22 12
恋愛 連載中 長編 R18
ずっと愛しているこの人は少し前に婚約した。 私ではない可憐な人と。 「好きだよ」 愛してるのはあのひとでしょ? 「今日も美しいよ」 ベッドの上でしか言ってくれない癖に。 「お前にはずっとそばに居てほしい」 愛人として……?  「馬鹿らしくなって来たわ」 私はこの燃えるような恋を捨てる決意をした。 「あなたの愛人はもう辞めるの」
24h.ポイント 10,358pt
小説 161 位 / 185,455件 恋愛 98 位 / 56,251件
文字数 27,470 最終更新日 2024.06.13 登録日 2023.11.26
恋愛 連載中 長編 R18
貧乏なのに見栄張り、そんな両親と兄妹の居る伯爵家よりはマシ。 売られるようにして帝国へと送られる筈だった妹の代わりに彼女は帝国の皇帝。暴君 ヒンメル・ジャスピアの妃になった。 けれど三番目の妃の役割は情婦のようなものだと知る。 しかも空席の皇后の座に代わって権力をもつ二番目の妃 アエリは嫉妬深く新しい妻を酷い目に合わせるので三番目の妃が変わるのは初めてではない。 そうして家族に都合よく売られてしまったお人好しなドルチェ・ヴァニティはドルチェ・ジャスピアとなったが、彼女には美しい容姿と素晴らしい身体。そして……「魔法が使えたのか?」素晴らしい魔法の力があった。 皇帝の情婦?いいわ、なんだってやってあげる。 けれど、私を侮らないで。 うっかり喉元を噛みちぎられたく無ければね。
24h.ポイント 6,943pt
小説 221 位 / 185,455件 恋愛 118 位 / 56,251件
文字数 132,751 最終更新日 2024.06.13 登録日 2023.07.07
恋愛 連載中 長編 R18
浮気相手と夫が"致していた"ベッドに置いた離婚届 どうせ夫は私に執着しない……筈だったのに? 「ごめん、嫉妬して欲しかったんだ離婚しないで」 「夫婦のベッドは度が越えすぎなの」 「あーでもその泣き顔、すごく可愛い」 (絶対に実家に帰ろう) ※夫は稀に見るドクズです 「貴族は愛人を抱える人も多いし、目くじらを立てなくても」 「妻と眠るベッドでされても?」 (この人も夫と寝たこと知ってるんだからね)
24h.ポイント 624pt
小説 1,864 位 / 185,455件 恋愛 927 位 / 56,251件
文字数 78,506 最終更新日 2024.04.22 登録日 2022.12.27
恋愛 連載中 長編 R18
とある事で気を失ったフリア・ディザスター公爵令嬢は突然、前世の記憶が蘇る。この世界は前世で読んだ小説と全く同じなのだと。 けれどもどう考えても居なかったはずの「フリア」という女の子として転生しており、更には兄であるディザスター兄弟は小説の悪役。 ヒロインに狂気的な愛を向けるサイコパスな顔面偏差値満点な双子で…… ヒロインに出会う前だからか、その愛情は妹であるフリアに向けられていて、今世の記憶ではただの大好きな兄である二人を死刑から守ろうと決意するフリア。 けれども思い出したばかりなのに、段々消えていく前世の記憶と知っているのと全然違う展開。 ヒロインにはひどく懐かれるし、主人公とは知らずに仲良くしていたソルは距離感がポンコツだし…… 「あ……れ?兄弟ってこんなもんだっけ?」 (前世の世界ではどうだったかな……?) 「フリア〜、ファル兄様が一番好きだよね?」 「俺達、だろ兄?」 「ファル兄さん、ベリアル兄さんっ……!」 「フリア、俺の方がいいだろう!?」 「ごめんソル、アンタは違う」 兄さんたちがいちばん好き、前世の記憶は戻っても今更兄妹の常識は変えられない。愛しちゃってるから。 ※大人表現が沢山あります。 なんでも許せる方、オーバー18歳の方推奨
24h.ポイント 156pt
小説 7,055 位 / 185,455件 恋愛 3,435 位 / 56,251件
文字数 34,357 最終更新日 2024.04.21 登録日 2022.09.19
恋愛 連載中 長編 R15
私の旦那様は七人の側妃を持つ、巷でも噂の好色王。 後宮はいつでも女の戦いが絶えない。 安心して眠ることもできない後宮に、他の妃の所にばかり通う皇帝である夫。 「どうして、この人を愛していたのかしら?」 ずっと静観していた皇后の心は冷めてしまいう。 それなのに皇帝は急に皇后に興味を向けて……!? 「あの人に興味はありません。勝手になさい!」
24h.ポイント 326pt
小説 3,694 位 / 185,455件 恋愛 1,830 位 / 56,251件
文字数 122,612 最終更新日 2024.03.28 登録日 2021.04.26
恋愛 完結 長編 R15
「私と別れて下さい」 「嫌だ、君と別れる気はない」 誕生パーティー、結婚記念日、大切な約束の日まで…… 彼の大切な幼馴染の「セレン」はいつも彼を連れ去ってしまう。 「ごめん、セレンが怪我をしたらしい」 「セレンが熱が出たと……」 そんなに大切ならば、彼女を妻にすれば良かったのでは? ふと過ぎったその考えに私の妻としての限界に気付いた。 その日から始まる、私を愛さない夫と愛してるからこそ限界な妻の離婚攻防戦。 「あなた、お願いだから別れて頂戴」 「絶対に、別れない」
24h.ポイント 887pt
小説 1,306 位 / 185,455件 恋愛 635 位 / 56,251件
文字数 79,374 最終更新日 2023.11.12 登録日 2023.07.07
恋愛 連載中 長編
伯爵令嬢エリス・クロフォードは、最愛の婚約者である侯爵子息トリスタン・ルーシュフルに突然の婚約破棄を突きつけられる。 「お前のような地味で大人しい女よりも、この愛らしいミナーシュ嬢と結婚したい。よってこの婚約を破棄する」 確かにいつも王宮の仕事では他の者たちに雑務を押し付けられたり、ブティックでは予約の順番を奪われて待っている事もあるエリスだったが……? (自称親友にはいつもマウントとられているし……) そんな時パーティーで会った王太子の従兄弟である ジョルジオ・ヴィルヘルム公爵は何故かエリスが気になる様子。 エリスの親友に声をかけるついでに、仕事ができると評判の彼女に興味本位でつい声をかけるジョルジオだったが、知れば知るほど彼女の魅力に引き込まれていき遂には……? 「その眼鏡は無くても大丈夫なのか?」 「ええ……ただの雰囲気作りですから。割れてしまっては仕方ありませんね」 「そうか………って、えっ!?エリス?」 「ハズレを引いた」と揶揄われるジョルジオの為に、髪を解いて眼鏡を捨てたエリスはとびきり美しい女性で……? 「似ていないのは確かでしょう?妹は美しすぎるのです」 「ケール……知っていたんだな」 「兄妹ですから」 (皆様いつもご愛読、ご意見ご感想を感謝致します)
24h.ポイント 376pt
小説 3,172 位 / 185,455件 恋愛 1,588 位 / 56,251件
文字数 144,294 最終更新日 2023.09.27 登録日 2022.10.10
恋愛 連載中 長編 R15
国王の不貞で出来た、望まれぬ子であるアテ・マキシマは真っ白な肌に殆ど白髪に近いブロンドの毛先は何故かいつも淡い桃色に染まる。 美しい容姿に、頭脳明晰、魔法完璧、踊り子で戦闘民族であった母の血統でしなやかな体術はまるで舞のようである。 完璧なプリンセスに見える彼女は… ただちょっとだけ……クレイジー!?!? 「あぁこれ?妾の娘だとワインをかけられたの。ちょうど白より赤のドレスがいいなぁって思ってたから。え?なんではしたないの?じゃ、アンタ達もかぶってみる?結構いいよ。流行るかも。」 巷で噂のクレイジープリンセス、父もお手上げ。 教育以外を放置されて育った彼女は、常識の欠落が著しかった。 品行方正な妹はあの手この手でアテを貶めるが… 「シャーロット?いい子なんじゃない?」 快活な笑みで相手にもされずイライラするばかり。 貴族の常識!? 人間らしさ!? 「何言ってんのか、わかんない。アンタ。」 子供とお年寄りに弱くて、動物が好きなクレイジープリンセス。 そんな彼女に突然訪れる初恋とプリンセスとしての生き残りサバイバル。 「んーかいかんっ!」
24h.ポイント 35pt
小説 18,703 位 / 185,455件 恋愛 8,670 位 / 56,251件
文字数 32,548 最終更新日 2023.08.31 登録日 2021.09.05
恋愛 連載中 長編 R18
ずっと一緒だった仲間が恋人になって、 それでもずっと私達は仲間だった。 『反社会勢力撲滅』見事達成を果たした日本は表向きはクリーンで平和な国。 それでも毎日のニュースに上がる、 婦女暴行、猥褻、幼児虐待、いじめ自殺、通り魔集団殺人…… 「どの世界にも悪いヤツは居るよ、でも弱きを助け強きを挫くそんな奴は絶対に必要なんだ」 そう言った碧の目が綺麗で私達は彼の手を取った。 「任侠の心、忘れるべからず」 そんな幼馴染である碧依と虎二の作った「碧虎」の仲間は今もずっと仲間。 けれどもうひと月もアイツの顔だけは見てない。 綺麗なだけじゃ守れない、変えられないって分かっててもどうしてアンタは変わってくの? 私達の関係を知る人達からは「碧虎の放置彼女」なんて言われて…… 「婚活とかやめろよー、俺が殺される」 「あーうん」 執着悪男×社会人 の大人ラブ 時々青春時代 ※性的、暴力表現あります。 未成年の喫煙、飲酒含む法律違反は禁止されています。 本件は日本と瓜二つの別の世界だと思って閲覧下さい。
24h.ポイント 49pt
小説 15,133 位 / 185,455件 恋愛 7,223 位 / 56,251件
文字数 56,251 最終更新日 2023.08.29 登録日 2022.08.27
恋愛 連載中 長編 R15
「……美しいご令嬢、名前を聞いても?」 王太子であり、容姿にも恵まれた。 国中の女性にはモテたし、勿論男にも好かれている。 そんな王太子が出会った絶世の美女は少し変……? 「申し訳ありません、先程落としてしまって」 ((んな訳あるかぁーーー!!!)) 「あはは、面白い冗談だね。俺の事を知ってる?」 「はい、多分王太子殿下ではないかと……」 「……うん、あたりだね」 「じゃあ、落とし物を探して参りますので……さようなら」 「え"っ!?無礼とか、王太子殿下だ、とか考えない?」 「ワーオウタイシサマダ、ステキ……では失礼致します」 「……決めた、俺は彼女を妻にする」 「お断りします」 ちょっと天然なナルシ王太子×塩対応公爵令嬢 「私は平和で落ち着いた愛を育みたいので」 「俺は、キミと愛を育みたいよ」 「却下!」
24h.ポイント 85pt
小説 10,696 位 / 185,455件 恋愛 5,268 位 / 56,251件
文字数 69,469 最終更新日 2023.08.22 登録日 2022.08.29
女子大生の藤堂 天音(あまね)は、両親が訳アリ海外勤務の為、両親以外の唯一の身内である母方の祖父、 日本最大の組織、藤堂組の組長 仁之助(じんのすけ)の元で暮らしている。 子どもの頃からの護衛 兼 世話係の、桜木 愛慈(あいじ)の溺愛によって見事に何もできない人間になってしまった天音は等々、大学の男子生徒達の話が聞こえ、気づいてしまった… 「私、このままじゃだめだわ…」 「お嬢は俺が居ないと駄目でしょう、」 「私だって出来るわよ、彼氏、作ってやるんだから!」 彼女をドロドロに甘やかし、自分が居ないと生きていけないようにしたい程、愛している愛慈と、普通のキャンパスライフをしてみたい天音の攻防戦が始まる… 一部、飲食や暴行等、不適切な表現が出てきますがフィクションですので、限りなく現代に近い異世界だと思って読んで頂ければ幸いです。
24h.ポイント 49pt
小説 15,133 位 / 185,455件 恋愛 7,223 位 / 56,251件
文字数 61,281 最終更新日 2023.08.20 登録日 2021.03.25
婚約者が突然、真実の愛とやらに目覚めたようだが… 「結婚は君とする。だから卒業までの一年だけ別れて欲しい。」 「真実の愛なのでしたら、その方とご結婚なされば良いのでは?」 散々堂々と浮気をしておいて、一年だけ別れてくれだなんて私を馬鹿にするのもいい加減にして下さいませ。 婚約破棄はせずに、グレーシスと結婚するのだと言い張る婚約者に怒り心頭のグレーシスだが譲らぬ婚約者に困り果てる… まぁ、コレを理由に後ほど婚約解消すればいいでしょう。 「それなら、お好きになさいませ。」 「ああ!分かってくれると思ったよ!この一年は君も好きにするといい!君が他の男性と食事をしても私も寛大でいよう!」 (絶対に婚約解消してやりますわ。) 婚約解消まであと一年。 ところが突然グレーシスにモテ期が…!?!?
24h.ポイント 142pt
小説 7,530 位 / 185,455件 ファンタジー 1,148 位 / 42,672件
文字数 144,391 最終更新日 2023.07.14 登録日 2021.08.25
恋愛 連載中 長編 R18
「勝ち残った者が後継者だ。強い者だけが可愛い子供達である。」 父親であるベルガング・ジベリアンの言葉をきっかけに22人もいる兄妹達の生き残りをかけた戦いが始まる。 「そうだな、神は男と女をまず作ったと言うな…息子と娘ひとりずつだ。」 サイコパスな暴君、ベルガングは退屈していた。 大帝国セナウズによりジベリアンに閉じ込められたベルガングは国から一歩も出られず、余命5年という呪いを受けたがそれでも悔い改める事は無く、自らが沢山の妃や、愛妾に産ませた22人もの子供達で退屈しのぎをすることにした…。 闘いを望まぬ第七王女ミネルバ・ジベリアンは王宮の北側の奥にある深雪棟に立て篭もり、最後の三人にまで生き残ったが… 第一王子 イクシオン、第四王女 キオネに騙されて無惨にも殺された… 筈なのに…目を開けば父ベルガングが退屈しのぎを始めた日であった。 「まだ間に合うかしら…、今度は犬死になどしない。」 ミネルバは秘めた力と、様々な才能を開花させて行くが… 次々と死んでいく兄妹達。…果たして生き残る事はできるのか?
24h.ポイント 56pt
小説 13,963 位 / 185,455件 恋愛 6,705 位 / 56,251件
文字数 13,986 最終更新日 2023.06.27 登録日 2021.11.18
恋愛 連載中 長編 R18
十四歳で突然、神託により聖女に任命されたシシーリア・バーディカル令嬢は、翌年アカデミーに入学した。 十六の歳にして侯爵家の令嬢としても、聖女としても問題なく務めていた……筈だった 「あのね、聖女サマ……強制力って知ってる?」 「何?魔法学か何かの話かしら?」 突然現れた編入生により、一気に状況は変化して……? 「シシー、悪いが君とは婚約破棄させてもらう」 良好だった婚約者の突然の婚約破棄にまで…… 「姉さんがそんな人だったなんてがっかりしたよ」 愛してやまない弟からの突然の軽蔑の視線 「聖女として資質に問題があると認める!」 聖女までクビに……? 「じゃ、好きなことをして生きてもいいのね!」 よく分からない事を言う編入生に振り回される周囲の人達…… 味方は母と侍女達だけ!? そんな、シシーの世界一邪悪な神聖力の使い方。 「せ、聖女がこんな事してもいいのっ!?」 「生憎、クビになったの」
24h.ポイント 21pt
小説 24,510 位 / 185,455件 恋愛 11,127 位 / 56,251件
文字数 56,348 最終更新日 2023.05.24 登録日 2022.09.07
恋愛 連載中 長編 R18
セントルーシュ国のとても美しい皇女は3歳にしてその多大なる力を開花させ聖女となったが、15歳のアカデミーの入学式で偽物だと判定される。 「これは…聖力ではない…!?」 「そんな…ではこの力は一体…?」 彼女の強大な力は一体!? 「確かに皇女さまは偽物です。わ、私が聖力を使う、聖なる乙女です…っ!」 淑やかで大人しい親友が名乗り出て聖力を披露すると… 「反応したぞ!これぞ聖なる乙女の色だ!!!皇女様といえど、偽物を名乗るだなんて!」 家族や婚約者、友人までもを奪われ、せめてもの慈悲だと命は助かったが… 「皇女を…、魔境の森へ。追放の刑とする。」 魔界と人間界の狭間、魔境の森の奥深くの小さな塔へ追放された彼女は… 「おや?人がいるのかい?珍しいね。」 「にん…げん?」 突然森に現れた白い肌に血のような深い赤髪、金色の瞳の青年。 「んー、それは聖力ではなく神力。とても面白そうだねキミ。」 次々と送られてくる親友である新聖女の刺客。 好戦的な目の前の美しい青年、 「どのみち頼りはボクだけだろ?それなら一緒にこ…… 「私を貴方の弟子にしてください。」 「え?」 「えっ?」 身分を隠した魔王と、追放された元聖女である皇女… ちょっと変わった魔王の歪な愛×鈍感な皇女、ちょっと変わった恋とざまぁは成就するのか…?
24h.ポイント 21pt
小説 24,510 位 / 185,455件 恋愛 11,127 位 / 56,251件
文字数 100,860 最終更新日 2022.12.14 登録日 2021.08.05
恋愛 完結 長編 R18
皇女シエラ・ヒペリュアンと皇太子ジェレミア・ヒペリュアンは血が繋がっていない。 シエラは前皇后の不貞によって出来た庶子であったが皇族の醜聞を隠すためにその事実は伏せられた。 元々身体が弱かった前皇后は、名目上の療養中に亡くなる。 現皇后と皇帝の間に生まれたのがジェレミアであった。 "容姿しか取り柄の無い頭の悪い皇女"だと言われ、皇后からは邪険にされる。 皇帝である父に頼んで婚約者となった初恋のリヒト・マッケンゼン公爵には相手にもされない日々。 そして日々違和感を感じるデジャブのような感覚…するとある時…… 「私…知っているわ。これが前世というものかしら…、」 突然思い出した自らの未来の展開。 このままではジェレミアに利用され、彼が皇帝となった後、汚れた部分の全ての罪を着せられ処刑される。 「それまでに…家出資金を貯めるのよ!」 全てを思い出したシエラは死亡フラグを回避できるのか!? 「リヒト、婚約を解消しましょう。」         「姉様は僕から逃げられない。」 (お願いだから皆もう放っておいて!)
24h.ポイント 99pt
小説 9,754 位 / 185,455件 恋愛 4,756 位 / 56,251件
文字数 146,186 最終更新日 2022.12.08 登録日 2021.09.19
恋愛 完結 長編
「あなたが尻軽だとは知らなかったな」 「あ、そう。誰を信じるかは自由よ。じゃあ、終わりって事でいいのね」 「は……終わりだなんて、」 「こんな所にいらしたのね!お二人とも……皆探していましたよ…… "今日の主役が二人も抜けては"」 婚約パーティーの夜だった。 愛おしい恋人に「尻軽」だと身に覚えのない事で罵られたのは。 長年の恋人の言葉よりもあざとい秘書官の言葉を信頼する近頃の彼にどれほど傷ついただろう。 「はー、もういいわ」 皇帝という立場の恋人は、仕事仲間である優秀な秘書官を信頼していた。 彼女の言葉を信じて私に婚約パーティーの日に「尻軽」だと言った彼。 「公女様は、退屈な方ですね」そういって耳元で嘲笑った秘書官。 だから私は悪女になった。 「しつこいわね、見て分かんないの?貴方とは終わったの」 洗練された公女の所作に、恵まれた女性の魅力に、高貴な家門の名に、男女問わず皆が魅了される。 「貴女は、俺の婚約者だろう!」 「これを見ても?貴方の言ったとおり"尻軽"に振る舞ったのだけど、思いの他皆にモテているの。感謝するわ」 「ダリア!いい加減に……」 嫉妬に燃える皇帝はダリアの新しい恋を次々と邪魔して……?
24h.ポイント 830pt
小説 1,388 位 / 185,455件 恋愛 678 位 / 56,251件
文字数 52,624 最終更新日 2022.09.07 登録日 2022.08.09
恋愛 完結 長編 R15
「イブリア……私と別れて欲しい」 公爵令嬢 イブリア・バロウズは聖女と王太子の愛を妨げる悪女で社交界の嫌われ者。 婚約者である王太子 ルシアン・ランベールの関心は、品行方正、心優しく美人で慈悲深い聖女、セリエ・ジェスランに奪われ王太子ルシアンはついにイブリアに別れを切り出す。 極め付けには、王妃から嫉妬に狂うただの公爵令嬢よりも、聖女が婚約者に適任だと「ルシアンと別れて頂戴」と多額の手切れ金。 社交会では嫉妬に狂った憐れな令嬢に"仕立てあげられ"周りの人間はどんどんと距離を取っていくばかり。 けれども当の本人は… 「悲しいけれど、過ぎればもう過去のことよ」 と、噂とは違いあっさりとした様子のイブリア。 それどころか自由を謳歌する彼女はとても楽しげな様子。 そんなイブリアの態度がルシアンは何故か気に入らない様子で… 更には婚約破棄されたイブリアの婚約者の座を狙う王太子の側近達。 「私をあんなにも嫌っていた、聖女様の取り巻き達が一体私に何の用事があって絡むの!?嫌がらせかしら……!」
24h.ポイント 184pt
小説 6,264 位 / 185,455件 恋愛 3,001 位 / 56,251件
文字数 123,350 最終更新日 2022.08.25 登録日 2022.06.25
恋愛 連載中 長編 R18
なんとなく、何をしても程々。 卒なくこなすがずば抜けない 柊木 奏向(ヒイラギ カナタ) 裕福ではなかったが、両親から愛情をたっぷり受けて育ったごく普通の女の子。 特別な事など、しいて言えばよく出来る妹が居たくらいだ。 いつしか大人になっても何も見出せずに、自信を失い臆病にばかりなって行く奏向は就職活動が上手くいかずに親にも言えず、夜の蝶となった。 自分の身を守る為に、三枚目に徹する毎日。 ブスやら、品がないやらと罵られ稼ぐお金。 けれども親に心配させたくない、妹と比較されたくない。 上手くいかない日常と、お酒、自己嫌悪にがんじがらめになった末に仕事帰り酔いを覚ましていると、足を絡ませて事故に遭ってしまう。 奏向が目を覚ますとそこは見た事もない建物、何処か日本風な日本ではない場所。 「なんだい?新入りかい?」 異世界!? 遊郭!? 咲くか散るか、咲かねば散るのみ…ならば咲かん。叶えて魅せます花魁道中。
24h.ポイント 35pt
小説 18,703 位 / 185,455件 恋愛 8,670 位 / 56,251件
文字数 21,794 最終更新日 2022.08.21 登録日 2021.11.24
恋愛 完結 長編 R15
ティアラ・ウィンザーは帝国屈指の大富豪ウィンザー伯爵家の令嬢であり、 若くして帝国一の大魔導師アシェル・ヴォルヴォアの婚約者である。 愛してやまない婚約者アシェルは端麗な容姿だけでなくその肩書きからも、とにかくモテる。 周りにはいつも美しい女性が居て…… 婚約者の筈が……世話係?雑用?お母さん? 帝国一の美形魔導師でありながら、帝国一の遊び人と称される彼との間に果たして愛はあるのだろうか? 「今回こそ別れてやるんだから」 もう何度誓っただろうこの言葉を掲げてティアラは今日も彼との恋のバトルを繰り広げる。
24h.ポイント 156pt
小説 7,055 位 / 185,455件 恋愛 3,435 位 / 56,251件
文字数 106,145 最終更新日 2022.06.17 登録日 2022.04.09
22 12