麻戸槊來

麻戸槊來

基本恋愛小説を投稿しており、『小説家になろう』様でもお世話になっております。 ハッピーエンド至上主義ですが、たまにダークな作品も書きます。よろしくお付き合い下さい。
17
血が、ごぽりと口からこぼれ出る。どうせ、ここに来てからずっと苦しみはあったけれど、あからさまにやってくる死の予感に、恐ろしくなる。 この世界で魔術は当たり前のように受け入れられているというのに、祈りや呪いを払う『魔術払い師』という職業は、理解されずに差別されている。払った後に体へ黒い痣が浮き出るのも理由の一つかもしれない。けれど、高尚なる信念をもって始めていない私には、なかなか痛いものがある。―――たった一人を守るために、私は戦い続けている。
24hポイント 28pt
小説 18,841 位 / 121,060件 恋愛 8,129 位 / 35,705件
文字数 11,203 最終更新日 2021.09.07 登録日 2021.09.07
時々……黄金の瞳に見つめられている夢を見る。 それは何年も変わることなく続く夢で、平凡な私にとって唯一と言っていい奇特な個所だった。―――そう思っていたのに。突然現れた不思議な生き物によって、私は心揺らがされ、人生を変えられることになった。まさか、真っ赤になった仏頂面を「可愛い」と思えるようになるとは、思いもしなかった。
24hポイント 7pt
小説 29,693 位 / 121,060件 ファンタジー 5,947 位 / 31,485件
文字数 9,770 最終更新日 2021.07.09 登録日 2021.07.09
偏屈な爺さんは、余分なことを口にするくせに大切なことはあまり語らない。それでいて、人の神経を逆なでするようなことを言う祖父との折り合いは悪く。いい年してお恥ずかしい話だが、俺は祖父を苦手として口論が絶えなかった。……けれどある日、意外な一面を見て歩み寄るということを覚えた。
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 現代文学 6,113 位 / 6,113件
文字数 5,296 最終更新日 2021.01.17 登録日 2021.01.17
そりゃあね。生まれた時からずっと一緒にいた妹にいきなり自分より先に恋人が出来て、全くやっかんでないと言ったら嘘になる。だが……それよりも心配なのは妹のことで、自分がしているのは兄として、そこまで間違った行いではないと思うのだ。だから、俺は今日も双子の妹に成りすまし、恋人である男に勝負を挑むのだ。
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 恋愛 35,705 位 / 35,705件
文字数 6,604 最終更新日 2020.10.16 登録日 2020.10.16
「君って、本当に気持ち悪いよね」口から出たそれは、少なくともこの状況で言うには余りに理不尽で不釣り合いな言葉だった。毒舌家なんて、俺を表すにはずいぶん可愛らしい言葉だと思う。 そして、口を開けば毒ばかりと称される俺を「好きだ」なんていうとぼけた彼女は、めっぽうお人好しでとろくさい女なのだ。そんな同級生が最近やけに構ってくるのには、「理由がない」だなんて言わせないから、さっさと白状した方が身のためだよ?
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 恋愛 35,705 位 / 35,705件
文字数 18,108 最終更新日 2020.07.07 登録日 2020.02.20
ーーー「君が好き」たった一言いえれば、こんな苦労はしない。 人の一生は動物のそれよりは長いですが、人生をせわしなく過ごす者のなかには頷かない人も多いでしょう。何かを成したいと思えば尚のこと。突然終わりを迎えたとしたら、何かに縋り付きたくなる気持ちも分かります。……ですが、やりかたは選ばなければなりません。いくら良心からの行動とはいえ、人に迷惑をかけてよいなんて訳がないでしょう。さぁ、これは様々な良心と複雑な恋心が絡み合った末のお話。
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 恋愛 35,705 位 / 35,705件
文字数 5,644 最終更新日 2020.07.03 登録日 2020.07.03
―――それは座っているだけでも、汗の滴り落ちるような夏日のこと。 子どもだと馬鹿にしていた女性の憂い顔に、ひとつ鳴った鼓動は気のせいではなく。一回り近く年の離れた彼女の問いにも、しどろもどろになる始末。「ねぇ、先生?」吐息まじりの言葉に、何を動揺することがあったのか。淡くも甘い過去は己をとらえ、所帯持ちとなった今でも思い出さずにはいられないあの時。
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 恋愛 35,705 位 / 35,705件
文字数 4,043 最終更新日 2020.05.01 登録日 2020.05.01
半世紀以上、使われることのなかった高い高い塔という牢獄の扉が開かれたのは、数年前のことだった。戦時中こそ他国から人質として攫ってきた王族を閉じ込めていたものだが、これは負の遺産として忘れ去られるはずだった。 そんな封印を解いたのはこの国の元王妃である女王で、驚くことに閉じ込められたのは……王の忘れ形見だ。後妻であった女王が愛を注げないのも無理からぬことかもしれないが、この状況はひどすぎる。誰も異議を唱えられないのならばと、最愛の人を助けるべく立ち上がる存在がいた。
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 恋愛 35,705 位 / 35,705件
文字数 4,428 最終更新日 2020.04.05 登録日 2020.04.05
庭があって、子どもの笑い声が響く一軒家。そんな我が家と家族たちは、私の自慢だった。―――すべてが変わる、あの時までは。過去の記憶にとらわれた彼女は、一人でこの家を守り続けて久しい。私が囚われているのは、プルメリアの香りと愛しきちいさな記憶たち。
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 現代文学 6,113 位 / 6,113件
文字数 4,316 最終更新日 2019.12.26 登録日 2019.12.26
人生、何が起こるかわからない。……むしろ、今この瞬間にすら自分では想像もつかないことが起こっているかもしれないのだ。これは、私が幼馴染の家で体験した、人生を左右する出来事が起きた時の話だ。確かに、重要な出来事こそ濃密で短く感じると聞いたことがあるけれど、いくらなんでも短すぎるだろうっ。
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 ファンタジー 31,485 位 / 31,485件
文字数 4,552 最終更新日 2019.12.10 登録日 2019.12.10
これまでに何度となく、世界で『勇者』と呼ばれる存在が現れては消えて行った。畑を荒らし、村や街を攻撃するドラゴンを倒すことは、王国の騎士たちにも難しく。ドラゴンが暴れるのに便乗して、好き勝手をくりかえす盗賊なども取り締まらなければいけない国には、さほど避ける人手もなかった。 そんななか腕自慢の者たちが、国の用意した報奨金目当てに、ぞくぞくとドラゴン退治へ旅立っていく。―――私はまさか、その中に自分の大事な人まで含まれることになるだなんて、想像もしていなかった。
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 恋愛 35,705 位 / 35,705件
文字数 4,543 最終更新日 2019.10.31 登録日 2019.10.31
私の妹である葵衣はとても可愛い。めちゃくちゃ可愛い。 それはごまかしようがない事実のはずなのに、それを聞いて何故か彼はいつも複雑そうな表情で笑うばかりだ。もちろん、まさか自分の恋人に妹を『そういう対象』としてみて欲しいなどとイカれた思考は持っていない。……そもそも、手を出そうものならば叩き潰す所存ですし? だから、ただ事実は事実として認めてほしいだけなのだけれど、どうも周囲の理解は得られない。そんな私の窺い知れない所で、彼が暗躍しているなんて思いもしていなかった。
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 恋愛 35,705 位 / 35,705件
文字数 6,288 最終更新日 2019.10.13 登録日 2019.10.13
わたくしの仕える屋敷の主は、とても几帳面且つ細かい……えぇ、それこそ殺意を覚えたことも一度や二度ではないというような、神経質な御方なのでございます。あまりの環境にキレて暴れたことも少なくはないわたくしですが、それはほら。 使用人に対する待遇の良さと、ここで培うことのできる基本的な能力の高さも魅力となり、それなりに楽しくやっております。目下の悩みと言えば、我が主の減量がうまくいかないということくらいでしょうか?そんなメイドと、主のお話でございます。
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 恋愛 35,705 位 / 35,705件
文字数 8,071 最終更新日 2019.10.05 登録日 2019.10.05
ある日、友人と一緒に学校から帰宅する途中、不思議な人に話しかけられた。見た目はスーツを着こなす格好いいサラリーマンなのだが、どうも隣にいる友人の様子がおかしい。……まぁ、話すうちにこの年上の男性もおかしいと気付いたのだが。そんな彼と私と、時々友人の、生涯をかけた戦いがここにはじまる。
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 恋愛 35,705 位 / 35,705件
文字数 6,792 最終更新日 2019.09.19 登録日 2019.09.19
ファンタジー 完結 ショートショート
私の家には、小人がいる。 背が低い人を馬鹿にしている訳でも、変わった名前の人でもない。あいつの全長は500ミリリットルのペットボトルくらいだが、生意気なことに、八頭身で目鼻立ちが整っている。 だが、一つ重要なことがある。私は、あの小人が嫌いなのだ。
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 ファンタジー 31,485 位 / 31,485件
文字数 3,050 最終更新日 2019.08.23 登録日 2019.08.23
いわれのない罪で牢に入れられた。一緒に旅をしていた獣人の男の子が心配だから、少しでも早く彼のもとに戻ってあげたい。彼が頼れるのは私だけなのだから。それが何故か私は、現在進行形で獣人の男性に抱きしめられています。―――いや、何でだ。年の差も種族の差ですらも乗り越えた愛?
24hポイント 0pt
小説 121,060 位 / 121,060件 恋愛 35,705 位 / 35,705件
文字数 5,065 最終更新日 2019.08.18 登録日 2019.08.18
コポコポという音が、静かなジャズを邪魔しない程度に奏でられている。 利益面からすれば不安になるが、姦しい声に煩わされることなく、コーヒーの香りを全身に染み渡らせる瞬間がたまらなく好きだ。これまでになく心地よく落ち着く瞬間は、たった一人の少女によって崩されることになった。
24hポイント 0pt
小説 20,155 位 / 20,155件 恋愛 4,810 位 / 4,810件
登録日 2021.05.13
17