1
  《完結しました!》  千年以上生きた魔女カミーユ。    実は前世は日本人女性である。  若い時はそれなりに恋愛を楽しみ、適齢期で結婚をして子供達を産み育てて孫の顔も見た。  神社へ参拝しに行ったところまでは覚えているが、心筋梗塞か階段から落ちたのか、気がつくと小さな村の少女カミーユとして前世を思い出したのは十七歳の時。  同時に理解してしまった己の能力と状況、そして神様から指名された審判という役割。  覚醒と言えるその時に溢れ出した魔力により、村人も両親も、そして先程まで恋人だった人もカミーユを恐れた。  それからカミーユは村から離れた森に結界を張り住み着いた、家族や村に永遠の別れを告げて千年以上経つ、その森はいつしか「迷いの森」または「聖者の森」そして「魔女の森」と名前を変え、現在は「審判の森」と呼ばれている。  身内の子孫を見つけたのを切っ掛けにほぼ引き篭りの生活をやめて久々に娑婆に繰り出そうと動き出した魔女のお話。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 短編予定が収まらなそうなので短期連載予定です。 小説家になろう様にも投稿してます。
24hポイント 28pt
小説 11,324 位 / 66,091件 ファンタジー 2,530 位 / 20,322件
文字数 36,612 最終更新日 2020.01.07 登録日 2020.01.01
1