7
BL 連載中 長編 R18
ある日、ダニエル・ベッセルは激しい頭痛に襲われて落馬をしてしまう。そして、意識を失ったときに不思議な夢を見る。それは前世の記憶だった。 ダニエルは悪役令嬢の兄だった。 前世の記憶を手に入れたダニエルは最愛の妹と自分自身の断罪を回避する為には、ヒロインを避け続けなければならない。 しかし、それは簡単なことではなかった。 乙女ゲームの選択肢の中にBLが含まれていることをダニエルは知らない。そして、その対象はダニエルに迫っていた……! 騎士団長の息子である幼馴染はダニエルを逃がすつもりはない。 独占欲の強い攻略対象×破滅寸前の悪役令息。 二人の愛の前に立ち塞がる様々な障害を乗り越え、無事に卒業することができるのか。 幼馴染な二人は今日も言い争いを繰り広げながら、破滅の回避を目指す。 ※ムーンライトノベルズ(小説家になろう)でも投稿しています。また、外部投稿としてアルファポリスでも公開をしています。そちらの方が展開は早く進んでいます。 ※一部のキャラクターにガールズラブ要素を含みます。
24hポイント 1,534pt
小説 1,014 位 / 96,722件 BL 143 位 / 9,510件
文字数 158,337 最終更新日 2021.03.08 登録日 2021.01.01
恋愛 連載中 長編
「メイヴィス・エミリー・バックス公爵令嬢との婚約を破棄する!」 メイヴィス・エミリー・バックス公爵令嬢は婚約者から一方的に宣言をされた。心当たりはない。ただ、婚約者の腕に大切そうに抱き締められている少女の存在によるものだということは見てわかった。それが婚約破棄などという無作法な行いをさせているのならば、それは咎めるべき行為だろう。 メイヴィスは婚約破棄をされていながらも冷静だった。しかし、メイヴィスの態度が気に入らない婚約者によって、バレステロス監獄の地下牢へと入れられた彼女は冷静だった。いや、冷静すぎたのだろう。 メイヴィスは頭の良い公爵令嬢だった。 だからこそ、自分自身の投獄により家族の立場が危ぶまれることに気付いてしまった。 婚約破棄された公爵令嬢は自ら死を選ぶ。 しかし、その魂は再び「メイヴィス・エミリー・バックス」として生まれ変わるのだった。 メイヴィスは死を選んだことを後悔していなかった。しかし、同じことを繰り返すつもりはない。 婚約破棄をされて自ら死を選んだ公爵令嬢は、強かに生きる。 今度こそ幸せになりたい公爵令嬢は転生した世界で未来を切り開いていくことを決めるのだが、悲しいことに悪役令嬢である彼女は世界から愛されない運命だった。 転生したメイヴィスは知ってしまう。 メイヴィスの存在は王国の平和を壊しかねないものなのだということを。 ※小説家になろう、カクヨムにも掲載をしています。
24hポイント 63pt
小説 9,607 位 / 96,722件 恋愛 4,260 位 / 26,737件
文字数 119,661 最終更新日 2021.02.19 登録日 2021.01.27
絶望的な運命に立ち向かう転生者たち vs 手段を選ばない七人の英雄。 聖女の裏切りにより引き起こされた革命は百年の月日を得て力を得る。平和な日々は革命の前触れにすぎず、普通を愛する少女は革命の旗印になる。逃げることすらも許されない絶体絶命の危機、裏切りの数々、甘い誘惑の声、それらを乗り越えた先には平和が待っていると信じ、少女は今日も「聖女にはならない」と主張する。 帝国には革命の運命を与えられた転生者たちが目を覚ます。新しい技術と共に生み出された魔法と剣の融合、虐げられていた民衆の心は一つになりつつある。彼女たちが和解することは、不可能なところまできていた。 そのような不利な状況に陥っても英雄たちは正義の旗を掲げる。 化け物を殺すことができるのは化け物だけであると知っていたからこその余裕なのだろう。 正義と革命を掲げる転生者と悪であることを厭わない英雄。 裏切りと欲望、そして、千年前の狂気が混ざり合った革命は衝突を繰り返す。 勝利はどちらの手に渡るのか、それは、まだ誰も知らない。 「私は私よ。他の誰でもないわ! 聖女にはならないし、あんたたちの味方にもならない!! それでも、私の友人を殺したいって言うなら、この私が相手になってやるんだから!! 覚悟しなさい!」 震える身体を鼓舞して少女が立ち上がる時、革命の鐘が鳴る。 転生者は世界の危機に現れ、己の正義と世界の存続をかけて戦う運命を担っている。 帝国を革命の危機から守るのは七人の英雄、彼らはその身を賭して立ち塞がる。 かつての英雄だった七人の始祖は、革命を阻止する為ならば手段を選ばない。 英雄たちの胸に秘めるのは愛国心。そして、千年の歴史を紡いできた彼らは帝国の危機を許すことはない。 それぞれの想いがぶつかり合う時、帝国の歴史は大きく動いていく。 転生により狂わされていく少年少女たちは何を選ぶのだろうか。 なにもかも謎に包まれたまま、ガーナの人生は狂い始めていく。 帝国を守り続けていた英雄たちは正義か、悪か。 異質なまま存在をし続ける帝国には未来があるのか。それとも改革の波に飲まれていくのか。 すべては十六歳の少女の選択に委ねられている。 その裏では様々な陰謀が駆け巡り、英雄たちは己の正義を貫く。 ※小説家になろう、カクヨムにも投稿をしています。タイトルの文字制限を超えてしまう為、一部、省略をしてあります。
24hポイント 7pt
小説 23,663 位 / 96,722件 ファンタジー 5,031 位 / 26,160件
文字数 239,805 最終更新日 2021.02.14 登録日 2020.12.30
恋愛 連載中 長編
「メイヴィス・エミリー・バックス公爵令嬢との婚約を破棄する!」 メイヴィス・エミリー・バックス公爵令嬢は婚約者から一方的に宣言をされた。心当たりはない。ただ、婚約者の腕に大切そうに抱き締められている少女の存在によるものだということは見てわかった。それが婚約破棄などという無作法な行いをさせているのならば、それは咎めるべき行為だろう。 メイヴィスは婚約破棄をされていながらも冷静だった。しかし、メイヴィスの態度が気に入らない婚約者によって、バレステロス監獄の地下牢へと入れられた彼女は冷静だった。いや、冷静すぎたのだろう。 メイヴィスは頭の良い公爵令嬢だった。 だからこそ、自分自身の投獄により家族の立場が危ぶまれることに気付いてしまった。 婚約破棄された公爵令嬢は自ら死を選ぶ。 しかし、その魂は再び「メイヴィス・エミリー・バックス」として生まれ変わるのだった。 メイヴィスは死を選んだことを後悔していなかった。しかし、同じことを繰り返すつもりはない。 婚約破棄をされて自ら死を選んだ公爵令嬢は、強かに生きる。 今度こそ幸せになりたい公爵令嬢は転生した世界で未来を切り開いていくことを決めるのだが、悲しいことに悪役令嬢である彼女は世界から愛されない運命だった。 転生したメイヴィスは知ってしまう。 メイヴィスの存在は王国の平和を壊しかねないものなのだということを。 ※「カクヨム」「小説家になろう」にて二重投稿をしています。
24hポイント 1pt
小説 2,798 位 / 19,460件 恋愛 1,070 位 / 4,811件
登録日 2020.06.21
恋愛 連載中 長編
 これは「聖女」に現を抜かす婚約者を婚約破棄へと誘導する「悪役令嬢」の物語ーー。  辺境伯爵家の長女、ダリア・ブラックウッドと国王の庶子、第二王子アレクシス・コンラッド・コヴィントンは十年前に婚約を結んでいる。 「泣き虫のアレクシス、貴方がなにを望んでいようとも私には関係はありません。貴方の望みを押し付けるような真似はしないでください」 「心のない女性と婚約をさせられた僕の不運を心の底から恨むよ。僕はお前になにも望まない、だから、お前も僕になにも望んでくれるなよ」  そこには愛はない。恋もない。  ダリアは泣けばなんとでもなると思っているアレクシスのことを嫌っていた。  アレクシスは可愛げのないダリアのことを嫌っていた。  それでも婚約は絶対だった。 「アレク様はあたしを愛してくださっているの! まあ、当たり前よね? 性格の悪い婚約者よりも可憐で愛らしい恋人を優先するのは男として当然のことだわ。あなただってそのくらいのことはわかるでしょ?」  しかし、その大前提は危機に晒されてしまう。  魔法学園の三年生となったアレクシスには二歳下の可愛い恋人ができた。溺愛する恋人は「聖女」の資格を与えられた子爵令嬢、ライラック・ロベリア。  ライラックはアレクシスの恋人だった。  しかし、ライラックの恋人はアレクシスだけではない。  そのことを知った国王陛下はお怒りになった。その怒りは次から次へと飛び火し、収拾のつかないことになっていた。  理不尽な三日間の謹慎処分を下されたダリアは故郷に戻る。  そして、父親から告げられた「極秘任務」によりダリアの穏やかな日々は終わりを告げることになる。
24hポイント 2pt
小説 2,067 位 / 19,460件 恋愛 814 位 / 4,811件
登録日 2020.06.22
BL 連載中 長編 R18
ある日、ダニエル・ベッセルは激しい頭痛に襲われて落馬をしてしまう。そして、意識を失ったときに不思議な夢を見る。それは前世の記憶だった。 ダニエルは悪役令嬢の兄だった。 前世の記憶を手に入れたダニエルは最愛の妹と自分自身の断罪を回避する為には、ヒロインを避け続けなければならない。 しかし、それは簡単なことではなかった。 乙女ゲームの選択肢の中にBLが含まれていることをダニエルは知らない。そして、その対象はダニエルに迫っていた……! 騎士団長の息子である幼馴染はダニエルを逃がすつもりはない。 独占欲の強い攻略対象×破滅寸前の悪役令息。 二人の愛の前に立ち塞がる様々な障害を乗り越え、無事に卒業することができるのか。 幼馴染な二人は今日も言い争いを繰り広げながら、破滅の回避を目指す。 ※小説家になろうでも投稿しています。 ※一部のキャラクターにガールズラブ要素を含みます。
24hポイント 112pt
小説 117 位 / 19,460件 BL 9 位 / 913件
登録日 2020.09.14
恋愛 連載中 長編
「汚い手でアリアに触るな」 女公爵イザベラは異母妹の婚約者が命令をした従者の手を振り払った。周囲の驚きを隠せない顔に反応を示すこともせず、イザベラは「悪役令嬢」として婚約破棄を宣告されたばかりの異母妹を庇うように立ち塞がる。 異母妹、アリアが断罪をされるのは二度目だった。 同じ展開が引き起こされたことを知っているのはイザベラとアリアの婚約者の腕に抱かれている「聖女」エイダだけである。 前世とは異なる展開を迎えていることに聖女は戸惑っていた。 聖女は同性であるイザベラのことを愛している。エイダにとっては全てが上手く回っていた一度目の人生を放棄してまでイザベラのことを手に入れたいと願っていた。 エイダの願いはただ一つ、イザベラが幸せになることだった。 「一緒に屋敷帰ろう」 しかし、イザベラは「ヒロイン」ではなく「悪役令嬢」を選んだ。 それは運命に抗うことだと自覚はしていなかっただろう。 攻略対象であるイザベラは運命に抗う。 それにより救われる者もいれば、苦しむ者もいるだろう。 イザベラは選択を迫られることになるだろう。 それでも、彼女は溺愛をする異母妹と共に生きる道を選んだ。 異母妹を溺愛する女公爵、イザベラ。 「悪役令嬢」の運命を背負った異母妹、アリア。 「ヒロイン」の運命が与えられた平民生まれの少女、エイダ。 そして、彼女たちを取り巻くのは様々な男性たち。 断罪の危機を乗り越えた先には、新たな危機が待ち構えていた。 ヒロインの暴走、悪役令嬢の本音、そして、女公爵には婚約話が持ち掛けられる。 翻弄されつつも繰り広げられるのは、三人の女性を中心に語られるのは二度目の物語。 ※「小説家になろう」「カクヨム」でも連載をしています。
24hポイント 9pt
小説 885 位 / 19,460件 恋愛 302 位 / 4,811件
登録日 2020.10.01
7