悪役令嬢ですが、勘違い聖女から王国を救うことになりました

 辺境伯爵家の長女、ダリア・ブラックウッドと国王の庶子、第二王子アレクシス・コンラッド・コヴィントンは十年前に婚約を結んでいる。

「泣き虫のアレクシス、貴方がなにを望んでいようとも私には関係はありません。貴方の望みを押し付けるような真似はしないでください」

「心のない女性と婚約をさせられた僕の不運を心の底から恨むよ。僕はお前になにも望まない、だから、お前も僕になにも望んでくれるなよ」

 そこには愛はない。恋もない。

 ダリアは泣けばなんとでもなると思っているアレクシスのことを嫌っていた。
 アレクシスは可愛げのないダリアのことを嫌っていた。

 それでも婚約は絶対だった。

「アレク様はあたしを愛してくださっているの! まあ、当たり前よね? 性格の悪い婚約者よりも可憐で愛らしい恋人を優先するのは男として当然のことだわ。あなただってそのくらいのことはわかるでしょ?」

 しかし、その大前提は危機に晒されてしまう。

 魔法学園の三年生となったアレクシスには二歳下の可愛い恋人ができた。溺愛する恋人は「聖女」の資格を与えられた子爵令嬢、ライラック・ロベリア。

 ライラックはアレクシスの恋人だった。
 しかし、ライラックの恋人はアレクシスだけではない。

 そのことを知った国王陛下はお怒りになった。その怒りは次から次へと飛び火し、収拾のつかないことになっていた。

 理不尽な三日間の謹慎処分を下されたダリアは故郷に戻る。

 そして、父親から告げられた「極秘任務」によりダリアの穏やかな日々は終わりを告げることになる。

 恋を知らない悪役令嬢は「極秘任務」を通じて、恋を知っていく。

※小説家になろうでも連載しています。
24hポイント 99pt
小説 11,069 位 / 140,737件 恋愛 5,445 位 / 43,636件