あやかし古書店の名探偵

 主人公の美冬は顔が整っているのにガサツな性格のせいで残念美人として扱われている大学生。周囲からも猿のようだと馬鹿にされていました。

 しかし銀髪狐のあやかしに取り憑かれ、呪いのせいで周囲の人たちを魅了するようになります。手の平を返す周囲の人たちでしたが、過ぎた好意はトラブルの引き金となりました。

 あやかしでないと起こせないような密室の謎と、それが原因で犯人扱いされる美冬。そんな彼女に手を差し伸べる美青年がいました。

「僕が君の無実を必ず証明してみせる」

 名探偵の青年と共に、美冬は無実を証明するために謎へと立ち向かいます。

 本物語はあやかし×恋愛×推理を掛け合わせたミステリー小説です!

 ※※ カクヨムでも先行して連載中です ※※
 ※※ https://kakuyomu.jp/works/1177354055250062013 ※※
24h.ポイント 0pt
0
小説 185,399 位 / 185,399件 キャラ文芸 4,356 位 / 4,356件