【本編完結】はい、かしこまりました。婚約破棄了承いたします。

「お前との婚約は破棄させもらう」
「破棄…ですか?マルク様が望んだ婚約だったと思いますが?」
「お前のその人形の様な態度は懲り懲りだ。俺は真実の愛に目覚めたのだ。だからこの婚約は無かったことにする」
「ああ…なるほど。わかりました」

皆が賑わう昼食時の学食。
私、カロリーナ・ミスドナはこの国の第2王子で婚約者のマルク様から婚約破棄を言い渡された。

マルク様は自分のやっている事に酔っているみたいですが、貴方がこれから経験する未来は地獄ですよ。



全くこの人は…

全て仕組まれた事だと知らずに幸せものですね。


24hポイント 568pt
小説 2,702 位 / 139,987件 恋愛 1,366 位 / 43,262件