12
恋愛 連載中 長編 R15
「イブリア……私と別れて欲しい」 公爵令嬢 イブリア・バロウズは聖女と王太子の愛を妨げる悪女で社交界の嫌われ者。 婚約者である王太子 ルシアン・ランベールの関心は、品行方正、心優しく美人で慈悲深い聖女、セリエ・ジェスランに奪われ王太子ルシアンはついにイブリアに別れを切り出す。 極め付けには、王妃から嫉妬に狂うただの公爵令嬢よりも、聖女が婚約者に適任だと「ルシアンと別れて頂戴」と多額の手切れ金。 社交会では嫉妬に狂った憐れな令嬢に"仕立てあげられ"周りの人間はどんどんと距離を取っていくばかり。 けれども当の本人は… 「悲しいけれど、過ぎればもう過去のことよ」 と、噂とは違いあっさりとした様子のイブリア。 それどころか自由を謳歌する彼女はとても楽しげな様子。 そんなイブリアの態度がルシアンは何故か気に入らない様子で… 更には婚約破棄されたイブリアの婚約者の座を狙う王太子の側近達。 「私をあんなにも嫌っていた、聖女様の取り巻き達が一体私に何の用事があって絡むの!?嫌がらせかしら……!」
24hポイント 111,485pt
小説 11 位 / 143,743件 恋愛 11 位 / 44,848件
文字数 14,325 最終更新日 2022.06.28 登録日 2022.06.25
恋愛 連載中 長編 R18
皇女シエラ・ヒペリュアンと皇太子ジェレミア・ヒペリュアンは血が繋がっていない。 シエラは前皇后の不貞によって出来た庶子であったが皇族の醜聞を隠すためにその事実は伏せられた。 元々身体が弱かった前皇后は、名目上の療養中に亡くなる。 現皇后と皇帝の間に生まれたのがジェレミアであった。 "容姿しか取り柄の無い頭の悪い皇女"だと言われ、皇后からは邪険にされる。 皇帝である父に頼んで婚約者となった初恋のリヒト・マッケンゼン公爵には相手にもされない日々。 そして日々違和感を感じるデジャブのような感覚…するとある時…… 「私…知っているわ。これが前世というものかしら…、」 突然思い出した自らの未来の展開。 このままではジェレミアに利用され、彼が皇帝となった後、汚れた部分の全ての罪を着せられ処刑される。 「それまでに…家出資金を貯めるのよ!」 全てを思い出したシエラは死亡フラグを回避できるのか!? 「リヒト、婚約を解消しましょう。」         「姉様は僕から逃げられない。」 (お願いだから皆もう放っておいて!)
24hポイント 7,094pt
小説 290 位 / 143,743件 恋愛 136 位 / 44,848件
文字数 126,464 最終更新日 2022.06.27 登録日 2021.09.19
恋愛 完結 長編 R15
ティアラ・ウィンザーは帝国屈指の大富豪ウィンザー伯爵家の令嬢であり、 若くして帝国一の大魔導師アシェル・ヴォルヴォアの婚約者である。 愛してやまない婚約者アシェルは端麗な容姿だけでなくその肩書きからも、とにかくモテる。 周りにはいつも美しい女性が居て…… 婚約者の筈が……世話係?雑用?お母さん? 帝国一の美形魔導師でありながら、帝国一の遊び人と称される彼との間に果たして愛はあるのだろうか? 「今回こそ別れてやるんだから」 もう何度誓っただろうこの言葉を掲げてティアラは今日も彼との恋のバトルを繰り広げる。
24hポイント 6,581pt
小説 309 位 / 143,743件 恋愛 145 位 / 44,848件
文字数 106,145 最終更新日 2022.06.17 登録日 2022.04.09
恋愛 連載中 長編
女子大生の藤堂 天音(あまね)は、両親が訳アリ海外勤務の為、両親以外の唯一の身内である母方の祖父、 日本最大の組織、藤堂組の組長 仁之助(じんのすけ)の元で暮らしている。 子どもの頃からの護衛 兼 世話係の、桜木 愛慈(あいじ)の溺愛によって見事に何もできない人間になってしまった天音は等々、大学の男子生徒達の話が聞こえ、気づいてしまった… 「私、このままじゃだめだわ…」 「お嬢は俺が居ないと駄目でしょう、」 「私だって出来るわよ、彼氏、作ってやるんだから!」 彼女をドロドロに甘やかし、自分が居ないと生きていけないようにしたい程、愛している愛慈と、普通のキャンパスライフをしてみたい天音の攻防戦が始まる… 一部、飲食や暴行等、不適切な表現が出てきますがフィクションですので、限りなく現代に近い異世界だと思って読んで頂ければ幸いです。
24hポイント 2,101pt
小説 813 位 / 143,743件 恋愛 400 位 / 44,848件
文字数 55,308 最終更新日 2022.06.06 登録日 2021.03.25
婚約者が突然、真実の愛とやらに目覚めたようだが… 「結婚は君とする。だから卒業までの一年だけ別れて欲しい。」 「真実の愛なのでしたら、その方とご結婚なされば良いのでは?」 散々堂々と浮気をしておいて、一年だけ別れてくれだなんて私を馬鹿にするのもいい加減にして下さいませ。 婚約破棄はせずに、グレーシスと結婚するのだと言い張る婚約者に怒り心頭のグレーシスだが譲らぬ婚約者に困り果てる… まぁ、コレを理由に後ほど婚約解消すればいいでしょう。 「それなら、お好きになさいませ。」 「ああ!分かってくれると思ったよ!この一年は君も好きにするといい!君が他の男性と食事をしても私も寛大でいよう!」 (絶対に婚約解消してやりますわ。) 婚約解消まであと一年。 ところが突然グレーシスにモテ期が…!?!?
24hポイント 3,102pt
小説 583 位 / 143,743件 ファンタジー 158 位 / 34,637件
文字数 131,192 最終更新日 2022.06.06 登録日 2021.08.25
セントルーシュ国のとても美しい皇女は3歳にしてその多大なる力を開花させ聖女となったが、15歳のアカデミーの入学式で偽物だと判定される。 「これは…聖力ではない…!?」 「そんな…ではこの力は一体…?」 彼女の強大な力は一体!? 「確かに皇女さまは偽物です。わ、私が聖力を使う、聖なる乙女です…っ!」 淑やかで大人しい親友が名乗り出て聖力を披露すると… 「反応したぞ!これぞ聖なる乙女の色だ!!!皇女様といえど、偽物を名乗るだなんて!」 家族や婚約者、友人までもを奪われ、せめてもの慈悲だと命は助かったが… 「皇女を…、魔境の森へ。追放の刑とする。」 魔界と人間界の狭間、魔境の森の奥深くの小さな塔へ追放された彼女は… 「おや?人がいるのかい?珍しいね。」 「にん…げん?」 突然森に現れた白い肌に血のような深い赤髪、金色の瞳の青年。 「んー、それは聖力ではなく神力。とても面白そうだねキミ。」 次々と送られてくる親友である新聖女の刺客。 好戦的な目の前の美しい青年、 「どのみち頼りはボクだけだろ?それなら一緒にこ…… 「私を貴方の弟子にしてください。」 「え?」 「えっ?」 身分を隠した魔王と、追放された元聖女である皇女… ちょっと変わった魔王の歪な愛×鈍感な皇女、ちょっと変わった恋とざまぁは成就するのか…?
24hポイント 390pt
小説 3,672 位 / 143,743件 ファンタジー 718 位 / 34,637件
文字数 99,251 最終更新日 2022.05.31 登録日 2021.08.05
国王の不貞で出来た、望まれぬ子であるアテ・マキシマは真っ白な肌に殆ど白髪に近いブロンドの毛先は何故かいつも淡い桃色に染まる。 美しい容姿に、頭脳明晰、魔法完璧、踊り子で戦闘民族であった母の血統でしなやかな体術はまるで舞のようである。 完璧なプリンセスに見える彼女は… ただちょっとだけ……クレイジー!?!? 「あぁこれ?妾の娘だとワインをかけられたの。ちょうど白より赤のドレスがいいなぁって思ってたから。え?なんではしたないの?じゃ、アンタ達もかぶってみる?結構いいよ。流行るかも。」 巷で噂のクレイジープリンセス、父もお手上げ。 教育以外を放置されて育った彼女は、常識の欠落が著しかった。 品行方正な妹はあの手この手でアテを貶めるが… 「シャーロット?いい子なんじゃない?」 快活な笑みで相手にもされずイライラするばかり。 貴族の常識!? 人間らしさ!? 「何言ってんのか、わかんない。アンタ。」 子供とお年寄りに弱くて、動物が好きなクレイジープリンセス。 そんな彼女に突然訪れる初恋とプリンセスとしての生き残りサバイバル。 「んーかいかんっ!」
24hポイント 717pt
小説 2,127 位 / 143,743件 ファンタジー 475 位 / 34,637件
文字数 26,475 最終更新日 2022.03.27 登録日 2021.09.05
恋愛 連載中 長編 R18
なんとなく、何をしても程々。 卒なくこなすがずば抜けない 柊木 奏向(ヒイラギ カナタ) 裕福ではなかったが、両親から愛情をたっぷり受けて育ったごく普通の女の子。 特別な事など、しいて言えばよく出来る妹が居たくらいだ。 いつしか大人になっても何も見出せずに、自信を失い臆病にばかりなって行く奏向は就職活動が上手くいかずに親にも言えず、夜の蝶となった。 自分の身を守る為に、三枚目に徹する毎日。 ブスやら、品がないやらと罵られ稼ぐお金。 けれども親に心配させたくない、妹と比較されたくない。 上手くいかない日常と、お酒、自己嫌悪にがんじがらめになった末に仕事帰り酔いを覚ましていると、足を絡ませて事故に遭ってしまう。 奏向が目を覚ますとそこは見た事もない建物、何処か日本風な日本ではない場所。 「なんだい?新入りかい?」 異世界!? 遊郭!? 咲くか散るか、咲かねば散るのみ…ならば咲かん。叶えて魅せます花魁道中。
24hポイント 979pt
小説 1,589 位 / 143,743件 恋愛 776 位 / 44,848件
文字数 20,092 最終更新日 2022.03.24 登録日 2021.11.24
恋愛 連載中 長編 R18
王国の筆頭公爵家、モンフォール家に嫁いで1年7ヶ月、フォックス侯爵家の長女・シャルロット・モンフォール 王国一の美女だと評判の彼女を慕う者は多く、美丈夫で優しげな雰囲気が女性に人気のセドリック・モンフォールの熱烈なアプローチと公爵家からの他家への牽制によって、彼女はモンフォール家に嫁いだ。 優しい夫に愛されて、幸せな公爵家夫人…のはずだったが、 「シャル、彼女を離れに置いてあげてほしいんだ。」 身寄りがないと言う、とても愛らしい美女を連れてもどって来た夫にシャルロットは笑顔のまま固まった。 「ええ。では私の寝衣をお貸ししますわ」ニコリ 謎の美女ばかりを構う夫、しまいには離れの寝室から如何わしい声まで!? 妾を作るのは貴族でよくある話なのかもしれないけれど、2年足らずでこの仕打ちはあんまりよ、 淑女の鑑らしく、優しく円満離婚して差し上げますわ。
24hポイント 3,182pt
小説 564 位 / 143,743件 恋愛 257 位 / 44,848件
文字数 151,818 最終更新日 2022.02.01 登録日 2021.05.16
「勝ち残った者が後継者だ。強い者だけが可愛い子供達である。」 父親であるベルガング・ジベリアンの言葉をきっかけに22人もいる兄妹達の生き残りをかけた戦いが始まる。 「そうだな、神は男と女をまず作ったと言うな…息子と娘ひとりずつだ。」 サイコパスな暴君、ベルガングは退屈していた。 大帝国セナウズによりジベリアンに閉じ込められたベルガングは国から一歩も出られず、余命5年という呪いを受けたがそれでも悔い改める事は無く、自らが沢山の妃や、愛妾に産ませた22人もの子供達で退屈しのぎをすることにした…。 闘いを望まぬ第七王女ミネルバ・ジベリアンは王宮の北側の奥にある深雪棟に立て篭もり、最後の三人にまで生き残ったが… 第一王子 イクシオン、第四王女 キオネに騙されて無惨にも殺された… 筈なのに…目を開けば父ベルガングが退屈しのぎを始めた日であった。 「まだ間に合うかしら…、今度は犬死になどしない。」 ミネルバは秘めた力と、様々な才能を開花させて行くが… 次々と死んでいく兄妹達。…果たして生き残る事はできるのか?
24hポイント 1,618pt
小説 1,025 位 / 143,743件 ファンタジー 249 位 / 34,637件
文字数 10,480 最終更新日 2021.11.21 登録日 2021.11.18
恋愛 完結 長編 R15
私の旦那様は7人の側妃を持つ、巷でも噂の好色王。 後宮はいつでも女の戦いが絶えない。 安心して眠ることもできない後宮に、他の妃の所にばかり通う皇帝である夫。 「どうして、この人を愛していたのかしら?」 ずっと静観していた皇后の心は冷めてしまいう。 それなのに皇帝は急に皇后に興味を向けて…!? 「あの人に興味はありません。勝手になさい!」
24hポイント 2,804pt
小説 645 位 / 143,743件 恋愛 303 位 / 44,848件
文字数 81,845 最終更新日 2021.08.09 登録日 2021.04.26
恋愛 完結 長編 R18
王国一の発言権を持つノーフォード家のひとり娘、セシール・グレース・ノーフォード公爵令嬢は王太子、テオドール・ウィラー・アルベーリア殿下の婚約者のはずなのに… 「わたくし、まるで居ないようね。」 婚約者を空気の様に扱い、学園ではどうやら可憐だと評判の伯爵家令嬢を寵愛している様子、婚約破棄も間近だと噂され、 「わたくしもう疲れてしまいましたの。  婚約解消も視野にいれなくてはね、、。」 自己評価低めの、自分では全く気づいていない完璧令嬢です。設定ゆるめです。
24hポイント 4,865pt
小説 393 位 / 143,743件 恋愛 176 位 / 44,848件
文字数 151,299 最終更新日 2021.03.30 登録日 2021.02.23
12