公爵様、地味で気弱な私ですが愛してくれますか?

ティミリアはどこにでもいるような地味な容姿で、それでいて気の弱い令嬢だった。

そんな彼女は20歳と行き遅れ寸前で容姿端麗、頭脳明晰と巷で人気のアクレセン・ロベルタ公爵から結婚を申し込まれる。

平凡な女性が見初められる物語を期待した彼女だが、現実は異なり彼にとって伴侶は誰でも良かった。

彼女は冷淡な公爵に愛される日など来ないと悲観しながらも、少しでも夫婦らしい生活を送れるように彼女なりに奮闘する。

相反してアレクセンは、ただただ人に興味がなく、それでいて死ぬほど不器用な男であった。

ティミリアとアレクセンはお互い様々な勘違いをしながらもすれ違って行く。

ティミリアは公爵様からの愛を得られるのか、夫婦仲は縮まるのか。
そんなお話です。

※よろしければ感想等頂けると嬉しいです!
24hポイント 56pt
小説 14,700 位 / 148,469件 恋愛 6,957 位 / 46,795件