麻戸槊來

麻戸槊來

基本恋愛小説を投稿しており、『小説家になろう』様でもお世話になっております。 ハッピーエンド至上主義ですが、たまにダークな作品も書きます。よろしくお付き合い下さい。
26 12
たいして名産物もなく、観光名所もないとある県で生まれた俺が唯一誇れるところと言えば、ちょっとかわいい幼馴染の存在だ。一時期疎遠になりかけたこともあったけれど、高校に進学してもふらりと俺の部屋に訪れては、漫画を選んで帰っていく。こんな関係はいつまで続くだろうと考えていた俺は、その後とんでもなく驚かされることになるとは思いもしなかった。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 恋愛 56,780 位 / 56,780件
文字数 4,927 最終更新日 2024.05.14 登録日 2024.05.14
鋭く頬を叩く音がして、ようやく何が起きたのか理解した。「―――主人のドレスを汚すなど新米でもしないことをして、恥を知りなさい」そう𠮟責されたのは、私を庇ってくれた彼だった。毒花である『クレマチスの姫』と噂される威圧的な伯爵令嬢と、少女の苦く散った初恋の話。
24h.ポイント 7pt
小説 34,885 位 / 187,383件 恋愛 15,337 位 / 56,780件
文字数 12,202 最終更新日 2023.10.16 登録日 2023.10.11
まだ花も恥じらう乙女だったころ、私は村の人から『歌うたいの巫女』なんて名前で呼ばれていた。故郷の村は自然豊かなことだけが誇りの場所で、まともな娯楽らしいものとも縁がない。そこで私の歌は重宝され、目を付けた村長にさまざまな制限をかけられるようになる。冠婚葬祭をはじめとした節目ではみんなのために歌をうたい、言われるがまま生きていた私に、とうとう山神様の元へ行くように命が下された。事実上の生贄と分かりつつも、なすすべのない私。最後に少しでも悪あがきをしようとしたところ、運命の出会いが訪れた。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 恋愛 56,780 位 / 56,780件
文字数 10,603 最終更新日 2023.02.19 登録日 2023.02.19
幼い頃から、双子の妹とずっと一緒にいた。 特別性格が似通っているわけではなかったけれど、王族という重圧も自由がきかない苛立ちも、すべてあの娘がいたからこそ耐えてこられた。 ……それなのに、『英雄』との結婚がすべてを狂わせていく。毒薬がゆっくりと溶け出すように、私たちの日々は浸食されていく。
24h.ポイント 7pt
小説 34,885 位 / 187,383件 恋愛 15,337 位 / 56,780件
文字数 12,407 最終更新日 2023.01.12 登録日 2023.01.12
馬の早駆けと、白い建物が自慢の街。港が近いし、近頃は隣国との関係も良好だから平和に過ごせるお勧めの場所。口さがない者などは、「面白みのない国だ」などと悪態着くけれど、そんな国の片隅で私は恋に落ちた。 馬より早く駆け抜けた鼓動は、騎士様にも止められない。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 恋愛 56,780 位 / 56,780件
文字数 6,840 最終更新日 2022.10.02 登録日 2022.10.02
恋愛 連載中 短編
これだけ言わせてほしいのだけれど、私はそれなりに優秀な魔術師だ。 高給取りだし、同期と比べても呑み込みが早いと褒められ続けてきた。……そう、とある後輩と魔術払い師の少女が現れるまでは。 今回のことは、「ただの出来心だったんです」そんな風に言うには、あまりに与えた影響が大きすぎた。反省しているかと言われたら、反省している。ただ言い訳させてもらえるなら、ストレスがたまっていたのだ。優秀過ぎる後輩に、冷静かつ淡白な同僚。これまで、それなりにできると自負していた私のプライドは、ズタボロに傷つけられた。これは、とある天才君たちのカップルに振り回された、悲しき魔術師の話。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 恋愛 56,780 位 / 56,780件
文字数 6,363 最終更新日 2022.07.22 登録日 2022.07.22
貴女には今後、精霊とかわした誓約を果たしていただきます―――。そんな言葉とともに受け入れられた男爵家は、一般人だと思っていた父親の実家でした。早くに父を亡くした私は、物心ついた頃からずっと母と二人きりで頑張ってきた。少し貧しいながら支えあって生きてきたのに、突然そんなことを言われて信じられる訳もなく。おとぎ話に出てくるような青年相手に戸惑い、日々は過ぎ去っていく。これは私が男爵家を継ぎ、再建するきっかけとなった出来事。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 ファンタジー 42,870 位 / 42,870件
文字数 6,717 最終更新日 2022.05.09 登録日 2022.05.09
1001年待ち続けたとされる狂犬の騎士と言えば、この国では知らない者はいない。 今よりも戦いが生活に近かった時代、周辺諸国にまで名をとどろかせていたとある騎士が居た。その騎士は真っ黒な髪と地獄の業火の様に紅い瞳を持っていたとされ、ひとたび剣を持つと易々と敵の首を飛ばしたという。「次は、後れを取ったりいたしません。必ず守り切ってお見せします」その言葉の真意とは―――。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 恋愛 56,780 位 / 56,780件
文字数 10,278 最終更新日 2022.01.26 登録日 2022.01.26
たとえば、お爺様のお若い頃ではまず考えられなかった、すみれの香水も今となっては物珍しいものではなくなった。お母様は「こんな高級品を持っているというだけで誇らしかったのに」とおっしゃるけれど、私のように平素から身にまとっている者は少ない。服装だってそうだ。一昔前までは手の届かなかった着物なんかも、めかしこむと言えば洋装と言われて久しい。自分の恋心を自覚すると、はたして自分は過去を愛おしんでいるのか、未来へ歩みを進めようとしているのか分からなくなる時がある。 すみれの爽やかな甘みのある香りに捕らわれた私は、一向に思いきれない気持ちのまま、想い人と向き合っていた。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 恋愛 56,780 位 / 56,780件
文字数 10,166 最終更新日 2021.10.31 登録日 2021.10.31
血が、ごぽりと口からこぼれ出る。どうせ、ここに来てからずっと苦しみはあったけれど、あからさまにやってくる死の予感に、恐ろしくなる。 この世界で魔術は当たり前のように受け入れられているというのに、祈りや呪いを払う『魔術払い師』という職業は、理解されずに差別されている。払った後に体へ黒い痣が浮き出るのも理由の一つかもしれない。けれど、高尚なる信念をもって始めていない私には、なかなか痛いものがある。―――たった一人を守るために、私は戦い続けている。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 恋愛 56,780 位 / 56,780件
文字数 11,222 最終更新日 2021.09.07 登録日 2021.09.07
時々……黄金の瞳に見つめられている夢を見る。 それは何年も変わることなく続く夢で、平凡な私にとって唯一と言っていい奇特な個所だった。―――そう思っていたのに。突然現れた不思議な生き物によって、私は心揺らがされ、人生を変えられることになった。まさか、真っ赤になった仏頂面を「可愛い」と思えるようになるとは、思いもしなかった。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 ファンタジー 42,870 位 / 42,870件
文字数 9,770 最終更新日 2021.07.09 登録日 2021.07.09
偏屈な爺さんは、余分なことを口にするくせに大切なことはあまり語らない。それでいて、人の神経を逆なでするようなことを言う祖父との折り合いは悪く。いい年してお恥ずかしい話だが、俺は祖父を苦手として口論が絶えなかった。……けれどある日、意外な一面を見て歩み寄るということを覚えた。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 現代文学 7,915 位 / 7,915件
文字数 5,296 最終更新日 2021.01.17 登録日 2021.01.17
そりゃあね。生まれた時からずっと一緒にいた妹にいきなり自分より先に恋人が出来て、全くやっかんでないと言ったら嘘になる。だが……それよりも心配なのは妹のことで、自分がしているのは兄として、そこまで間違った行いではないと思うのだ。だから、俺は今日も双子の妹に成りすまし、恋人である男に勝負を挑むのだ。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 恋愛 56,780 位 / 56,780件
文字数 6,604 最終更新日 2020.10.16 登録日 2020.10.16
「君って、本当に気持ち悪いよね」口から出たそれは、少なくともこの状況で言うには余りに理不尽で不釣り合いな言葉だった。毒舌家なんて、俺を表すにはずいぶん可愛らしい言葉だと思う。 そして、口を開けば毒ばかりと称される俺を「好きだ」なんていうとぼけた彼女は、めっぽうお人好しでとろくさい女なのだ。そんな同級生が最近やけに構ってくるのには、「理由がない」だなんて言わせないから、さっさと白状した方が身のためだよ?
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 恋愛 56,780 位 / 56,780件
文字数 18,118 最終更新日 2020.07.07 登録日 2020.02.20
ーーー「君が好き」たった一言いえれば、こんな苦労はしない。 人の一生は動物のそれよりは長いですが、人生をせわしなく過ごす者のなかには頷かない人も多いでしょう。何かを成したいと思えば尚のこと。突然終わりを迎えたとしたら、何かに縋り付きたくなる気持ちも分かります。……ですが、やりかたは選ばなければなりません。いくら良心からの行動とはいえ、人に迷惑をかけてよいなんて訳がないでしょう。さぁ、これは様々な良心と複雑な恋心が絡み合った末のお話。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 恋愛 56,780 位 / 56,780件
文字数 5,644 最終更新日 2020.07.03 登録日 2020.07.03
―――それは座っているだけでも、汗の滴り落ちるような夏日のこと。 子どもだと馬鹿にしていた女性の憂い顔に、ひとつ鳴った鼓動は気のせいではなく。一回り近く年の離れた彼女の問いにも、しどろもどろになる始末。「ねぇ、先生?」吐息まじりの言葉に、何を動揺することがあったのか。淡くも甘い過去は己をとらえ、所帯持ちとなった今でも思い出さずにはいられないあの時。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 恋愛 56,780 位 / 56,780件
文字数 4,043 最終更新日 2020.05.01 登録日 2020.05.01
半世紀以上、使われることのなかった高い高い塔という牢獄の扉が開かれたのは、数年前のことだった。戦時中こそ他国から人質として攫ってきた王族を閉じ込めていたものだが、これは負の遺産として忘れ去られるはずだった。 そんな封印を解いたのはこの国の元王妃である女王で、驚くことに閉じ込められたのは……王の忘れ形見だ。後妻であった女王が愛を注げないのも無理からぬことかもしれないが、この状況はひどすぎる。誰も異議を唱えられないのならばと、最愛の人を助けるべく立ち上がる存在がいた。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 恋愛 56,780 位 / 56,780件
文字数 4,428 最終更新日 2020.04.05 登録日 2020.04.05
庭があって、子どもの笑い声が響く一軒家。そんな我が家と家族たちは、私の自慢だった。―――すべてが変わる、あの時までは。過去の記憶にとらわれた彼女は、一人でこの家を守り続けて久しい。私が囚われているのは、プルメリアの香りと愛しきちいさな記憶たち。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 現代文学 7,915 位 / 7,915件
文字数 4,316 最終更新日 2019.12.26 登録日 2019.12.26
人生、何が起こるかわからない。……むしろ、今この瞬間にすら自分では想像もつかないことが起こっているかもしれないのだ。これは、私が幼馴染の家で体験した、人生を左右する出来事が起きた時の話だ。確かに、重要な出来事こそ濃密で短く感じると聞いたことがあるけれど、いくらなんでも短すぎるだろうっ。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 ファンタジー 42,870 位 / 42,870件
文字数 4,552 最終更新日 2019.12.10 登録日 2019.12.10
これまでに何度となく、世界で『勇者』と呼ばれる存在が現れては消えて行った。畑を荒らし、村や街を攻撃するドラゴンを倒すことは、王国の騎士たちにも難しく。ドラゴンが暴れるのに便乗して、好き勝手をくりかえす盗賊なども取り締まらなければいけない国には、さほど避ける人手もなかった。 そんななか腕自慢の者たちが、国の用意した報奨金目当てに、ぞくぞくとドラゴン退治へ旅立っていく。―――私はまさか、その中に自分の大事な人まで含まれることになるだなんて、想像もしていなかった。
24h.ポイント 0pt
小説 187,383 位 / 187,383件 恋愛 56,780 位 / 56,780件
文字数 4,543 最終更新日 2019.10.31 登録日 2019.10.31
26 12