟の豊富な海域にあり、高松藩の漁民たちと争いが絶えなかった。  そして、この瀬戸内海と高松藩、坂出藩、丸亀藩との間には両者を遮るように標高五百メートルほどの連山がある。  季節に寄って五つの色に染まるこの連山は五色台と呼ばれた。  春、桜が咲き誇る如月の終わりの頃、この五色台から天蓬衆(てんぽうしゅう)と呼ばれる巫女たちが弓島に塩飽人民に寄って船で送迎される。  天蓬衆が塩飽人民や高松藩に奉じている「貝石」と呼ばれる宝石が不可思議な力を持つという。  親類に当たる高松藩藩主、松平頼豊から献上された貝石に疑惑を持った吉宗はその詳細を調べるよう、腹心の部下である大岡越前守に申し付ける。  大岡越前は子飼いの御庭番衆、佳南と南町同心で昼行灯と評判のよくない鴛鴨平九郎に仔細を調査するように命じた。水戸藩ともつながりのある高松藩は貝石の秘密を漏らすまいと塩飽勤番所与力をしていた真木徳之進に二人の案内を申し付けるが、そこには外様である丸亀藩、多度津藩などの隠密も天蓬衆に関する利権を得ようと暗躍していた。  ※ 不定期更新になります。
24hポイント 0pt
小説 104,820 位 / 104,820件 歴史・時代 1,386 位 / 1,386件
文字数 2,074 最終更新日 2021.06.02 登録日 2020.04.08
恋愛 連載中 長編
 現代地球から異世界転生した青年は、気が付けば魔王の息子の肉体を得ていた。  神々との戦争とその代理人たる勇者たち、婚約者になった賢者との間には子供までがいてなかなかに世知辛いこの世界。  彼は自分の肉体の主がいつか意識を取り戻した時に、彼が住みやすい世界を用意しようと考えた。  そんな魔王子はやがて魔王となり、二柱いる魔族の神の一柱、黒狼の聖女と出会った時。  世界は静かに躍動を始めていく。
24hポイント 0pt
小説 104,820 位 / 104,820件 恋愛 29,442 位 / 29,442件
文字数 75,275 最終更新日 2021.05.23 登録日 2020.11.07
恋愛 連載中 長編
 ある日、猫耳族のイニスは田舎の街から人族の交易都市に買い出しに来ていた。  仲間たちと別々に行動し、目ぼしいものが買えたと喜ぶ少女は奇妙な人物に声をかけられる。  それは人族の男性――と思しき人物で、女性に声をかけ慣れているようだった。  彼がイニスに声をかけた理由を告げた時、彼女は不愉快だと怒ってしまう。  それは愛を告げる言葉だったが―― 
24hポイント 0pt
小説 104,820 位 / 104,820件 恋愛 29,442 位 / 29,442件
文字数 5,765 最終更新日 2021.05.20 登録日 2021.05.18
 宮廷死霊術師アーチャーが王国を守護する女神の神託を受け、勇者ライルのパーティーに参加してはや数年。  仲間のレベルは低く、魔王討伐には向かうにはまだ早すぎた。  魔導士の最高位である青の位階の死霊術師であることを隠したまま、アーチャーは戦闘の補助道具として魔道具を彼らに与えて支援する。  しかし、それを知らない仲間たちからは馬鹿にされて、うとまれていた。  死体を扱う以外に能がないからいつも役立たずとさげすまれる毎日。  これでは戦闘には使えないと勇者ライルはメンバーの再編成を王に依頼する。  そして、勇者パーティーに新たにやってきた聖女はこの国の第二王女だった。  彼女はアーチャーに植民地の領主という爵位を与えて勇者パーティーから追い出しまう。  そこは、数千年前から王国の地下に存在する魔界の植民地だった。    最悪で最低な左遷人事だと、心で叫び植民地の領主となったアーチャーだが、魔界は意外にも別天地だった。   地下には数千年前からのダンジョンがあり、そこには膨大な鉱物や資源がわんさとあるのだ。  これを地上世界に輸出してやれば、大儲けになる。  アーチャーは地下の魔族たちと共謀して、魔界の復興をはかり徐々に信頼を勝ち取っていく。    そんなある日、地上の王国を十数年前に襲撃した魔王がどこにいるのかが判明する。  魔王が王都を襲撃したあの日、アーチャーは恩師でもあり義父でもあった人物を失い、いまは王国騎士となった幼馴染の少女に親を殺したと恨まれていた。  王国は魔王討伐を勇者に命じるとアーチャーにも参加を要請するが彼はそれを蹴り飛ばす。 「魔王を滅ぼすのは俺だ! 無能な勇者様たちはそこで見物してろよ? 俺が助けてやるからさ?」    仇打ちのために魔王城に乗り込んだアーチャーが見たものは、力不足のくせに挑んで敗北した勇者たちの姿だった。  無能を装って生きてきた、最強の死霊術師はその能力を解放し、魔王と一騎打ちを開始する。  これは不遇に打ちのめされながらも己の器量と才覚で周囲の人望を勝ち取り、義父の復讐を果たすために生きた一人の死霊術師の物語。  他の投稿サイトにも掲載しています。
24hポイント 21pt
小説 19,610 位 / 104,820件 ファンタジー 3,510 位 / 27,851件
文字数 194,850 最終更新日 2021.05.13 登録日 2021.04.12
   祖先が蒼き狼の獣人族の王族の血を引く、グリムガル王国のカールトン公爵家令嬢アンリエッタ。  外見はまったく人間にしか見えない彼女は、蒼い髪と緑の瞳を持つ聡明な少女だった。  世間では行き遅れと揶揄される十六歳の春、婚約者であるリオナール公国公子イブリースから一通の手紙が届く。   「我が最愛の人、アンリエッタ。  遠い戦場で俺はこの手紙を書いている。  戦況はまあまあだ。しかし、戻れるのは数年先になるだろう。  このままでは君に幸せを捧げることは難しいかもしれない。  子供を産む時期が遅くなる。公国には不利な話だ。  婚約の破棄を提案したい。  俺は敵国の皇女ラーミアを娶ろうと思う。  君より若い十二歳だ。どうか、新たな幸せを見つけて欲しい。  すまない」    この一通の手紙から、アンリエッタの人生は大きく動きだした――  他の投稿サイトでも掲載しています
24hポイント 7pt
小説 26,650 位 / 104,820件 恋愛 11,191 位 / 29,442件
文字数 134,934 最終更新日 2021.02.23 登録日 2020.09.12
恋愛 連載中 長編 R15
 現代日本からまるで西洋のヨーロッパのような異世界、ハルフゲインの七の国、ハイフへと冬のある夜にさまよいこんだ女子高校生、高遠 茜。  ハイフの王都ナルシアでは異世界から来た人間は有能であれば王宮で軟禁されその知恵や能力を。  無能であれば、マールという奴隷以下の最下層民の身分を与えられていた。  男は鉱山に、女は王都内で売春などに。  どこで野垂れ死にしてもいいという、国王の方針の下に茜も従って生きていた。  古代ギリシャの哲学者が住んだと言われる大きな樽のような桶のようなものを家代わりにして住むこと数か月。  ある夜、この世界に迷い込んだ雪の夜に、道端に倒れこんでいた茜を助けたハイフの文官、アッシュが茜を訪ねて来る。  彼の目的は二つ、新たに創設するあらゆる冒険者に扉を開いた新しいギルドの受付嬢にならないかというスカウト。  そして文官という地位ではかなわない、彼女との婚約の申し込みだった。  茜はその二つを受け、身分などの問題から正妻にはなれないが愛人として彼と共に生きていくことを決意する。  しかし、アッシュはただの人間の文官ではなく、また茜も普通の女子高校生ではなかった。  騙し騙されつつ、こうしてギルドの受付嬢としての茜の新しい日々が始まった。  
24hポイント 0pt
小説 104,820 位 / 104,820件 恋愛 29,442 位 / 29,442件
文字数 111,323 最終更新日 2021.02.07 登録日 2020.06.30
 魔女レイ・ローエン。21歳。  移民管理局の所属の監督官。  麻薬や密輸される魔導具なども扱う、特務官としての顔も持つ。  三年前に、サイコパスと呼ばれる麻薬王ブルース・ヒギンスに襲撃を受けた。  五歳の息子は死に、レイは死の淵から生き返り復職する。  それから、ブルースを逮捕するためにレイは手段を選ばない。  闇に潜む悪を狩り、仲間の血で手を染める。  そんな彼女についたあだ名。  それが闇狩りの鮮血姫。  そして、ブルースを逮捕できる大きな取引の情報が、捜査官たちにもたらされた。
24hポイント 0pt
小説 104,820 位 / 104,820件 ファンタジー 27,851 位 / 27,851件
文字数 15,797 最終更新日 2020.12.28 登録日 2020.11.11
恋愛 完結 長編 R18
高遠遠矢と友紀。二人は一卵性双生児の双子の兄弟。 高校二年の夏休みに二人は一学年下の後輩、瀬名秋穂と遊園地に行った。 たまたま乗っていたアトラクションでの事故で秋穂は左眼の視力と片足の自由を失ってしまう。 君たち二人にも責任がある。娘の責任はとってくれるよね? だが、傷物は要らないから持ち帰ってくれ。うちは娘は要らない。 秋穂の父親が切り出したその言葉とある提案に、二人は同意した。 こうして合法的な一人の妻に二人の夫。 高遠家での妹とその友人を含めた奇妙な同居生活が始まった。 ちょっと物悲しくて、理不尽で、でも不器用な愛情の混じったラブコメディー。
24hポイント 7pt
小説 26,650 位 / 104,820件 恋愛 11,191 位 / 29,442件
文字数 78,611 最終更新日 2020.12.20 登録日 2020.03.22
恋愛 連載中 長編
 かつて、たった一人で数万の魔王の軍勢を壊滅させた男がいた。  異世界からこの世界にやってきた男  彼はいつしか、剣聖と呼ばれるようになる。  その愛剣は魔王の血を吸い、意思をもつ聖剣となった。  主の剣聖が元の世界に戻ったあと、聖剣は気ままに世界を旅していた。  そんなある日の事。  剣聖の恋人だった女性が現世に転生し、竜神の聖女として生きていると聖剣は知る。    少女の名はエレーナ。  真紅の豊かな髪を持つ、しかし、不遇な人生を送ることを運命によって定められていた。    ある神々が、ゲームをしていた。  勝敗を決めるのに自分たちが損をするのはつまらないからと、エレーナの人生をなんどもなんども、逆行転生させて弄んでいたのだ。    婚約者に両親を殺害され、その恨みによってこころを聖女から魔女へと変えたエレーナは、勇者によって討伐され、斬首刑にされてしまう。  神々はそれを楽しみ、またゲームを繰り返すのだ。  エレーナが聖女のまま魔王を倒すまで――  この神々の遊戯は、世界の歴史を歪ませ、しまいに多くの人間や神、魔を巻き込んでいく。  エレーナの不遇を知った聖剣は、彼女に主だった剣聖の力を与えて神々と対決する。  これはのちに神殺しと呼ばれた、真紅の剣聖エレーナの最初の物語。
24hポイント 0pt
小説 104,820 位 / 104,820件 恋愛 29,442 位 / 29,442件
文字数 137,663 最終更新日 2020.12.01 登録日 2020.11.29
 シェス王国第一王子、アルバート。16歳。  王位継承権争いに立候補してはや四年。  各国の王家有力貴族の子弟子女が集まる賢者の都ハグーン。  そのシャーニー学院での生活ももう十年目。  そろそろ、婚約者が欲しい頃だが、相手と目されている隣国の王女メアリージュン。  彼女よりも、アルバートは取り巻き(モブ)の一人。  男爵令嬢エイシャの冴えない侍女、アリスティアが気になっていた。  
24hポイント 0pt
小説 104,820 位 / 104,820件 ファンタジー 27,851 位 / 27,851件
文字数 128,396 最終更新日 2020.11.16 登録日 2020.04.12
恋愛 連載中 長編
 紅の美しい髪とエメラルドの瞳を持つ、太陽神アギトの聖女シェイラ。  彼女は、太陽神を信仰するクルード王国の王太子殿下と結婚式を迎えて幸せの絶頂だった。  新婚旅行に出る前夜に初夜を迎えるのが王国のしきたり。  大勢の前で、新婦は処女であることを証明しなければならない。  まあ、そんな恥ずかしいことも愛する夫の為なら我慢できた。  しかし!!!!  その最愛の男性、リクト王太子殿下はかつてからの二股相手、アルム公爵令嬢エリカと‥‥‥  あろうことか、新婚初夜の数時間前に夫婦の寝室で、ことに及んでいた。  それを親戚の叔父でもある、大司教猊下から聞かされたシェイラは嫉妬の炎を燃やすが、静かに決意する。  この王国を貰おう。  これはそんな波乱を描いた、たくましい聖女様のお話。  小説家になろうでも掲載しております。
24hポイント 35pt
小説 15,495 位 / 104,820件 恋愛 6,776 位 / 29,442件
文字数 71,657 最終更新日 2020.10.20 登録日 2020.08.15
恋愛 完結 長編
 エルムド帝国とルゲール王国。  両国は長い間、絶え間ない戦争をしておりました。  百年にも続く長い年月をえて、両国は和平への道筋を模索します。  エシャーナ伯爵令嬢ユニスと、フレゲード侯爵令息シルドの婚約もまたその為に用意された政略結婚。  ‥‥‥の予定でした。  しかし、帝国領ハーベスト大公家の晩餐会で、その目論見はあっさりと潰れてしまいます。  なんと、シルドはあろうことかユニスの妹のエイシャに浮気。  ハーベスト大公の目の前で、 「ユニス、すまないが僕は運命の出会いをしてしまった。ここで婚約は破棄させてもらう」  と宣言したのです。 「シルド様、なぜそのような!?」 「すまないユニス。君よりも‥‥‥エイシャが美しい!」  そう宣言し、シルドはなんと‥‥‥エイシャを同僚の王国侯爵家養女に迎えると宣言。  そしてーー 「いかがかな、大公殿!   この婚約、エイシャ殿を王国侯爵家養女に迎えるならば!!!  侯爵家同士のもの。妹君を我が家に迎えても何ら問題はあるまい!?」  一人残されたユニス。悔しさに震える彼女を優しく抱いたのはーー  なんと、皇太子殿下グレンだった!!!  小説家になろうにも掲載しています。    ※ 新章 魔導士シルドの成り上がり ~復縁を許された苦労する大公の領地経営~    を4月24日より連載始めました。   (不定期連載となります)  ※ 表紙イラストは、    ayuzukko様(twitter @zOZo3AZeN1AsqrP)    に描いていただきました。    よろしくお願いいたします。  ※ 別タイトルで連載中の「王太子殿下はモブさえいればいい」、はこの世界の千年程あとの話になります。シルド大公や、グレン大帝、なんて単語も飛び出てきたりしますので併せて読んでみて下さい。  
24hポイント 56pt
小説 12,042 位 / 104,820件 恋愛 5,492 位 / 29,442件
文字数 322,580 最終更新日 2020.10.20 登録日 2020.02.23
恋愛 連載中 長編
 エミスティアは東の大国、エルアージュ帝国皇帝の双子の庶子。  六歳の時、皇帝の側室である母親と共に帝国の内紛を避けて、故郷のダイナル王国に避難していた。  代々、エルアージュの皇族には加護をする精霊がついている。  だが、妹にはなんの加護もなかった。  十二歳の時、姉は大聖霊に嫁いだが残された母娘の周りには帝国からの刺客の影がちらつき始めていた。  このままでは娘は殺されてしまう。  悩んだ母親は、ダイナル王国の守護神の神殿に巫女見習いとして娘を入れる。  そこで託された神託は、この娘にはどの神も加護を与えることはないというあまりにも過酷なものだった。  エミスティアは誰も成し遂げたことのないある大聖霊との契約を夢見て姿を消してしまう。  数年後、ふらりと戻った彼女を待ち受けていたのは人類と魔族との聖戦の勃発。  巻き込まれてはたまらないと田舎に引っ込んで引き籠り暮らしを楽しんでいた、エミスティア。  そんなある日、たまたま街で見かけた道具屋で引き寄せられるように買った一本の剣。  それは、聖戦で滅んだはずの魔神の持つ、世界最強と言われる幾つかの聖剣や魔剣のうちの一振りだった。  不定期連載になります。  
24hポイント 0pt
小説 104,820 位 / 104,820件 恋愛 29,442 位 / 29,442件
文字数 16,138 最終更新日 2020.09.15 登録日 2020.09.10
 グラン王国のギース侯爵令嬢ナターシャ。  十六歳の彼女は、王都にある王侯貴族の子弟子女が通うエルムンド学院の創立祭の花形。  初代国王夫妻の演劇の主役である、主演女優に選ばれていた。  相手の主演男優は、婚約者の第二王子エルウィン。  すべてが幸せで彩られ、ナターシャは学院の令嬢たちを照らす太陽。  その緑の髪からエメラルド姫とも呼ばれていた。  あの日、稽古中に、突然の婚約破棄をされ、魔女として死刑を与えられるまでは。  実家の財産と婚約者を奪われたナターシャは幽閉先の塔から脱出し、第二の人生を生きることにした。  ナターシャは隣国である枢軸連邦に住むという竜王を訪ね、自身の祖国の土地が竜王のものであり、王国は彼に土地を借りていることを知る。  数百年の間、借り賃をもらっていなかった竜王は、これを機に債権の取り立てをすることにした。   しかし、いきなり貸主が登場しても不審に思われる。  そこで、竜王とナターシャ、竜王の住まう湖で知り合った少年、アルフレッドの三者は人類最大国家であり、妖精界や精霊界とも交流のあるエイジス連邦に助けを求めることにした。  竜王の債権回収とナターシャの王子に対する報復は成功し、ナターシャは恋仲になったアルフレッドと結婚、幸せな生涯を送るのだった。
24hポイント 7pt
小説 26,650 位 / 104,820件 恋愛 11,191 位 / 29,442件
文字数 150,607 最終更新日 2020.09.06 登録日 2020.05.04
恋愛 連載中 長編
西の大陸の果て。  工業都市として名を知られたシェッジミル市に、まだ幼い少女のレイは住んでいた。  デーモンの貴族であるロディス子爵の奴隷として買われてもう数年。   人間には珍しい銀髪に緑の瞳は魔族かエルフか。  その判別もつかない少女は、孤独に奴隷として暮らしていた。  同じく銀髪に紅玉の瞳を持ち、魔族特有の冠のような角を持つ少年、フェイブスターク。  どこからやって来たのか記憶がない彼は、天空を行き交う雲の回廊を視る力に長けていた。  飛空艇乗りに必要な導き人の職を得たフェイブは、その身に合わない賃金をどうしようかと悩んでいた。  ある時、子爵家の用事で街にでたレイは、同じような出で立ちの少年に心を奪われてしまう。  二人が恋に落ちるまで、そう時間はかからなかった。  レイを奴隷から買い戻すにはまだまだ資金が足りない。  フェイブは次第に、闇の稼業へと手を染めていく。  ある時、大きな仕事が持ち上がった。  胎内に違法な鉱石を入れて運び、別大陸でそれを客先に渡す。  成功すれば大金が手に入る。失敗すれば死だ。  レイは同じ奴隷仲間のユニスとこの話を受けることにした。  まさか、愛するフェイブが彼女たちの乗る船で監視役をしているなんて、露ほどにも知らなかった。  二週間の旅路、その合間に伝説の天空大陸で幾つか仕事をする。  数人の用心棒の中には、この世の全てを憎んでいるような目つきをした少女、エレノアがいた。  そして、天空大陸で何かが乗り込み、ゆっくりと飛空艇の乗員が姿を消していく。  フェイブ、レイ、ユニス、エレノア。  十代の幼い彼らだけが最後に生き残った時――奇跡への扉は開かれた。  
24hポイント 0pt
小説 104,820 位 / 104,820件 恋愛 29,442 位 / 29,442件
文字数 3,199 最終更新日 2020.08.31 登録日 2020.08.31
恋愛 完結 長編
 ラグーン王国は北の大地に栄える人類国家。  風の精霊王様の加護を受けて、北国なのに温和な気候が与えられ、繁栄していた。  それも全て、精霊王の聖女の結界魔法のおかげ。  聖女の寿命と引き替えに、この国は繁栄してきた。  ある日、聖女になって二年目のリブル公爵令嬢アリアは幸せな日を迎えようとしていた。  王国のショーン王太子殿下との婚約が決まり、翌日は挙式というその前夜。  アリアは見てしまう。  ショーン王太子殿下と彼女の親友、アベンシス公爵令嬢ラーナの浮気現場を。  そして言い渡される婚約破棄と出て行けの一言。  アリアは激怒した。  なら、出て行きます。ついでに、結界魔法も解除しますから。  王太子殿下は好きにしろ、そう言った。  いいんですね!? 好きにしますよ?  凍土の極寒地獄で滅びろこのクズ男!!!  アリアはそう決意して精霊王の元へと向かう。  王国に対して自身が下した決断の悲惨な結末の是正、多くの神や精霊との交流を得てアリアは風の精霊王の妻になり、そして空席だった水の精霊女王になる。  新しい臣下や異世界の神々との確執を乗り越えて、夫婦は愛をはぐくむのだった。  小説家になろうでも別作者名義で出させて頂いております。  表紙イラストは、  ayuzukko様(twitter @zOZo3AZeN1AsqrP)  に描いていただきました。  
24hポイント 142pt
小説 7,243 位 / 104,820件 恋愛 3,315 位 / 29,442件
文字数 124,120 最終更新日 2020.08.31 登録日 2020.05.31
 第四王女ロアは一族でも指折りの退魔師。  そして何よりも退屈が大嫌い。従者の侯爵家令嬢ターニャ、双子の弟ラーズを引き連れ.  今日も王都のどこかで暇つぶしと称して、噂にのぼった怪事件に首を突っ込んでいく日々。  そんなおてんば娘にもようやく隣国の王室へ側室になる話が降りて来た。  隣国には月を食べる黒い狼がいるという。  そんなに面白いのなら側室に上がりましょう。  そう言って出向いてみたらその奇抜な行動にやはり婚約破棄をされ‥‥‥。  ターニャの心労は増えつつ、ロアは腹いせとばかりに黒い狼討伐へと繰り出す。 「そんなに気に入らないなら、見せつけてあちらから婚約を申請させてやるわ!!」  その意気込みは良かったものの、恐れを成した元婚約相手から毒を盛られて死んでしまう。  そして、憐みをくれた黒い狼神から巻き戻し転生の提案がされるがーー
24hポイント 0pt
小説 104,820 位 / 104,820件 ファンタジー 27,851 位 / 27,851件
文字数 10,056 最終更新日 2020.08.29 登録日 2020.04.05
恋愛 完結 長編
 聖女認定の儀式をするから王宮に来いと招聘された、クルード女公爵ハーミア。  数人の聖女候補がいる中、次期皇帝のエミリオ皇太子と婚約している彼女。  周囲から最有力候補とみられていたらしい。  未亡人の自分でも役に立てるならば、とその命令を受けたのだった。  そして、聖女認定の日、登城した彼女を待っていたのは借金取りのザイール大公。  女癖の悪い、極悪なヤクザ貴族だ。  その一週間前、ポーカーで負けた殿下は婚約者を賭けの対象にしていて負けていた。  ハーミアは借金のカタにザイール大公に取り押さえられたのだ。  そして、放蕩息子のエミリオ皇太子はハーミアに宣言する。 「残念だよ、ハーミア。  そんな質草になった貴族令嬢なんて奴隷以下だ。  僕はこの可愛い女性、レベン公爵令嬢カーラと婚約するよ。  僕が選んだ女性だ、聖女になることは間違いないだろう。  君は‥‥‥お払い箱だ」  平然と婚約破棄をするエミリオ皇太子とその横でほくそ笑むカーラ。  聖女認定どころではなく、ハーミアは怒り大公とその場を後にする。  そして、聖女は選ばれなかった.  ハーミアはヤクザ大公から債権を回収し、魔王へとそれを売り飛ばす。  魔王とハーミアは共謀して帝国から債権回収をするのだった。
24hポイント 127pt
小説 7,701 位 / 104,820件 恋愛 3,523 位 / 29,442件
文字数 138,668 最終更新日 2020.08.08 登録日 2020.05.23
 メビウスの塔という研究機関がある。  古代に消滅した魔法を研究・復興させる機関だ。  そして、闇に出回る鬼や魔族を退治する機関でもある。  その塔の最高職位は賢者。この塔は十二人の賢者で運営されている。  膨大な研究費は世界各国の寄付金で賄われる。その大口の一つエルアージュ帝国からある依頼がきた。  第二皇女のアミュエラの家庭教師として誰かを派遣して欲しいというのだ。  膨大な魔力を持ち、その悪戯と被害が日々聞こえてくるその名も、帝国の爆砕姫。  塔の賢者ですらもて余す、炎の魔神イフリートをその身に宿す彼女を指導したいものなどいない。  同じく帝国の貴族から賢者の塔に留学していた、ルイ・バークリー、十六歳。  賢者位昇格試験を目前に控えていた彼を、塔はこれ幸いといきなり賢者にしてしまい帝国へと送り返す。  ルイははちゃめちゃな皇女のわがままに今日も翻弄されていく‥‥‥  毎朝9時に更新します。
24hポイント 0pt
小説 104,820 位 / 104,820件 ファンタジー 27,851 位 / 27,851件
文字数 14,399 最終更新日 2020.08.01 登録日 2020.08.01
26 12