伝統民芸彼女

札幌に住む高校生の少年拓也(たくや)は、曾祖母の絹(きぬ)を亡くした。同居していた曾祖母の空白を抱えた拓也の目の前に立ったのは、見知らぬ少女たちだった。槐(えんじゅ)、藤紫(ふじむらさき)、ギン。常人ならざる名前を持つ着物姿の「彼女」たちは、次第に拓也を未知の世界にいざなってゆく。

24hポイント 106pt
小説 5,041 位 / 60,533件 キャラ文芸 131 位 / 1,585件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!