レベルが上がらずパーティから捨てられましたが、実は成長曲線が「勇者」でした

同い年の幼馴染で作ったパーティの中で、ラウトだけがレベル10から上がらなくなってしまった。パーティリーダーのセルパンはラウトに頼り切っている現状に気づかないまま、レベルが低いという理由だけでラウトをパーティから追放する。しかしその後、仲間のひとりはラウトについてきてくれたし、弱い魔物を倒しただけでレベルが上がり始めた。やがてラウトは精霊に寵愛されし最強の勇者となる。一方でラウトを捨てた元仲間たちは自業自得によるざまぁに遭ったりします。※小説家になろう、カクヨム、ノベルアップ+にも同じものを公開しています。
24hポイント 2,273pt
小説 777 位 / 144,269件 ファンタジー 203 位 / 34,688件