悪役皇女は二度目の人生死にたくない〜義弟と婚約者にはもう放っておいて欲しい〜



皇女シエラ・ヒペリュアンと皇太子ジェレミア・ヒペリュアンは血が繋がっていない。


シエラは前皇后の不貞によって出来た庶子であったが皇族の醜聞を隠すためにその事実は伏せられた。


元々身体が弱かった前皇后は、名目上の療養中に亡くなる。


現皇后と皇帝の間に生まれたのがジェレミアであった。


"容姿しか取り柄の無い頭の悪い皇女"だと言われ、皇后からは邪険にされる。



皇帝である父に頼んで婚約者となった初恋のリヒト・マッケンゼン公爵には相手にもされない日々。


そして日々違和感を感じるデジャブのような感覚…するとある時……




「私…知っているわ。これが前世というものかしら…、」




突然思い出した自らの未来の展開。



このままではジェレミアに利用され、彼が皇帝となった後、汚れた部分の全ての罪を着せられ処刑される。



「それまでに…家出資金を貯めるのよ!」



全てを思い出したシエラは死亡フラグを回避できるのか!?





「リヒト、婚約を解消しましょう。」





        「姉様は僕から逃げられない。」





(お願いだから皆もう放っておいて!)



24hポイント 2,059pt
小説 866 位 / 144,430件 恋愛 421 位 / 45,162件