本当はあなたを愛してました

結婚の約束をしていたリナとルーカス。

幼馴染みで誰よりもお互いの事を知っていて

いずれは結婚するだろうと誰からも思われていた2人


そんなある時、リナは男性から声をかけられる

小さい頃からルーカス以外の男性と交流を持つこともなかったリナ。取引先の方で断りづらいこともあり、軽い気持ちでその食事の誘いに応じてしまう。


そうただ…ほんとに軽い気持ちで…

やましい気持ちなどなかったのに

自分の行動がルーカスの目にどう映るかなど考えも及ばなかった…

浮気などしていないので、ルーカスを想いつづけるリナ

2人の辿り着く先は…

第一部完結。
第ニ部執筆中です。

24hポイント 28pt
小説 17,245 位 / 121,640件 恋愛 7,320 位 / 34,133件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

料理人は騎士団長に食べさせたい

BL / 連載中 24h.ポイント:15300pt お気に入り:4608

記憶を失った令嬢は、冷酷と噂される公爵様に拾われる。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:109689pt お気に入り:4512

誰の代わりに愛されているのか知った私は優しい嘘に溺れていく

恋愛 / 完結 24h.ポイント:3358pt お気に入り:6309

旦那様は大変忙しいお方なのです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:82410pt お気に入り:8892