【改稿版】十六夜はカクテルの香り

一之瀬潤 31歳。

潤は高名な投資家一族である一之瀬家の次期後継者だった。
そんな彼が8年ぶりにルクセンブルグから帰国した。
従妹・雫の入籍祝いをするからと呼び戻されたのだ。
だが、妹・明日香から急遽トルコから来客があったため一晩どこかで時間を潰してきてくれと言われる。
そんなとき、タイミングよく連絡をくれたは高校の先輩・雨水顕政。
潤は顕政に連れられて小さなバーに入る。
そこにいたのは初めて愛した人・望月真央だった。

お酒に弱い御曹司とそんな彼にカクテル言葉で思いを伝えようとするバーテンダーの彼女が織り成す恋物語

以前投稿していたもの改稿版になります
大筋は変わりませんが、加筆及び修正しております。
24hポイント 7pt
小説 16,802 位 / 59,303件 恋愛 5,632 位 / 14,309件