旦那様、どうやら御子がお出来になられたようですのね ~アラフォー妻はヤンデレ夫から逃げられない⁉

「初めまして、私あなたの旦那様の子供を身籠りました」

 華奢で可憐な若い女性が共もつけずに一人で訪れた。

 彼女の名はサブリーナ。

 エアルドレッド帝国四公の一角でもある由緒正しいプレイステッド公爵夫人ヴィヴィアンは余りの事に瞠目してしまうのと同時に彼女の心の奥底で何時かは……と覚悟をしていたのだ。

 そうヴィヴィアンの愛する夫は艶やかな漆黒の髪に皇族だけが持つ緋色の瞳をした帝国内でも上位に入るイケメンである。

 然もである。
 公爵は28歳で青年と大人の色香を併せ持つ何とも微妙なお年頃。
 
 一方妻のヴィヴィアンは取り立てて美人でもなく寧ろ家庭的でぽっちゃりさんな12歳年上の姉さん女房。
 趣味は社交ではなく高位貴族にはあるまじき的なお料理だったりする。

 そして十人が十人共に声を大にして言うだろう。

「まだまだ若き公爵に相応しいのは結婚をして早五年ともなるのに子も授からぬ年増な妻よりも、若くて可憐で華奢な、何より公爵の子を身籠っているサブリーナこそが相応しい」と。

 ある夜遅くに帰ってきた夫の――――と言うよりも最近の夫婦だからこそわかる彼を纏う空気の変化と首筋にある赤の刻印に気づいた妻は、暫くして決意の上行動を起こすのだった。


 拗らせ妻と+ヤンデレストーカー気質の夫とのあるお話です。


 
 
24hポイント 113pt
小説 10,165 位 / 143,605件 ファンタジー 1,870 位 / 34,627件