筋肉は正義

筋肉は正義

初めまして。素人の趣味で書いています。徐々に上手になっているといいのですが。よろしくお願いいたします。無断転載お断りさせていただきます。R18アカウント。ルビは基本打ちません。ハピエンと筋肉を書きます
12
恋愛 連載中 短編 R18
R18です 「なんなのよー、うわーん。政略だし、そんなに好きじゃなかったけどさー。相思相愛、理想の夫婦になろうねって言ってくれてたのにぃ。わたくしを守って幸せにしてクレるクレる詐欺師~!」 先ほど婚約破棄されたシンディは酔っぱらっていた。  もうすぐ結婚する彼が、何やらサプライズを企画していると耳にして、今日はうれしはずかし、初めての性……、聖なる夜になるかもと目一杯おしゃれと全身の準備をしたのに。 伯爵家の跡取りであるのに家族に虐げられ続けた彼女は妹にNTRれた。 やってられるか、とワイン1杯だけを呷ったのである。 「リア充爆発しろーっ!」 今日はクリスマス。夜会中の周りを見てもカップルだらけで、テラスから雪のふる夜空に向かって思わず叫んだ。 すると本当にBOMっと爆発したかのような音がして煙が現れる。 呆然としていると、たくましいサンタさんがにっこり笑って、ソリにのせた白い袋ではなく、ガチャを差し出してきて── タグ注意。 少々早いですがクリスマスシーズン到来というわけで、今回は筋肉サンタさん! クリスマスガチャ、シリーズものにすると思います。 R18はいつもくらいの糖度かそれ以上を目指します。 まずは今回、伯爵令嬢×サンタさん、宜しければお楽しみくださいませ。 注意書き 酔っぱらいの嘔吐を彷彿させるシーンがあります。直接ではありませんが、大切なシーンですのでご容赦いただけるとありがたいです。ご注意下さい。 追記11月22日2時 サブタイトルの閲覧注意に、元伯爵代理、愛人やその娘による残虐な行為の表現があります。
24hポイント 1,726pt
小説 1,138 位 / 125,704件 恋愛 513 位 / 35,967件
文字数 110,309 最終更新日 2021.12.04 登録日 2021.11.16
恋愛 連載中 短編 R18
R18です。 12月24日、享年20才。 3か月前に初めて出来た恋人が昨日言った。 「仕事ばかりのお前なんかより、コイツのほうが可愛いし俺がいてやらないとダメなんだ」 と、この間紹介された彼の幼馴染みの肩を抱いて。 フラれた上に、多忙なクリスマス商戦で理不尽なクレームに頭を下げる度、なんで生きているんだろうと涙が溢れそうになる。 フラフラ自転車で帰路についている時に、突然出てきた猫を避けたら、底がコンクリートの水量のほとんどない川に転落した。 「ううう。好きになった男の子をとられるし。だいたい、お互い幼馴染としての関係に甘んじていたけれど、やっと、両片思いに気づいたってなによぉっ! 彼女が好きなら、私に告白なんてせず、最初っからさっさとくっついとけっ! 仕事ばかりったってこの時期のケーキ屋さんなんだらしょうがないでしょ。処女のまま死ぬなんて……。彼女の歴代の彼氏だって気の毒だわ。うう……クリスマスなんて大嫌いだ……。グスッ、グスッ。ヒック……」 「可哀想に……。チートをあげるから皆から滅茶苦茶慕われるかわいい女の子と、チートはないけれど婚約者をNTRられる悪役令嬢。丁度その二つしか枠がなくて。どっちがいい?」 死んだあと、なんでかわからないけれども転生を司る女神様に問いかけられ、私は迷わず選ぶ。誰だってそっちを選ぶと思うんだ。 ひゃっほーい! これで人生勝ち組じゃー! と喜んだ。 2択で選んだ先で、あっちこちから「来て欲しい」「大好きです」「あなたは最高だ」など、モテモテになった私。………。………………。……………………………。 改めて選択肢の内容を聞いてチェンジを希望するがもう遅い。 転生前後ともに処女のサンタちゃんが、相棒のトナカイちゃんと毎年毎年モヤモヤしながら皆に幸せのガチャを運んでいると、今年のクリスマスは一味違うようで──? タグ注意。 いちゃらぶ溺愛ハピエン サンタ×ガチャシリーズ。※NTRシリーズでもあるかもしれないなんて思ったり。 今回は、社畜サンタちゃん×絶倫もふもふ 転生前は切ないです。ざまあはあってもさくっと。 少しだけ(?)コメディ要素あり。 ヨウルプッキが少し登場。 転生後は ファンタジーバトル要素ちょっとあり。 変態テイストは10段階中1~2(当社基準)くらい。 おとなのグッズといっても、全てがおもちゃだとは限らない。ですが、おとなのグッズに関しましては感じ方には個人差がございます。今回は超超初級編、タグをご覧下さい。 残虐0 中編です。下書きでは短編ぎりぎりなんですけれども、今までの傾向と対策的に、恐らく増えます。
24hポイント 1,549pt
小説 1,242 位 / 125,704件 恋愛 570 位 / 35,967件
文字数 3,452 最終更新日 2021.12.04 登録日 2021.12.03
恋愛 完結 長編 R18
 待望(大嘘)の、「筋肉と愛欲シリーズ第二弾」  サヴァイヴは、国境を守る辺境伯の後継者である。領地の隣には、とある侯爵家が広大な土地を治めていた。侯爵家には、イヴォンヌという同い年の愛らしい令嬢がおり、幼少期の頃には互いの屋敷を行き来し交流を深めていた。  社交シーズンになると、イヴォンヌは王都にいってしまう。 サヴァイヴは、その都度辺境での隣国との小競り合いが収まらず半年ほど彼女と離れて暮らし、心のどこかがぽっかりと穴が空いたような日々を過ごす。  ある年、思った以上に小競り合いが長引き、イヴォンヌと数年会えなくなった。 サヴァイヴが15歳になった年。王都にある学園での履修のためタウンハウスに引っ越しをした。すると、そこで信じられない話を聞きショックを受ける。 ──そんな……、イヴォンヌが王子の婚約者になったなんて……! そうなって初めて、自分の中にある激情に気づいたサヴァイヴ。 視線が交差するとき、二人の時間が流れ出す──    第一弾よりは切なさがあります。 いちゃらぶ筋肉ハピエンです。 ※タイトルこんなんですがBLは出てきません。
24hポイント 589pt
小説 2,610 位 / 125,704件 恋愛 1,229 位 / 35,967件
文字数 117,895 最終更新日 2021.11.28 登録日 2021.10.02
恋愛 完結 ショートショート R18
 わたくしの両親は、もう30歳を超えているのに、いつもいちゃいちゃしている。とても仲が良く、特にお父様のお母様への愛情は常軌を逸するほど深く重い。それを平然と受け止めるお母様を尊敬している。  そんなお父様が、わたくしの幼馴染に対して姑か小姑のようにネチネチ揚げ足をとって嫌味を言ったり、彼にお菓子を投げつける意地悪をしているのをさっき発見した。 「マシュー、お父様がごめんなさい」 「エマ、いいんだ。英雄、キリアン様のお気持ちもわかるから。でも、そろそろ認めてもらわないとな」 「何を?」  彼がにっこり笑ったあと、わたくしの唇には柔らかな何かが当たって──。 【R18】悪役令嬢は、婚約者を狙う幼馴染みの少女をストーカーする男に凌辱されるらしい が、お気に入り100になっていたので小話を少々。 ショート5000(5000は無理でした!)~10000文字以内の訓練がてらのいちゃらぶエッチものです。
24hポイント 362pt
小説 3,823 位 / 125,704件 恋愛 1,763 位 / 35,967件
文字数 5,994 最終更新日 2021.11.20 登録日 2021.11.20
恋愛 完結 短編 R18
R18です。タグにご注意下さい  大学に行く途中、3人組の男の子たちが歩いているのを目撃した。その内の一人は私の彼氏だ。偶然出会えた事が嬉しくなり手を上げて声をかけようとした。 「マジかよ? うわぁ、ついに先越されちまった!」 「ああ、最高のセフレをゲットしたんだ! ははは!」 「うわ~、羨ましい!」  耳を疑いたくなる言葉が聞こえ世界が止まった。いや、止まったのは私だけのようで彼氏だと思っていた人たちや周囲の足早に行く人たちが通り過ぎていく。  大学に入ってから出来た初めての彼氏。全てを捧げたのはつい数日前の日曜日で。  呆然としていると突然雨が降り出し──。  Rは予告なく突然入ります。ざまあはいつもよりも軽微。 漏れなくヒーローは筋肉さん。不器用なラガーマンに、傷ついた心も体も溺愛されるハピエンです。 かなり脚色していますが、先日、通勤中に近所の○校に通う男の子たちが信号待ちで会話していたのが耳に入ってしまい(だって大声だったのです。周囲もぎょっとして見て聞いていましたし、盗み聞きではないと信じたい)、この物語を思いつきました。 作者は昨今の若者の恋愛事情を、これが普通のイマドキ恋愛かと、異世界レベルの会話の内容で目が飛び出そうなほどびっくりしております。 いや、世の中あの子たちみたいな若者だらけではないはず!  というわけで、冒頭からクズ男たちですみません。 まだ修業中ですので難しいですが、5万文字、いや、3万文字以内を目指す短編の練習がてらです。らぶえっちなどが入ると文字数がいつものびてしまうので、修正のたびに多くなってオーバーしたらすみません!  少しでもお楽しみいただければ幸いです。 すみません、やっぱり三万文字完結は無理でした。いちゃらぶが増え過ぎました 平日は忙しく、アルファポリスさまをあまり開けられないほどでして。二話更新ですみません。更新前に見ては修正し、気がつけば5万文字越えるほど。また慌てて修正している状況ですのでお許しください。 文字数制限(自分でやっといて)、私にはなかなか厳しいです。 とても光栄な所にいるようで、やはり畏れ多すぎて震えてしまっています。 ご支援いただき誠にありがとうございます。少しでも皆様のお心に何かが芽生えていただければ嬉しいです。 がんばります。
24hポイント 447pt
小説 3,234 位 / 125,704件 恋愛 1,509 位 / 35,967件
文字数 49,398 最終更新日 2021.11.17 登録日 2021.11.10
恋愛 完結 短編 R18
R18です。  魔道列車の連結部分の扉が開き、ふと顔をそちらに向ける。こういった場合は変に身動きしない方が目立つ。  そこから現れたのは20歳くらいだろうか。熟しきっていない女の色香はあるもののまだ未完成のそれに心が沸き立つ。 女の側に行き反応を見ながらあれこれしたいと妄想する。 ああ、任務で彼女に声をかける事が出来なくてとても残念だ。 その時、他の男が女に近づき手を尻に伸ばした。 任務のターゲットはまだ来ない。内心舌打ちしたが、痴漢を逮捕するために動くわけにはいかない。 だが、痴漢の手によって身をよじり感じ始めたその女の足元を見て、俺は任務中に絶対にしない行動を起こしたのだった──! 乙女なモテない純情筋肉さんが、タイトルのヒロインを溺愛する、らぶえっち物語です。 ざまぁ要素あり。胸糞注意サブタイトルご注意ください 変態要素は、ピュアピュア溺愛ほのぼの強めなので、普段通り(?)あまりないと信じたいですが、感じ方には個人差があります。
24hポイント 241pt
小説 5,368 位 / 125,704件 恋愛 2,341 位 / 35,967件
文字数 72,747 最終更新日 2021.11.09 登録日 2021.10.30
恋愛 完結 ショートショート R18
出来心ショートショートです。ヒロインだけハピエン溺愛です。筋肉は勿論もれなくついてきます。何番煎じがわかりませんが……  世界を滅亡から救った大魔法使いであった主人公。 何の因果か魔法なし、錬金術なし、化学なにそれ美味しいの? みたいな異世界に主人公は理不尽ながら強制的に転生した。  一番最初に記憶を取り戻したのは、目前の民衆から石を投げられ、血を流し痛くて痛くて逃げ出したいけれど、手枷と足枷がつけられて呆然と立っている時だった。 「血を分けた親族を殺そうとした罪人め! 被害者は次期王たるアキーカ・ン・ナカミイッテキーの妃になるべき愛する女性なのだ。つまり、次期王妃であるスティール・ウバ・イ・トールを暗殺しようとした罪で、モッテ・カ・レールを絞首刑に処する!」 5000文字以内のショートショート 転生冤罪処刑ループもの タイトル通りにしたいヒロインと、テンプレの王子や義理の妹が織り成す物語。 こちらも切なさはマイナスです。現行の物語とは全く違いますがよろしければお立ち寄りください。
24hポイント 85pt
小説 9,610 位 / 125,704件 恋愛 4,217 位 / 35,967件
文字数 4,945 最終更新日 2021.10.24 登録日 2021.10.22
恋愛 完結 短編 R18
少々切ないお話の反動で、楽しいもの?を書いてみました。 いちゃこらいちゃこらラブエッチの明るい短編です。ざまあは軽微。 R18です。 ────あらすじ────  享年、永遠の20歳だった私。孫どころかひ孫にも囲まれて、終末期は家族みんなに見守られる中、自宅で意識を失いつつあった。  はずだったのに……?  これは一体どういう状況なのでしょう?  目の前に盛り上がった胸元。がっちり抱かれている腕は私の太ももほど逞しい、は言い過ぎた。とにかくごっつい。熱も高く、ホットヨガに放り込まれているみたいだ。  さらに、後ろからもぴっとりと重圧と熱硬い体が密着しているような気もする。いや、気のせいじゃない。  混乱しつつ、状況を必死に頭の中で整理整頓をしていると、私の腰付近お腹と背中の前後に、硬いモノが押し当てられたのであった。  目を白黒させていると、王子から、男爵令嬢に乗り換えるために婚約破棄を言い渡されている最中っぽいのですが頭が真っ白です。 酸いも甘いも知り尽くした自称20歳の大人以上の女性なので、何事もだいたいは受け止めちゃいます。本命のお相手が現れたらひたすらいちゃこらしていきます。
24hポイント 78pt
小説 10,200 位 / 125,704件 恋愛 4,406 位 / 35,967件
文字数 33,213 最終更新日 2021.10.22 登録日 2021.10.15
恋愛 完結 短編 R18
アホです。タイトルでお察しください。 地球環境が変わり、動植物の生態系全てが変革した時代。虫を利用したトータル栄養バランスのビスケットが庶民の食卓に配給されるように。 金持ちだけが昔の天然で美味しいという伝説の料理が食べられるという。 今日もポソポソ、昔は全人類から嫌われていた暗黒の帝王からできたキブリーカッサリビスケットを食べてため息をつく。 「そろそろ学校の時間よー?」 「はーい」 艶やかな肌の母がウキウキと私に声をかける。 今日は、初めてのとある実習がある。 学校につくと、男女ともに浮き足立ち、その時間をドキドキワクワク待っていた。 ほぼエロです。下品です。切なさ要素は、他の作品と違い、マイナスにふりきれています。
24hポイント 28pt
小説 16,969 位 / 125,704件 恋愛 7,178 位 / 35,967件
文字数 7,904 最終更新日 2021.10.10 登録日 2021.10.10
恋愛 完結 短編 R18
R18です。 少子化が進んだ上に、男女比までもバランスを崩した世界。 昔は、ほぼ1:1だったはずが、1,2:1、1,5:1、2:1、と男の数が増えてきていた。 ついには5:1となり、女児の減少が著しくなったため、誘拐などが横行した。小さな村では戦いが起こるほど。 各国はこの事態を重く受け止め解消するべく、男女雇用機会均等法ならぬ、男女比率均等法を発令。 それは、女児の保護並びに出生をコントロールするためのもので、満20歳までにパートナーを3人以上見つけるために施行された世界共通の法律である。 子供たちは、基本的に両親によって20までにパートナーを宛がわれるが、出来なかった場合の救済がある。 そのための体験授業に、マリアは強制参加させられる事に。 因みに拒否権はない。拒否などしようものなら、このシステムでもあぶれてしまう不特定多数の男たちが、そういう目的で通う施設に行かされる。そこは、一日最大10人も相手にしないと行けないという過酷な場所なのだ。 マリアは、昔ながらの一夫一妻に憧れており、3人も夫を持つことにどうしても納得がいかない。 授業の場所に続く白いドアを、不本意ながらそっと開けると、そこにいたのは──? 先日、女児の出生が400万人減少というコラムを見たのでリハビリに。何番煎じかわかりませんが頭空っぽにしてお楽しみくだされば幸いです。 不定期更新。完結は必ずします。→定期更新できるようになりました。 タグに地雷がある方はバックお願いします。 完結及び、番外編まで下書き完了しました。毎日修正しつつアップします。8万文字弱になります。2021.09.17
24hポイント 312pt
小説 4,278 位 / 125,704件 恋愛 1,959 位 / 35,967件
文字数 79,113 最終更新日 2021.10.04 登録日 2021.08.31
恋愛 完結 短編 R18
「おーっほっほっほっほっほっ!」  わたくしは、目の前で地に伏している美少女を前に高笑いをしていた。 「また、アイラをいじめているのか」 背後から地を這うような低い声が殺気とともにわたくしの背中を撃った。 「サーシア様、わたくしはその様なこと」 「黙れ。たとえしていなくとも転けて負傷した人を笑うなど。カトリーナ、君を心底見損なった」 彼こそわたくしの政略で定められた婚約者である。誤解を解きたくて口を開いても言葉を被せられ、日をおうごとに彼に嫌われていった。 親友たちがいなければ、辛くて引きこもっていただろう。 冤罪、誤解が重ねられたままついに卒業式を迎えると、当日、式に参加する前にわたくしは拉致され、見知らぬベッドの上で目を覚ましたのであった。  一糸まとわぬ姿で目が覚めたわたくしの前に、とても大きくて逞しい男が現れて──。 ※性的描写に近い表現あり ※※性的描写あり SM風味が少しありますので合わない方はバックお願いします。 コメディ要素が強いかもしれません。 明るいお話でツッコミ処が満載かもしれませんが、きちんと愛は生まれます。 ざまあはたぶん作ると思います。 筋肉と愛欲シリーズ④(すみません、②と③は、タイトルはあるものの、構想が中途半端でまだ出来てないのです。すっとばしてお気楽に見切り発車でも投稿できる④になります)
24hポイント 205pt
小説 6,037 位 / 125,704件 恋愛 2,555 位 / 35,967件
文字数 45,479 最終更新日 2021.10.03 登録日 2021.09.19
恋愛 完結 短編 R18
筋肉と愛欲シリーズ第一弾  待望の著書の発表がついに実現っ!(大嘘) 数名の方からリクエストがあり久しぶりにR18を手掛けてみます。  ここは、魔法ありなファンタジーな世界。ヒロインは王子の婚約者として日々様々な学問や政治、帝王学に加えて魔法までみっちりと秒単位のスケジュールで管理されていた。幼かった頃には、確かに笑って駆けっこしていた記憶がいい思い出として残って────いや、全くない。脳みそのどこをひっくり返しても勉強、指導、復習、予習、失敗すれば叱責に、酷いときは鞭打ちだ。返り討ちにしてやったが。  人なみにささやかな幸せを望み、疲れ果てた頃、自分を無視して最低限度のカードすら届けない婚約者とはすでに絶対零度よりも厳しい冷たい仲である。しかし、立場の弱い自分からは婚約解消するわけにはいかず、下手すれば親族郎党が罰せられ領民にまで被害にあうだろう。なんとか、薄氷の上を渡るようなギリギリの状態の中、学園生活が始まった。  ヒロインには同い年の後妻が連れて来た愛らしい妹がいる。恐らく父親は同じだろうが、対外的には後妻の連れ子とされている彼女は愛らしく誰からも好かれる優しい少女だ。心までがんじがらめになっているヒロインとは大違い。  義妹ではなく、妹として扱えと厳命されている。彼女は父に溺愛されており、厳しい教育は全くない。天真爛漫に育った彼女と一緒にヒロインは比べられるようにというより、存在を無かったかのように育てられ現在に至る。  そして、今日も一人、妹に魅了された男の子が一人彼女に近づいていくではないか。  ちょっと待てやこら。てめえ、仮にも私という婚約者がいるだろうが……! 政略結婚の意味知ってますぅ? てめえの頭はスカスカですか? そうですか。────はっ! ゴホン失礼しました。あまりの暑さに脳内がオーバーヒートしていたようです。  そんなわけで、可憐な美少女である妹に心惹かれたわたくしの婚約者である王子は、わたくしの苦言を一切聞き入れる事などなく、婚約破棄を声高らかに宣言したのであった。 ヒロインの性格はずぶとく前向き(?)で明るめなのでシリアスはありません。 ※性行為に準じた表現があります ※※性行為表記あり  暇つぶしにどうぞ。気ままに書き進めます。 お気に入り76 こんなに読んでくださるとは思ってもみませんでした。ありがとうございます。最後まで書きあがっていますけれども、毎日が修正だらけです。がんばります!2021.8.26 お気に入り100にびっくりしています。ありがとうございます!2021.09.01 本懐を遂げた記念、キャラたちも喜んでいる事でしょう!
24hポイント 369pt
小説 3,777 位 / 125,704件 恋愛 1,741 位 / 35,967件
文字数 70,899 最終更新日 2021.09.04 登録日 2021.08.12
12