Hinaki

Hinaki

ポンコツ心臓抱えつつ社会復帰間近に迫っています。体調により毎日の難しいかも。しか~し努力は致しますね(o^―^o)ニコ
10
恋愛 連載中 短編 R15
ルガート王国の王太子ラファエルが15歳を迎えたとある日。 王都を離れ郊外へ視察に訪れている途中、襲撃を受けてしまった。 部下が身を挺して逃がしてくれたものの、途中でラファエル自身も兇者の手により矢を受け、薄れゆく意識の中で印象的だったのは紫の双眸だった。 目覚めるとラファエルがいたのは小さな小屋でマリア―ナと名乗る美しい紫色の瞳を持つ村娘に介抱をされていたらしい。 最初は警戒をしていたラファエルだったのだが、親身に世話をしてくれるマリアーナへ徐々に惹かれていく。 一週間もすればラファエルも動ける様になり、城へ戻る前マリアーナへ自身の身分を明かし、そして共にこれからを生きて欲しいと告白をする。 ラファエルの告白にマリア―ナは受け入れる。 そうしてこれから幸せになろうとするのだが……。 この作品は『忘れられた王妃様は真実の愛?いいえ幸せを探すのです』のスピンオフのお話になります。 王妃であるエヴァとの初顔合わせより七年も昔のお話です。 ルガート国王ラファエルの王太子時代、15歳の少年が体験する苦い、ややビター過ぎる初恋のお話となります。 設定は緩い?ちょっと切なく重めなお話です。
24h.ポイント 0pt
小説 184,872 位 / 184,872件 恋愛 56,184 位 / 56,184件
文字数 16,311 最終更新日 2023.11.19 登録日 2023.10.28
16歳の侯爵令嬢エルネスティーネには結婚目前に控えた婚約者がいる。 23歳の公爵家当主ジークヴァルト。 年上の婚約者には気付けば幼いエルネスティーネよりも年齢も近く、彼女よりも女性らしい色香を纏った女友達が常にジークヴァルトの傍にいた。 ただの女友達だと彼は言う。 だが偶然エルネスティーネは知ってしまった。 彼らが友人ではなく想い合う関係である事を……。 また政略目的で結ばれたエルネスティーネを疎ましく思っていると、ジークヴァルトは恋人へ告げていた。 エルネスティーネとジークヴァルトの婚姻は王命。 覆す事は出来ない。 溝が深まりつつも結婚二日前に侯爵邸へ呼び出されたエルネスティーネ。 そこで彼女は彼の私室……寝室より聞こえてくるのは悍ましい獣にも似た二人の声。 二人がいた場所は二日後には夫婦となるであろうエルネスティーネとジークヴァルトの為の寝室。 これ見よがしに少し開け放たれた扉より垣間見える寝台で絡み合う二人の姿と勝ち誇る彼女の艶笑。 エルネスティーネは限界だった。 一晩悩んだ結果彼女の選んだ道は翌日愛するジークヴァルトへ晴れやかな笑顔で挨拶すると共にバルコニーより身を投げる事。 初めて愛した男を憎らしく思う以上に彼を心から愛していた。 だから愛する男の前で死を選ぶ。 永遠に私を忘れないで、でも愛する貴方には幸せになって欲しい。 矛盾した想いを抱え彼女は今――――。 長い間スランプ状態でしたが自分の中の性と生、人間と神、ずっと前からもやもやしていたものが一応の答えを導き出し、この物語を始める事にしました。 センシティブな所へ触れるかもしれません。 これはあくまで私の考え、思想なのでそこの所はどうかご容赦して下さいませ。
24h.ポイント 198pt
小説 5,671 位 / 184,872件 ファンタジー 1,076 位 / 42,487件
文字数 228,793 最終更新日 2023.11.07 登録日 2023.08.31
敗戦国の王女エヴァは僅か8歳にして14歳年上のルガート王の許へと国を輿入れする。 だがそれはぶっちゃけ人質同然。 住まいも城内ではあるものの少し離れた寂れた離宮。 おまけに侍女 一人のみ。 離宮の入口には常に彼女達を監視する為衛兵が交代で見張っている。 おまけに夫となったルガート王には来国した際の一度切しか顔を合わせてはいない。 それから約十年……誰もが彼女達の存在を忘れていた? 王宮の情報通である侍女達の噂にも上らないくらいに……。 しかし彼女達は離宮で実にひっそりと、然も逞しく生きてきた。 何と王女は侍女と交代しながら生きぬく為に城下で昼間は働き、仕事のない時は主婦として離宮内を切り盛りしていたのである。 全ては彼女達が誰にも知られず無事この国から脱出し、第二の人生を謳歌する為。 だが王妃は知らない。 忘れられた様に思い込まされている隠された真実を……。 陰謀と執着に苛まれる王女の心と命を 護る為に仕組まれた『白い結婚』。 そしてまだ王女自身知らない隠された秘密が幾度も彼女を襲う。 果たして波乱万丈な王妃様は無事生き抜き真実の愛を見つけられるでしょうか。 因みに王妃様はかなり天然な性格です。 そしてお付きの侍女はかなりの脳筋です。 また主役はあくまで王妃様ですが、同時に腹心の侍女であるアナベルの幸せも極めていく予定……あくまで予定です。 脱線覚悟で進めていくラブファンタジーならぬラブコメ?脳筋万歳なお話になりそうです。 偶にシリアスやドロドロ、胸糞警報もありです。
24h.ポイント 21pt
小説 23,603 位 / 184,872件 ファンタジー 3,385 位 / 42,487件
文字数 223,678 最終更新日 2023.10.23 登録日 2022.08.31
16歳のエルネスティーネは婚約者の屋敷の前にいた。 いや、それ以前の記憶が酷く曖昧で、覚えているのは扉の前。 その日彼女は婚約者からの初めての呼び出しにより訪ねれば、婚約者の私室の奥の部屋より漏れ聞こえる不審な音と声。 無垢なエルネスティーネは婚約者の浮気を初めて知ってしまう。 浮気相手との行為を見てショックを受けるエルネスティーネ。 一晩考え抜いた出した彼女の答えは愛する者の前で死を選ぶ事。 花嫁衣装に身を包み、最高の笑顔を彼に贈ったと同時にバルコニーより身を投げた。 死んだ――――と思ったのだが目覚めて見れば身体は7歳のエルネスティーネのものだった。 アレは夢、それとも現実? 夢にしては余りにも生々しく、現実にしては何処かふわふわとした感じのする体験。 混乱したままのエルネスティーネに考える時間は与えて貰えないままに7歳の時間は動き出した。 これは時間の巻き戻り、それとも別の何かなのだろうか。 エルネスティーネは動く。 とりあえずは悲しい恋を回避する為に。 また新しい自分を見つける為に……。 『さようなら、どうぞお幸せに……』の改稿版です。 出来る限り分かり易くエルの世界を知って頂きたい為に執筆しました。 最終話は『さようなら……』と同じ時期に更新したいと思います。 そして設定はやはりゆるふわです。 どうぞ宜しくお願いします。
24h.ポイント 0pt
小説 184,872 位 / 184,872件 ファンタジー 42,487 位 / 42,487件
文字数 59,053 最終更新日 2023.09.02 登録日 2022.08.31
恋愛 連載中 短編
今から十八年前ある国に王子が誕生した。 国を守護する偉大な魔女より王子は贈り物を受け取っていく。 「美しさ」に「聡明さ」 次に現れたのは未だ国王へ劣情を抱く魔女アーシュラ。 彼女はこの場へ招かれてはいない。 突然現れ生まれたばかりの王子へ「破滅」を贈る。 悲嘆に暮れる国王夫妻。 そこへ最後の魔女クラリッサは王子へ「希望」を贈る。 十八年後王子は今婚約者へ高らかに婚約破棄を告げる。 破滅回避を願い幾つもの選択肢を与えられていたのにも拘らずだ。 謂れのない理由で婚約を破棄した公爵家の令嬢を貶める。 苦節十三年。 最悪なこの婚約を耐え忍んでいた公爵令嬢はブチギレた。 ご都合主義のゆるふわ設定です。 主にアリス視点で話が進みます。
24h.ポイント 7pt
小説 34,454 位 / 184,872件 恋愛 15,319 位 / 56,184件
文字数 16,242 最終更新日 2023.03.20 登録日 2023.01.31
恋愛 連載中 長編 R15
セシリアは45歳のバツイチでアラフィフ。 今から十年前に夫の浮気とその家族からのモラハラに耐え兼ね爆発した結果離婚となった。 セシリア自身この世界でも数少ない聖属性の魔法を有しており、離婚直後より腕利きのヒーラーとして自立していた。 ある日友人である王妃の招待を受け舞踏会へ参加する。 ほろ酔いと満腹になったお腹を抱え中庭へと歩いていく。 途中一人の体調不良の男性がいた。 セシリアは親切心で声をかけ治療を――――からの記憶が途絶えてしまう。 差し込む光で目覚めたセシリアとセシリアの隣で男性が眠っていた。 勿論お互い全裸である。 これが朝チュンと言うヤツかーい⁉ 心の中で盛大に突っ込みはするけれどもセシリアは完全にパニックに陥っていた。 相手の顔や素性なんて知る余裕は何処にもない。 これから先の人生お一人様を押下すると決めた時から男性と必要以上な接触は全て絶っていた。 脱ぎ捨てられたドレスや下着を拾いつつ素早くそれを身に付ければだ。 彼女は気づかれない様に姿を消した。 ゆるふわ設定です。 どうか温かいお気持ちで読んで下さい(o^―^o)ニコ
24h.ポイント 7pt
小説 34,454 位 / 184,872件 恋愛 15,319 位 / 56,184件
文字数 4,989 最終更新日 2023.02.06 登録日 2023.01.31
恋愛 連載中 短編
王女アンジェリカは15歳にして突如両親を事故で喪ってしまう。 悲しみくれる彼女の傍らには幼い頃より何時も愛しんでくれた兄がいた。 美しく聡明な兄よりアンジェリカは心を落ち着かせるものだと勧められたのは果実水。 毎晩寝る前に飲む様に……と。 何の疑いもなくそれを飲み眠ればだ。 翌日身体に何とも形容しがたい違和感が? それ以降訳も分からないまま身体の調子が優れない。 暫くした頃領地へ帰っていた乳母のリザへその事を相談すればである。 『今晩はそれを飲まずに休みましょう』 アンジェはリザの言葉通り果実水を飲まずに眠りに就けば――――。 『白い結婚で離婚率が爆上がりだから10年の婚姻期間を置くってそれはちょっと酷くない?』のスピンオフです。 第二章として書いていたのですが少々思い入れが深まってしまい予想以上に話が長くなり、一旦切り離す事にしました。 基本R指定はしていません。 そうならない様に気を付けて書いております……心算です。(o^―^o)ニコ コメディーなしの純愛です。 あ、少しはコメあるかも……。💦💦
24h.ポイント 14pt
小説 28,138 位 / 184,872件 恋愛 12,184 位 / 56,184件
文字数 49,002 最終更新日 2021.11.24 登録日 2021.07.31
ファンタジー 連載中 長編 R15
「初めまして、私あなたの旦那様の子供を身籠りました」  華奢で可憐な若い女性が共もつけずに一人で訪れた。  彼女の名はサブリーナ。  エアルドレッド帝国四公の一角でもある由緒正しいプレイステッド公爵夫人ヴィヴィアンは余りの事に瞠目してしまうのと同時に彼女の心の奥底で何時かは……と覚悟をしていたのだ。  そうヴィヴィアンの愛する夫は艶やかな漆黒の髪に皇族だけが持つ緋色の瞳をした帝国内でも上位に入るイケメンである。  然もである。  公爵は28歳で青年と大人の色香を併せ持つ何とも微妙なお年頃。    一方妻のヴィヴィアンは取り立てて美人でもなく寧ろ家庭的でぽっちゃりさんな12歳年上の姉さん女房。  趣味は社交ではなく高位貴族にはあるまじき的なお料理だったりする。  そして十人が十人共に声を大にして言うだろう。 「まだまだ若き公爵に相応しいのは結婚をして早五年ともなるのに子も授からぬ年増な妻よりも、若くて可憐で華奢な、何より公爵の子を身籠っているサブリーナこそが相応しい」と。  ある夜遅くに帰ってきた夫の――――と言うよりも最近の夫婦だからこそわかる彼を纏う空気の変化と首筋にある赤の刻印に気づいた妻は、暫くして決意の上行動を起こすのだった。  拗らせ妻と+ヤンデレストーカー気質の夫とのあるお話です。    
24h.ポイント 56pt
小説 13,079 位 / 184,872件 ファンタジー 1,961 位 / 42,487件
文字数 367,426 最終更新日 2021.10.16 登録日 2020.07.24
准看護師が正看護師を苛め支配する病院は確かに存在する。 そして人はそんな心算はないと言いつつ自覚があるのかそれとも無自覚なのだろうか。 悪意や苛めと言う行為を実に面白可笑しく愉しむ人種が存在する。 これは実際に京都の西にある病院の中で起こった現実。 人は一体どの様にして追い詰められれば自我が崩壊されていくのか。 壊れた心、眠れなくなってしまった日々の中で食事も出来ずにただただ泣いて『死にたい、ごめんなさい』と言葉として発する裏では『助かりたい!!』『助けて欲しい!!』と出口のない白い闇の中を、長い時間を掛けて彷徨う。 何もわからない状況下で初めて自分が鬱だと診断された時の安堵感。 そうしてこれからどう生きていけばいいのかわからない不安な日々。 家族と、自分自身とどう向き合えばわからない。 鬱はある日突然私の前へとその姿を現しました。 そしてこれは今より約八年前実際姫ゐな 雪乃である私の身の上に起こったリアルなお話です。 今でこそですが当時は現実と向き合えるようになるまで、とても長い年月がかかりました。 またこれは誰しも起こる得る可能性がある病なのです。 職場鬱は私の心だけでなく社会からも私個人と言う存在がある意味抹消されてしまったのです。 加害者となる者達や監督不行き届きであった病院の冷酷なまでの対応。 これが人の命を救う――――なんて信じられない現実なのです。 全ての病院がこうだとは言いませんし思いたくはありません。 でも実際に私の場合はそうだったのですから……。 当時鬱となった私には家族……実の母が誰よりもこんな私へ寄り添ってくれました。 とても大切な存在でしたが今年……1月20日の明け方に、三人の子供の見守る中安らかに旅立っていきました。 このお話を亡くなりし母へと捧げます。 そしてかなり内容は白衣の天使がいる職場にしてはかなりえぐいです。 胸糞警報発令です。 最後はじんわりです。 少し加筆修正しますね。
24h.ポイント 0pt
小説 184,872 位 / 184,872件 現代文学 7,883 位 / 7,883件
文字数 179,284 最終更新日 2021.08.18 登録日 2021.04.30
恋愛 完結 短編 R15
令嬢の名はエリザベス。 生まれた瞬間より両親達が創る公爵邸と言う名の箱庭の中で生きていた。 全てがその箱庭の中でなされ、そして彼女は箱庭より外へは出される事はなかった。 ただ一つ月に一度彼女を訪ねる5歳年上の少年を除いては……。 時は流れエリザベスが15歳の乙女へと成長し未来の王太子妃として半年後の結婚を控えたある日に彼女を包み込んでいた世界は崩壊していく。 ゆるふわ設定の短編です。 完結済みなので予約投稿しています。
24h.ポイント 14pt
小説 28,138 位 / 184,872件 恋愛 12,184 位 / 56,184件
文字数 56,663 最終更新日 2021.03.08 登録日 2021.02.17
10