かこちゃんの話

「雨立 華子穂」を中心にその周囲を取り巻く人々の群像劇です。
華子穂は発達に障害がある女性であり、作品中では幼児期から成人期までのエピソードを扱う予定です。

抒情に欠けた現代社会への「パンク」であり、本物のファンタジー〈物語〉を目指しています。

これは僕を救うために書くものであって、僕と似たすべての人に捧げる物語です。
24hポイント 0pt
小説 37,438 位 / 37,438件 現代文学 1,313 位 / 1,313件