異世界ドッペルゲンガー

剣術に青春を捧げていた私は、ある日、道場の床に突如としてあいた穴に飲み込まれ、気付けば見知らぬ土地にいた。
手入れされた庭のようで、誰かの家なのかと彷徨うと、そこにはーーー私そっくりの、少女がいた。



※普段ファンタジーバトル物(?)を書いている作者なので、ちゃんと恋愛になるか謎ですが、どうぞ生暖かく見守ってください。愛ある感想等を頂けると恋愛感が増すかもしれません。←
24hポイント 0pt
小説 95,758 位 / 95,758件 恋愛 26,355 位 / 26,355件