近世ヨーロッパ小説一覧

タグ 近世ヨーロッパ×
6
西暦1907年ドイツ帝国の重鎮たる軍務大臣が、本格的なバレリーナ姿で変死するというとても悲しい事件が発生する。(一応史実)親衛隊の高官マインシュタイン中佐は、後輩で皇宮警察の幹部ヘップナー少佐のチームへ事件の調査を依頼する。 稀代の美貌を誇りながら女好きで人間のクズ・ヘップナーを筆頭に、彼の副官で実はポンコツ大公令嬢カルラ中尉、美少女の姿でありながら実は魔女のヘルミーナ中尉。そして人外でありながら、チームで一番まともな使い魔クラリッサ少尉らは、安定のヘッポコぶりを発揮して大ピンチの連続に……。 イギリスを代表するエージェント、更に大日本帝国の隠し玉・明石元二郎大佐、サイコパスメイドも登場して、誰が敵か味方なのか騙し合いの奇天烈ストーリーです。 ※毎週水曜日夜8時頃更新予定です。それ以外にも、出来る限り更新させて頂きます。
24hポイント 42pt
小説 10,419 位 / 87,156件 歴史・時代 99 位 / 1,068件
文字数 204,220 最終更新日 2020.09.27 登録日 2020.03.01
緩やかに終焉へと向かう、近世の大陸。 二百年前に起こった〈東からの災厄〉と呼ばれる壊滅的な戦災のあと、大陸を二分する〈教会〉と〈帝国〉の勢力争いは、激化の一途を辿っていた。 両国の対立が深まる中、〈教会〉は第六聖女たる少女セレンを軍の旗印とし、帝国領への〈第六聖女遠征〉を敢行。 対する〈帝国〉も、主戦派の皇帝グスタフ三世を筆頭に、それを迎え討つ。 雪荒ぶ北の〈帝国〉の地で、男たちはそれぞれの意志を胸に、戦場に臨む。 だが、銃火が支配する戦場は、もはや騎士を必要としてはいなかった。 交錯する男たちの意志も、やがて冬の色に消えゆく。 そして、〈教会〉の若き月盾の長と、〈帝国〉の騎士殺しの黒騎士、二人の騎士の邂逅は、騎士の時代の終わりを告げようとしていた。 *架空の世界を舞台としているため、異世界ファンタジーに分類していますが、魔法やモンスターは登場しません。人間同士の戦争です。
24hポイント 7pt
小説 20,025 位 / 87,156件 ファンタジー 4,494 位 / 24,898件
文字数 213,892 最終更新日 2020.11.30 登録日 2019.12.27
滅びゆく大陸の覇権を巡って対立を続ける〈帝国〉と〈教会〉の戦争は、開戦から十五年が経過していた。 戦争が終着点を見失う中、黒竜の遺児と呼ばれる〈帝国〉の若き女王クリスティーナ一世は、戦死した父帝の仇を討ち、大陸に平和を取り戻すという大義名分を掲げ南征を開始した。 一方、帝国軍の前に国家存亡の淵に立たされた〈教会〉は、一人の乙女を戦場に担ぎ出す。 彼女の名は第四聖女エル・ロートリンゲン。没落した大貴族の家から、半ば身売りされる形で〈教会七聖女〉の一人となった彼女もまた、大陸の真の平和を願い立ち上がる。 自らの理想を叶えるべく、貪欲に戦争を求め覇道を突き進む少女と、その戦争を阻止すべく、健気にも戦場に赴く少女。 彼女たちは戦い続ける。そこに愛すべき者たちの無数の死が積み重なると理解しながら。 戦火は際限なく広がっていく。やがて死が二人を別つまで……。 *架空の世界を舞台としているため異世界ファンタジーに分類していますが、魔法やモンスターは登場しません。あくまで人間同士の戦争です。
24hポイント 0pt
小説 87,156 位 / 87,156件 ファンタジー 24,898 位 / 24,898件
文字数 85,395 最終更新日 2020.02.11 登録日 2019.08.17
滅びゆく大陸の覇権を巡って対立を続ける〈帝国〉と〈教会〉の戦争は、開戦から十五年が経過していた。 戦争が終着点を見失う中、黒竜の遺児と呼ばれる〈帝国〉の若き女王クリスティーナ一世は、戦死した父帝の仇を討ち、大陸に平和を取り戻すという大義名分を掲げ立ち上がった。 自らの理想を叶えるべく、少女は貪欲に戦争を求め、覇道を突き進む。 そこに愛すべき者たちの無数の死が積み重なると理解しながら。 女王の愛人である近衛騎兵のペトリ・ニーゴルドは、自らの欲望に正直に生きるクリスティーナに振り回されながらも、共に戦場へと赴く。 貪欲なる黒竜の女王と、名ばかりの北風の騎士。戦火は際限なく広がっていく。やがて死が二人を別つまで……。 *架空の世界を舞台としているため異世界ファンタジーに分類していますが、魔法やモンスターは登場しません。あくまで人間同士の戦争です。
24hポイント 0pt
小説 87,156 位 / 87,156件 ファンタジー 24,898 位 / 24,898件
文字数 71,137 最終更新日 2019.08.06 登録日 2019.04.16
5
ファンタジー 完結 ショートショート R18
とある戦いに敗北したあと、生き残るためにあらゆるものを踏み台にして逃げ延びた騎士がいた。 彼の名はアンダース・ロートリンゲン。 月盾騎士団の軍旗の下、僅かに残る麾下の兵士たちを率いる月盾の長。 まだ年若い騎士は、軍の総司令官であった父の遺骸を捨て、騎士団長であった兄を裏切り、そして付いてきた仲間たちを薪のように火にくべ続ける。ただ己が生き残るために。 降り積もる雪の中、故郷に帰ろうと足掻く孤影は、その果てに何を思うのか。 *これは「最後の騎士 ~第六聖女遠征の果て~」の外伝になります。 https://www.alphapolis.co.jp/novel/61509528/57229848?preview=1
24hポイント 0pt
小説 87,156 位 / 87,156件 ファンタジー 24,898 位 / 24,898件
文字数 3,780 最終更新日 2019.03.10 登録日 2019.03.10
緩やかに終焉へと向かう、ある近世の大陸。 二百年前に起こった〈東からの災厄〉と呼ばれる壊滅的な人口減少のあと、大陸を二分する〈教会〉と〈帝国〉の勢力争いは激化の一途を辿っていた。 〈教会〉は帝国軍による蛮行〈血の礼拝日〉に対する報復として〈第六聖女遠征〉を敢行するも初戦で大敗。 敗走の最中、遠征に帯同する月盾騎士団の若き団長ミカエル・ロートリンゲンは、遠征軍の名を冠する少女、総帥たる第六聖女セレンを救出。 帝国軍の追手を退け、生き残りを賭けて教会領への帰還を図る。 一方、帝国軍第三軍団の騎兵隊長マクシミリアン・ストロムブラードは、精鋭部隊〈黒騎兵〉と友軍の〈馬賊〉を率いて、第六聖女セレンとミカエルら教会軍の敗残部隊を追撃する。 銃火が支配する戦場は、もはや騎士を必要としてはいなかった。 そして二人の騎士の邂逅は、騎士の時代の終わりを告げようとしていた。 *これは近世ヨーロッパで起きたドイツ三十年戦争をモチーフにした架空戦記になります。 架空の世界を舞台としているため異世界ファンタジーに分類していますが、魔法やモンスターは登場しません。あくまで人間同士の戦争です。
24hポイント 0pt
小説 87,156 位 / 87,156件 ファンタジー 24,898 位 / 24,898件
文字数 173,494 最終更新日 2019.03.10 登録日 2018.12.18
6