別れてくれない夫は、私を愛していない


「私と別れて下さい」

「嫌だ、君と別れる気はない」



誕生パーティー、結婚記念日、大切な約束の日まで……


彼の大切な幼馴染の「セレン」はいつも彼を連れ去ってしまう。



「ごめん、セレンが怪我をしたらしい」

「セレンが熱が出たと……」


そんなに大切ならば、彼女を妻にすれば良かったのでは?


ふと過ぎったその考えに私の妻としての限界に気付いた。



その日から始まる、私を愛さない夫と愛してるからこそ限界な妻の離婚攻防戦。



「あなた、お願いだから別れて頂戴」

「絶対に、別れない」
24h.ポイント 447pt
813
小説 2,622 位 / 185,285件 恋愛 1,302 位 / 56,265件