半月の探偵

読書が趣味の嘉村匠であったが、隣の家で殺人事件があったことにより、今までの生活が一変し、警察の協力者として活動を始めることになった。そして、読書で培った知識、広い視野、鋭い観察眼で様々な事件に関わっていき、自分の残酷な過去、因縁の宿敵に再び向き合っていくことになる。

半月の探偵として彼は高らかに告げる。
「さあ、事件の幕を引くとしようか」と

24hポイント 0pt
小説 121,904 位 / 121,904件 ミステリー 2,862 位 / 2,862件