歴史・時代 アイヌ小説一覧

カテゴリ 歴史・時代
タグ アイヌ×
4
弘化二年 (1845年)、旧暦4月初旬。北西から吹き付ける冷たい風に真っ向抗うように、菅笠を盾にしながら海沿いを北に向かって黙々と進む一人の男がいた。場所は幕末の蝦夷地。松前から江差に辿り着き、さらに北に向かおうとした男が巻き込まれた事件とは――。 (なお、本作は史実を元にしたフィクションです。短編完結としますが、機会あれば続きを書きたいと思っております)
24hポイント 0pt
小説 124,447 位 / 124,447件 歴史・時代 1,408 位 / 1,408件
文字数 15,897 最終更新日 2019.05.15 登録日 2019.04.20
白村江の戦の記憶もまだ新しい頃、唐王朝の宮廷を日本から派遣された遣唐使が訪れた。 その中に、他の日本人と違う風体の者が混じっていた。 なお、本文中の新唐書の訳文は、菊池勇夫編「蝦夷島と北方世界」のものを引用しています。
24hポイント 0pt
小説 124,447 位 / 124,447件 歴史・時代 1,408 位 / 1,408件
文字数 2,037 最終更新日 2021.04.01 登録日 2021.04.01
 大陸の大半をモンゴル帝国が支配し、そのモンゴル帝国が日本の南方である九州に襲来してきた時代、日本の北方に位置する蝦夷ヶ島——後に呼ばれる北海道の地にもモンゴルの手が迫っていた。  弱小御家人の十四男である撓気時光(たわけときみつ)は北条時宗の命を受け、北の大地に住まう民であるアイヌと共にモンゴル軍を迎え撃つ。兄弟が多すぎて相続する土地が無い時光は、勝利して恩賞を得られなければ未来がない。日本の未来のため、そして自らの未来のために時光は戦いに臨むのだった。  しかし、迫るモンゴル軍は、モンゴル人だけではなく、漢民族の将軍、ノヴゴロドの騎士、暗殺教団の生き残りなど多種多様であり、更には彼らを率いるプレスター・ジョンと呼ばれる存在があり、一筋縄で勝てる相手ではない。  強敵を打ち破り、時光は見事に自らの土地を獲得することが出来るのだろうか?
24hポイント 0pt
小説 124,447 位 / 124,447件 歴史・時代 1,408 位 / 1,408件
文字数 298,625 最終更新日 2020.08.11 登録日 2020.08.11
こちらも母が遺した小説の一つで、(アイヌの英雄、シャクシャインの激動の生涯を、石田三成の孫とも絡めて描いた長編時代小説です)とのことです。
24hポイント 0pt
小説 124,447 位 / 124,447件 歴史・時代 1,408 位 / 1,408件
文字数 129,213 最終更新日 2018.04.29 登録日 2018.04.20
4