転生した異世界と日本が繋がってしまった

運命神の気まぐれによって異世界に転生して平穏な日常を送っていた俺だったが、変化のない俺の生活に飽きた運命神はある日突然異世界と日本を繋ぐ次元の扉を作ると言い出した。神のやることに文句などは言えるはずもなく、俺の転生した世界は日本と繋がってしまった。次元の扉は日本のおおよそ真ん中、かつて織田信長の居城であった岐阜城の天守閣にできたらしく当然誰の目にも止まらないということはなかった。異世界側の扉は迷惑なことに俺の部屋のクローゼットにできてしまった。俺の異世界生活はどうなってしまうのだろうか。
24hポイント 7pt
小説 20,866 位 / 86,666件 ファンタジー 4,757 位 / 24,797件