上下左右

上下左右

ラノベ作家。女性向けも書きます。【☆お気に入りに追加】しておくと、新作通知が届くそうですよ!書籍化実績『卑怯者だと勇者パーティを追放されたので働くことを止めました』『実力隠した最弱商人の成り上がり』
19
恋愛 連載中 長編
宝石鑑定士として働く私には、母親の決めた婚約者がいた。 荷物持ちや支払いを強要してくる最低の男だったが、地味な自分には他に相手がいないからと、その婚約を受け入れていた。 ある日、実家に帰ると、妹が私の婚約者と浮気をして妊娠していた。 さらに「浮気して、何が悪い?」と開き直り、母も「お姉ちゃんなんだから、妹の浮気くらい我慢しなさい」と理不尽なことを要求する始末。 さらに婚約者の借金まで押し付けられそうになった私は、家族と縁を切って、一人で生きていくことを決意する。金蔓を失った家族は、抱えた莫大な借金に絶望する。一方で、私は後宮の宮女として輝かしい人生を歩んでいくのだった。
24h.ポイント 4,474pt
小説 346 位 / 183,823件 恋愛 177 位 / 55,990件
文字数 91,930 最終更新日 2024.04.24 登録日 2024.03.13
恋愛 連載中 長編
「メアリー、用済みとなった貴様との婚約を破棄する」  魔物の被害に苦しんでいた公爵家は、問題解決のため、優秀な魔術師であるメアリーとの婚約を果たしたにも関わらず、魔物問題が解決した途端に婚約破棄を宣言する。  道理に反した行いに呆れたメアリーだが、あっさりと婚約破棄を受け入れ、実家である辺境領へと帰還する。  彼女がすんなりと婚約破棄を受け入れたのには理由があった。メアリーは他人の生命力を視認できるため、残りの寿命を知ることができたのだ。  婚約者の寿命は残り三ヶ月。彼に別れを告げ、実家に帰った彼女は、幼馴染である隣国の王子から熱烈なアプローチを受けるのだった。  一方、公爵は寿命が近づくに連れて、周囲の人たちから見放されていく。孤独に暮らすようになった彼は、メアリーとの婚約破棄を後悔するのだった。  本作品は婚約破棄された令嬢が辺境領に戻り、ハッピーエンドを迎えるまでの物語である。
24h.ポイント 269pt
小説 4,342 位 / 183,823件 恋愛 2,004 位 / 55,990件
文字数 73,084 最終更新日 2024.03.13 登録日 2024.02.10
恋愛 連載中 長編
「真実の愛に目覚めたから婚約を破棄してほしい」  伯爵令嬢のエリスは、婚約者のケビンから婚約破棄を言い渡される。彼は双子の妹のミリアと浮気していたのである。  さらに領主である父も、エリスの魔力がゼロであることを理由に婚約破棄を認める。  絶望するエリスに追い打ちをかけるように、父からアルフレッド公爵に嫁ぐようにとの命令が下る。  公爵は呪いに侵されており、かつては王国の宝と称された美しい顔が醜く変貌していた。そのため公爵であるにも関わらず、結婚相手に困っていたのだ。  エリスは二度の婚約破棄を経て、男の価値が顔ではなく、内面にあると知っていた。幸せにしてくれるならと縁談を受け入れた彼女は、嫁いだ先で歓待を受け、公爵家の家族の一員として愛されていくのだった。  本作は魔力ゼロの欠陥品と婚約破棄された伯爵令嬢が、聖女としての力に目覚め、呪いを解消することで公爵から溺愛される物語と、婚約を破棄して彼女を追い出した実家を後悔させるざまぁの物語を組み合わせた、ハッピーエンドのラブストーリーである。
24h.ポイント 262pt
小説 4,443 位 / 183,823件 恋愛 2,043 位 / 55,990件
文字数 95,543 最終更新日 2024.02.23 登録日 2023.10.18
恋愛 連載中 長編
 主人公のアリアは、長時間労働を強いられたことで、目の下に隈ができ、不気味な雰囲気のせいで黒の聖女と馬鹿にされてきた。そんな彼女に婚約者の公爵が婚約破棄を叩きつける。  さらに公爵は、アリアの双子の妹のフローラと婚約し、聖女の仕事も彼女に任せると続ける。  休暇を欲していたアリアは、婚約破棄を承諾。すべての仕事を妹に任せ、王宮を追放される運びとなった。  他国で美味しい食事や観光を満喫しながら、その国の皇子たちと仲良くなっていく。新天地で聖女として活躍するアリアは、頑張りを周囲から評価され、自由なスローライフを謳歌するのだった。  一方、フローラは過酷な職場環境に根を上げる。聖女の役目を担う者がいなくなり、婚約を破棄した公爵も国王から責任を追求されるのであった。  公爵はアリアを王国に連れ戻そうと画策するが、既に他国で幸せを掴み取っている彼女が戻るはずもなかった。  本作品はブラックな職場で評価されなかった聖女が、回復と召喚獣の力で新天地で活躍し、周囲から認められることで幸福を手にするハッピーエンドの物語である。
24h.ポイント 127pt
小説 7,814 位 / 183,823件 恋愛 3,576 位 / 55,990件
文字数 126,543 最終更新日 2023.11.07 登録日 2023.09.16
恋愛 完結 ショートショート
 聖女クレアは泣きボクロのせいで、婚約者の公爵から醜女扱いされていた。だが彼女には唯一の心の支えがいた。愛犬のハクである。  だがある日、ハクが公爵に殺されてしまう。そんな彼女に追い打ちをかけるように、「醜い貴様との婚約を破棄する」と宣言され、新しい婚約者としてサーシャを紹介される。  サーシャはクレアと同じく異世界からの転生者で、この世界が乙女ゲームだと知っていた。ゲームの知識を利用して、悪役令嬢となるはずだったクレアから聖女の立場を奪いに来たのである。  絶望するクレアだったが、彼女の前にハクの生まれ変わりを名乗る他国の王子が現れる。そこからハクに溺愛される日々を過ごすのだった。  一方、クレアを失った王国は結界の力を失い、魔物の被害にあう。その責任を追求され、公爵はクレアを失ったことを後悔するのだった。  本物語は、不幸な聖女が、前世の知識で逆転劇を果たし、モフモフ王子から溺愛されながらハッピーエンドを迎えるまでの物語である。
24h.ポイント 134pt
小説 7,575 位 / 183,823件 恋愛 3,444 位 / 55,990件
文字数 6,253 最終更新日 2023.09.27 登録日 2023.09.27
恋愛 連載中 長編
 クレアの婚約者であるルインは、彼女の妹と不自然なほどに仲が良かった。  疑いを持ったクレアが彼の部屋を訪れると、二人の逢瀬の現場を目撃する。だが彼は「平民の血を引く貴様のことが嫌いだった!」と居直った上に、婚約の破棄を宣言する。  絶望するクレアに、救いの手を差し伸べたのは、ギルフォード公爵だった。彼はクレアを溺愛しており、不義理を働いたルインを許せないと報復を誓う。  一方のルインは、後に彼女が王族だと知る。妹を捨ててでも、なんとか復縁しようと縋るが、後悔してももう遅い。クレアはその要求を冷たく跳ねのけるのだった。  本物語は平民の子だと誤解されて婚約破棄された令嬢が、公爵に溺愛され、幸せになるまでのハッピーエンドの物語である
24h.ポイント 28pt
小説 20,683 位 / 183,823件 恋愛 9,177 位 / 55,990件
文字数 39,994 最終更新日 2023.09.27 登録日 2023.05.13
「過去のことは水に流して王子と結婚して欲しい!」  頭を下げてきたのは、幼少の頃にマリアを冷遇してきた父親だった。彼は平民の血を引く彼女を虐め、使用人以下の生活を強いてきた恨みの対象だった。  苦しい過去を持つマリアだが、義理の妹であるサーシャは父親から溺愛されていた。貴族の令嬢に相応しい教育を与えられ、幸せな人生を満喫していたのだ。  そんなある日、聖女の適正を持つかどうかの鑑定が行われる。結果、サーシャには聖女の適性がなかったが、マリアは適正持ちだと判明する。  その結果に腹を立てた父親は、マリアの鑑定結果を改ざんし、二人の結果を入れ替える。しかしマリアの聖女としての力は隠し切ることができず、成長と共に頭角を現すのだった。  本物語は最高権力者である大聖女に就任したマリアが、冷遇してきた家族を見返し、自らの手でハッピーエンドを掴み取るまでの物語である。
24h.ポイント 35pt
小説 18,331 位 / 183,823件 恋愛 8,148 位 / 55,990件
文字数 102,624 最終更新日 2022.12.25 登録日 2022.11.06
『太った貴様を愛することはできない! 婚約を破棄させてもらう!』  隣国の姫が太ったからと婚約破棄された知らせを聞き、第二王女のリーシャは焦りを覚える。彼女は絶世の美女として有名だったが、婚約してから美味しい食事を堪能し、太ってしまったのだ。  一方、リーシャの婚約者であるケイネスは、その見目麗しい容貌から、王国中の女性たちを虜にしていた。彼は彼女の事を溺愛してくれていたが、いつか捨てられるのではと不安に感じてしまう。  このままでは彼の隣に立つ資格はないと、リーシャはダイエットを決意する。だが彼女は知らなかった。太ってしまった原因は友人のアンが裏で暗躍していたからだと。  この物語はリーシャがケイネスと共にハッピーエンドを迎えるまでの物語である。
24h.ポイント 35pt
小説 18,331 位 / 183,823件 恋愛 8,148 位 / 55,990件
文字数 8,653 最終更新日 2022.05.04 登録日 2022.05.04
 聖女を輩出する家系の長女として生まれたマリア。両親から期待されていた彼女だが、外れだと馬鹿にされる闇属性の適正だと分かり、家族から嫌われてしまう  使用人以下の生活を強いられる一方、最強の光属性の適性を持つ妹は、両親から溺愛されているのをいいことに、姉であるマリアを虐め始めた。  このままではマズイと感じたマリアは家を捨てることを決心し、国内のエリートが集まる王立魔法学園を受験する。  入学試験の中で闇の聖女だと馬鹿にされていたマリアの真の力が明らかになっていく。この物語は不幸のどん底にいた彼女が価値を認められ、ハッピーエンドを迎えるまでのお話である。
24h.ポイント 49pt
小説 14,736 位 / 183,823件 恋愛 6,749 位 / 55,990件
文字数 31,266 最終更新日 2022.03.07 登録日 2022.02.26
「お前のようなブスとは一緒にいられない」 聖女のマリアは、王子に尽くしてきたにも関わらず、醜いという理由で婚約破棄を言い渡されてしまう。 しかも妹が現れ、王子の次の婚約者だと名乗りをあげる。 さらに二人はマリアの暗殺を企てるが、聖女である彼女は死に際に『転生魔法』を発動させ、 周囲を巻き込んで、未来の世界へと転移する。 転生先の未来では、前世とは違い、優しい家族に囲まれていた。 醜いからと迫害されることもなく、前世で得た魔法の知識と、聖女としての癒しの力で周囲から認められていく。 一方、巻き込まれて転生した王子は、権力を失い、絶望の中でマリアに救いを求めるのだった。 本作はブスだからと裏切られた聖女が、田舎でスローライフを過ごしながら、幸せを迎えるまでの ハッピーエンドの物語である。
24h.ポイント 7pt
小説 35,276 位 / 183,823件 恋愛 15,581 位 / 55,990件
文字数 18,669 最終更新日 2021.10.31 登録日 2021.10.30
「回復魔術師のくせに、かすり傷さえ治せないのかよ!!」 アトラスは世界でも珍しい癒しの力を持ちながらも、学園の仲間たちから無能だと馬鹿にされていた。そんなある日、学園の仲間たちと共に探索していたダンジョンでドラゴンに襲われ、囮として使い捨てられてしまう。 裏切りによって死を経験したアトラスは、自分の回復魔術がかすり傷さえ治せないのではなく《死んだことさえカスリ傷》に変えられる力だったのだと気づく。 不死の力を手に入れたアトラスは、ダンジョン内で魔物たちと戦いながら成長していく。現れる強敵を倒している内に、いつしか彼は最強の回復魔術師へと成長していた。 一方、アトラスを裏切った仲間は、学友を囮に使った卑怯者のレッテルを張られ、評判がガタ落ちになっていた。さらに一部の生徒は手の平を返して、最強魔術師である彼を仲間に取り込もうと暗躍する。 本物語は裏切られた最弱回復魔術師が実は最強だったと気づき、自分の価値を認めてくれる仲間たちの元で幸せに暮らすまでの物語を描いた英雄譚である。
24h.ポイント 14pt
小説 28,902 位 / 183,823件 ファンタジー 4,196 位 / 42,181件
文字数 109,865 最終更新日 2021.09.27 登録日 2021.08.28
 婚約者の王子は伝染病に感染し、王宮で孤独に生きてきた。そんな彼の唯一の支えが婚約者であり、聖女でもあるマリアだった。  マリアは人生を犠牲にしてでも、王子の傍に居続けた。感染を恐れた友人や家族から縁を切られたが、それでも大切な王子のために看病を続けたのだ。  その結果、王子は病から回復する。容姿も権力も財力もすべてが完璧な王子は、再び、王国の宝と称されるようになった。だが彼は長年尽くしてきたマリアに告げる。 「君との婚約を解消させて欲しい!」  婚約破棄の原因は妹にあった。彼女が王子を略奪したのだ。  手切れ金を渡され、捨てられたマリアは、王宮にいたくないと走り出す。そんな時、階段から足を滑らせ、命を落としてしまった。そして目を覚ますと、身体が幼女の姿へと変化していた。彼女は王子の愛娘に転生していたのだった。  この物語は頑張り屋の聖女が価値を認められ、ハッピーエンドを迎えるまでのお話である。
24h.ポイント 14pt
小説 28,902 位 / 183,823件 恋愛 12,519 位 / 55,990件
文字数 7,498 最終更新日 2021.07.07 登録日 2021.07.06
恋愛 連載中 短編
 隠居した大聖女のロゼは、地味だが優しい宮廷魔術師のエリスと王子の恋を応援していた。しかし彼はエリスを「地味だから王宮から追放する」と恋人関係の破棄を要求する。  さらに王子は新たな恋人を紹介する。その人物とは同じ宮廷魔術師のノエルだった。魔法も容姿も派手なノエルに敵うはずがないと、エリスは絶望する。  だがそんな彼女を救うために、ロゼは怒りを示す。そしてエリスを弟子に取ると宣言し、優男のクラウスと協力しながら、地味な外見を変身させていくのだった。  この物語は地味だからと裏切られた宮廷魔術師が、美しく変わり、最後には優男のクラウスと共にハッピーエンドを迎えるまでの物語である。
24h.ポイント 7pt
小説 35,276 位 / 183,823件 恋愛 15,581 位 / 55,990件
文字数 8,571 最終更新日 2021.05.07 登録日 2021.05.06
恋愛 完結 ショートショート
「毒を飲ませるような悪女とは一緒にいられない。婚約を破棄させてもらう!」 公爵令嬢のマリアは薬を煎じるのが趣味だった。王子のために薬を処方するが、彼はそれを毒殺しようとしたのだと疑いをかけ、一方的に婚約破棄を宣言する。 さらに王子は毒殺の危機から救ってくれた命の恩人として新たな婚約者を紹介する。その人物とはマリアの妹のメアリーであった。 糾弾され、マリアは絶望に泣き崩れる。そんな彼女を救うべく王国騎士団の団長が立ち上がった。彼女の無実を主張すると、王子から「ならば毒殺女と結婚してみろ」と挑発される。 団長は王子からの挑発を受け入れ、マリアとの婚約を宣言する。彼は長らくマリアに片思いしており、その提案は渡りに船だったのだ。 それから半年の時が過ぎ、王子はマリアから処方されていた薬の提供が止まったことが原因で、能力が低下し、容姿も豚のように醜くなってしまう。メアリーからも捨てられ、婚約破棄したことを後悔するのだった。 一方、マリアは団長に溺愛される毎日を過ごす。この物語は誠実に生きてきた薬師の公爵令嬢が価値を認められ、ハッピーエンドを迎えるまでのお話である。
24h.ポイント 42pt
小説 16,055 位 / 183,823件 恋愛 7,372 位 / 55,990件
文字数 5,262 最終更新日 2021.04.30 登録日 2021.04.30
「《旅行》スキルの無能は俺のパーティにいらねぇ……追放だ!」  ジンはユニークスキル《旅行》の力を持ちながらも、戦闘では役立たずな上に、ランダムで転移するため、勇者パーティの仲間たちから無能だと馬鹿にされていた。そんなある日、ゴブリンとの戦闘に敗れ、彼はパーティから追放されてしまう。  悔しさに絶望するジンだが、そんな彼の前にオークが姿を現す。強敵の出現に逃げるように《旅行》のスキルを発動させる。そして辿り着いたのは、魔王城が目と鼻の先にある終末の街だった。  そこではドラゴンさえ一撃で倒せるような最強武器が販売されていた。能力値を無視して、必殺の効果を発揮する武器を使い、ジンはレベルアップを果たす。  《旅行》のスキルは強化され、ランダムではなく、狙った場所に転移することが可能になる。始まりの街に戻ったジンは、最強武器と、レベルアップした能力で、追放した勇者パーティを見返す。  また終末の村からアイテムを持ち帰り、飢餓で苦しむ村に分け与える。勇者以上の人望を手に入れ、充実したスローライフを過ごすのだった。  本物語は無能だと馬鹿にされていた《旅行》スキルが実は有能だったと気づき、英雄として認められていく逆転の物語である。
24h.ポイント 0pt
小説 183,823 位 / 183,823件 ファンタジー 42,181 位 / 42,181件
文字数 34,553 最終更新日 2021.04.24 登録日 2021.04.07
 主人公の美冬は顔が整っているのにガサツな性格のせいで残念美人として扱われている大学生。周囲からも猿のようだと馬鹿にされていました。  しかし銀髪狐のあやかしに取り憑かれ、呪いのせいで周囲の人たちを魅了するようになります。手の平を返す周囲の人たちでしたが、過ぎた好意はトラブルの引き金となりました。  あやかしでないと起こせないような密室の謎と、それが原因で犯人扱いされる美冬。そんな彼女に手を差し伸べる美青年がいました。 「僕が君の無実を必ず証明してみせる」  名探偵の青年と共に、美冬は無実を証明するために謎へと立ち向かいます。  本物語はあやかし×恋愛×推理を掛け合わせたミステリー小説です!  ※※ カクヨムでも先行して連載中です ※※  ※※ https://kakuyomu.jp/works/1177354055250062013 ※※
24h.ポイント 0pt
小説 183,823 位 / 183,823件 キャラ文芸 4,376 位 / 4,376件
文字数 102,456 最終更新日 2021.02.18 登録日 2020.12.16
金融魔導士――銀行員とも称される彼らは、金を稼ぐことの専門家だった。 そんな銀行員から融資を受けて、冒険者たちがダンジョン攻略に励む世界で、 一際大きな力を持つ冒険団があった。女勇者の率いる【黄金の獅子団】である。 主人公は【黄金の獅子団】で勇者たちの手伝いをしていたが、 ある時、女勇者の裏切りにより時間の流れが停滞する空間へと封印されてしまう 主人公は無限に等しい時間を利用し、復讐を成し遂げるために金融魔導士へと転職する。 そして長い年月が過ぎ、最強の力を手に入れた彼は転生することで空間から脱出した。 しかし主人公にとって予想外の出来事が起きる。転生先は彼を裏切った女勇者の弟だったのだ。 子供の姿になった主人公は大貴族の四男坊として、地方の領主の座と、系列の地方銀行を任される 主人公は領地経営をしながら、地方銀行を経営し、スローライフを過ごす。 そして成果を挙げることで、女勇者への復讐を果たすのだった。
24h.ポイント 0pt
小説 183,823 位 / 183,823件 ファンタジー 42,181 位 / 42,181件
文字数 64,078 最終更新日 2020.11.28 登録日 2020.08.29
「無能な村人は俺たちのパーティにはいらねぇんだよ!」 パーティで無能扱いされていたアルクは、とうとう勇者に追放を告げられる。 実力不足を実感し、このままでは婚約者の聖女にも恥を掻かせてしまうと、 アルクは釣り合わないことを理由に婚約を破棄しようとする 。 しかし聖女は引き下がらなかった。 「釣り合わないのならアルクが最強になればいいのです!!」 聖女はアルクとの婚約を破棄されたくない一心で、追放者たちを見返してやろうと提案するのだった。 本作は一途な聖女と最強を目指す村人の二人が幸せになるまでの物語である。 三万文字くらいで完結します。サクッと読みたい人にオススメです!!
24h.ポイント 0pt
小説 183,823 位 / 183,823件 ファンタジー 42,181 位 / 42,181件
文字数 43,978 最終更新日 2020.07.12 登録日 2020.06.11
「クラリスよ。貴様のような嘘吐き聖女と結婚することはできない。婚約は破棄させてもらうぞ!」 男爵令嬢マリアの嘘により、第二王子ハラルドとの婚約を破棄された私! 正直者の聖女として生きてきたのに、こんな目に遭うなんて……嘘の恐ろしさを私は知るのでした。 絶望して涙を流す私の前に姿を現したのは第一王子ケインでした。彼は嘘吐き王子として悪名高い男でしたが、なぜだか私のことを溺愛していました。 そんな彼が私の婚約破棄を許せるはずもなく、ハラルドへの復讐を提案します。 「僕はいつだって君の味方だ。さぁ、嘘の力で復讐しよう!」 正直者は救われない。現実を知った聖女の進むべき道とは…… 本作は前編・後編の二部構成の小説になります。サクッと読み終わりたい方は是非読んでみてください!!
24h.ポイント 0pt
小説 183,823 位 / 183,823件 恋愛 55,990 位 / 55,990件
文字数 9,764 最終更新日 2020.06.06 登録日 2020.06.04
19