2
|鳴島シイカは、高校二年生。 小さい頃から人との触れ合いが苦手だが、自分でもその理由が分からない。 シイカはある日、登校途中に寄った町で|御格子《みごうし》クツナという和服姿の青年と出会う。 彼はケガを負った小鳥の傷を「繭使い」によって治した。 そして、常人には見えないはずの繭使いを見ることのできるシイカに、クツナはある誘いを持ちかける。 クツナと共に繭使いとして働くことになったシイカだが、彼女には同時に、不可解な影が忍び寄ってきていた。 彼らを導く運命は、過去から連なり、やがて、今へと至る。
24hポイント 0pt
小説 95,892 位 / 95,892件 ライト文芸 3,933 位 / 3,933件
文字数 135,976 最終更新日 2020.05.23 登録日 2020.05.23
少し昔。 ある全寮制中学校のプールで、生徒であるキサラギ・サラの死体が見つかった。 彼女は自殺とみられたが、「僕」はその死の真相に迫るべく、二人の友人とともに事件を探る。 キサラギ・サラの恋人を怪しんだ「僕」だが……
24hポイント 0pt
小説 95,892 位 / 95,892件 キャラ文芸 2,722 位 / 2,722件
文字数 16,771 最終更新日 2019.12.13 登録日 2019.12.13
2