転生?転移?小説一覧

タグ 転生?転移?×
7
金剛刹那【こんごう せつな】が目を覚ますとそこは見たことない異世界だった。本来なら取り乱しておかしくない状況。だが彼は取り乱す所か目をキラキラと輝かせ冒険し始める。山を降りていく途中でナギという少女を助けた彼は彼女の住む村に案内された刹那は村長に《神様》認定されてしまい?!
24hポイント 106pt
小説 10,104 位 / 148,493件 ファンタジー 1,963 位 / 35,388件
文字数 6,018 最終更新日 2022.08.09 登録日 2022.08.09
2
青春 連載中 長編
虐待をし、気持ち悪いと罵声を浴びせ、男を家に連れ込む母、学校にも家にも居場所が無い愛美は、転生屋に遭遇する。 転生屋は金の無い愛美に対して塩対応だったが…。
24hポイント 28pt
小説 21,582 位 / 148,493件 青春 207 位 / 5,449件
文字数 29,394 最終更新日 2021.09.05 登録日 2021.08.12
気が付いたら目の前に鉄格子、何故か薄暗い牢屋の中だった。 異世界に来てしまった主人公が、使えるスキルは擬態という貧弱っぷり。 牢内の魔物に狙われながらも生き残ろうと苦戦している中、 牢内で出会う女性に恋をするのだが・・・ 他に恋愛系も投稿していますので宜しければそちらもどうぞ(; ・`д・´)/
24hポイント 0pt
小説 148,493 位 / 148,493件 ファンタジー 35,388 位 / 35,388件
文字数 160,250 最終更新日 2022.07.24 登録日 2021.02.06
4
BL 完結 長編 R15
気がついたら異世界にいた。 ここはどこか、どうやって来たか、何を考える暇もなく俺は麗しき銀色の猫と出会った。  「おいあんた死ぬぞ!」  「・・・え?」  「いいから走れ!死にたいならここじゃないどっかで死ね!」 いやいや口わっる。 日本からやってきた大学生×見た目は天使、口調は不良な銀色獣人の克服ばなし。 2021.5.18【完結しました】
24hポイント 0pt
小説 148,493 位 / 148,493件 BL 17,075 位 / 17,075件
文字数 49,179 最終更新日 2021.05.18 登録日 2020.07.13
5
恋愛 連載中 長編
ストックが尽きたら超不定期更新です!! 今は話を投稿していません。 *** 妹を助けるためなら命だってかけられる。 私はどんなに傷ついたって、苦しんだっていい。妹を、家族を助けれるなら私はなんだって出来る。 それでも、他の誰かに傷ついてほしくないから。私の目の前で苦しんでほしくないから。これは偽善だ、自己満足だ。自己犠牲なんて誰も喜ばないなんて事は分かってる。でも、もう私は止まれない。 ーーーだから、ボクは敵になろう。悪役になりきってみせよう。それが、ボクに出来る唯一の事だ。
24hポイント 0pt
小説 148,493 位 / 148,493件 恋愛 46,801 位 / 46,801件
文字数 24,448 最終更新日 2020.06.07 登録日 2020.04.15
 ごくごく普通の高校生である榊原創志は、学校に向かっている途中、トラックにひかれそうになっている子供を助け、そのままトラックにひかれ…………  目が覚めたら何も無い草原にいた。
24hポイント 0pt
小説 148,493 位 / 148,493件 ファンタジー 35,388 位 / 35,388件
文字数 26,083 最終更新日 2019.11.15 登録日 2019.11.02
『君は、この世界に退屈してはいないかい?』『平和な日々が続くと、ちょっとした刺激が欲しくなるだろう』『そんな君に特別サービス!!』『異世界に行く権利を上げよう』『君が了承すれば、君は、次の瞬間異世界に飛ばされる』『もちろん、すぐに死ぬことがないように』『ちょっとした、贈り物を上げるよ』『なに、心配はいらない』『君は、君の好きに生きればいいんだ』『簡単だろう?』『さあ、選びたまえ』『平和で退屈な日常か』『それとも、刺激的で少し危険な日常か』『YES or NO』 私、篠原優雨は、ゲームのキャラ制作中にそんな表示を見つけて『YES』を押したら、神様のもとへ飛ばされました。超絶美形な神様は私にこう言いました・・・・・・「君には、僕が作った世界に来てもらいたいんだ」と。  神様からチート能力をもらって転送された先は、『死の森』なんて呼ばれている危険な森で!! 危険生物に食われそうになっていたところを、間一髪、美人なお姉さんに助けてもらいました。  私はこの世界でユージェスとして、美人なお姉さんに師匠になってもらったり、この世界のことをいろいろ学んだり、修行をしたりと割と平和に過ごしていたんだけど・・・・・・そんな平和な日々は突然崩れてしまった・・・・・・。  師匠を亡き者にした国を壊す。師匠を殺したやつに復讐する。  そう決めた私は死の森の奥深くへと入った。  そして5年後・・・・・・死の森の化け物は、紅月を背負って現れた。  これは、復讐のために化け物になった少女が断罪者となり、人々を救うお話。 ※R15は保険です。誤字脱字等ございましたらご報告ください。☆が付いているものには挿絵があります。
24hポイント 0pt
小説 148,493 位 / 148,493件 ファンタジー 35,388 位 / 35,388件
文字数 58,713 最終更新日 2020.07.04 登録日 2019.10.18
7