『異世界に転移したら職業無職でした ~どうやら無職はチート職だったようです~』

「職業を一つだけ選べるが、人生の途中で職業を変えることはできない。」

「上位職には条件を満たすことで就くことができるが、転職することはできない。」

そんな世界に転移してしまった絶賛デスマーチ中のカナタ。

神様?から職業についての説明があったので、どんな職業がいいのかじっくり選んでいたら、しびれを切らした神様に無職にされてしまう。

無職はすべての職業のスキルを使用できるようになるチートのような職業だが・・・。

24h.ポイント 0pt
0
小説 187,402 位 / 187,402件 ファンタジー 42,879 位 / 42,879件

あなたにおすすめの小説

転生公女はバルコニー菜園に勤しむ

仲室日月奈
恋愛
作物が育たない貧乏小国の公女シャーリィは、流行病で生死をさまよった際に前世の記憶を思い出す。 もう少しでベランダで育てていたミニトマトが収穫できそうだったのに、新鮮な野菜がもう食べられない事実に愕然とするが、公女も観光ツアーで働かなければ生きていけない貧乏小国では弱音なんて吐いてられない。 海の大国から来た皇子様(長期滞在の上客)から資材提供されたり、空から獲物を狙われたり、前世の野望を叶えたりするお話。

【二章開始】『事務員はいらない』と実家からも騎士団からも追放された書記は『命名』で生み出した最強家族とのんびり暮らしたい

斑目 ごたく
ファンタジー
 「この騎士団に、事務員はいらない。ユーリ、お前はクビだ」リグリア王国最強の騎士団と呼ばれた黒葬騎士団。そこで自らのスキル「書記」を生かして事務仕事に勤しんでいたユーリは、そう言われ騎士団を追放される。  さらに彼は「四大貴族」と呼ばれるほどの名門貴族であった実家からも勘当されたのだった。  失意のまま乗合馬車に飛び乗ったユーリが辿り着いたのは、最果ての街キッパゲルラ。  彼はそこで自らのスキル「書記」を生かすことで、無自覚なまま成功を手にする。  そして彼のスキル「書記」には、新たな能力「命名」が目覚めていた。  彼はその能力「命名」で二人の獣耳美少女、「ネロ」と「プティ」を生み出す。  そして彼女達が見つけ出した伝説の聖剣「エクスカリバー」を「命名」したユーリはその三人の家族と共に賑やかに暮らしていく。    やがて事務員としての仕事欲しさから領主に雇われた彼は、大好きな事務仕事に全力に勤しんでいた。それがとんでもない騒動を巻き起こすとは知らずに。  これは事務仕事が大好きな余りそのチートスキルで無自覚に無双するユーリと、彼が生み出した最強の家族が世界を「書き換えて」いく物語。  火・木・土曜日20:10、定期更新中。  この作品は「小説家になろう」様にも投稿されています。

Crash!〜元魔王と元騎士の優雅なる?転生生活〜

天咲 琴葉
BL
魔王と相討ちになり、斃れた騎士ユージーン。 彼はその生前の功績から、国を守る女神の御元に招かれる。 そこで彼は、平和な異世界に転生する事を願うのだが、その異世界には『とある先客』が既にいる様で――?! これは、平和を求めた騎士が、新しい世界で大切なモノを取り戻すまでの日々の記録だ――。

『スキルの素』を3つ選べって言うけど、早いもの勝ちで余りモノしか残っていませんでした。※チートスキルを生み出してバカにした奴らを見返します

ヒゲ抜き地蔵
ファンタジー
【書籍化に伴う掲載終了について】詳しくは近況ボードをご参照下さい。 ある日、まったく知らない空間で目覚めた300人の集団は、「スキルの素を3つ選べ」と謎の声を聞いた。 制限時間は10分。まさかの早いもの勝ちだった。 「鑑定」、「合成」、「錬成」、「癒やし」 チートの匂いがするスキルの素は、あっという間に取られていった。 そんな中、どうしても『スキルの素』の違和感が気になるタクミは、あるアイデアに従って、時間ギリギリで余りモノの中からスキルの素を選んだ。 その後、異世界に転生したタクミは余りモノの『スキルの素』で、世界の法則を変えていく。 その大胆な発想に人々は驚嘆し、やがて彼は人間とエルフ、ドワーフと魔族の勢力図を変えていく。 この男がどんなスキルを使うのか。 ひとつだけ確かなことは、タクミが選択した『スキルの素』は世界を変えられる能力だったということだ。 ※【同時掲載】カクヨム様、小説家になろう様

令嬢たちの婚約破棄…談w

夜空のかけら
恋愛
俺は、王太子ではない王子。 でも、王国はもう終わりかもしれない。 短編集です。 お好きなお話をどうぞ。