婚約破棄をされましたが、婚約解消された隣国王太子に恋しました。


「ティナ。私は今まで君を婚約者として大切にしてきたがもう君を婚約者として見る事はできない。いつもいつもうるさいし、もう子守はうんざりだ。真実の愛に私は目覚めたから君との婚約はなかった事にしてほしい。」


グランドールメイル帝国の皇帝であったお父様が亡くなりお兄様が皇帝になってから半年後。

わたしは幼馴染で婚約者の公爵長子マイク・ランベストから婚約破棄を言い渡された。

いや。わたし一応皇族ですけど?
なんで勝手に婚約破棄されなきゃいけないの?
おかしくない?

周りから色々言われてももう婚約者なんて懲り懲り。
1人の自由な時間を謳歌してやるっっ。
将来結婚しなくたって優しいお兄様達の子供の世話係でもしてるわ。


そう決意してから約1年後。
隣国との同盟式典で私は運命の出会いをしました。

ドイル国王太子殿下ケンビット様。
美形はお兄様達で見慣れていますが、もう別世界の美形。
しかも超絶優しい。

瞬間恋に堕ちました。

と、思ったら…

えっ…ケンビット様の婚約者を奪ったのか私の大好きなお兄様?


なにそれ…
前途多難じゃない。


…………

『生まれたときから今日までなかった事にしてください。』
の続編ストーリーになります。

単独でもお楽しみいただけるとおもいますが、前作キャラも出てきますので是非前作もお読みいただけたらと思います。
24hポイント 383pt
小説 3,872 位 / 140,708件 恋愛 1,956 位 / 43,596件