麻戸槊來

麻戸槊來

基本恋愛小説を投稿しており、『小説家になろう』様でもお世話になっております。
5
私の妹である葵衣はとても可愛い。めちゃくちゃ可愛い。 それはごまかしようがない事実のはずなのに、それを聞いて何故か彼はいつも複雑そうな表情で笑うばかりだ。もちろん、まさか自分の恋人に妹を『そういう対象』としてみて欲しいなどとイカれた思考は持っていない。……そもそも、手を出そうものならば叩き潰す所存ですし? だから、ただ事実は事実として認めてほしいだけなのだけれど、どうも周囲の理解は得られない。そんな私の窺い知れない所で、彼が暗躍しているなんて思いもしていなかった。
24hポイント 63pt
小説 6,414 位 / 57,436件 恋愛 2,448 位 / 13,721件
文字数 6,288 最終更新日 2019.10.13 登録日 2019.10.13
わたくしの仕える屋敷の主は、とても几帳面且つ細かい……えぇ、それこそ殺意を覚えたことも一度や二度ではないというような、神経質な御方なのでございます。あまりの環境にキレて暴れたことも少なくはないわたくしですが、それはほら。 使用人に対する待遇の良さと、ここで培うことのできる基本的な能力の高さも魅力となり、それなりに楽しくやっております。目下の悩みと言えば、我が主の減量がうまくいかないということくらいでしょうか?そんなメイドと、主のお話でございます。
24hポイント 7pt
小説 15,819 位 / 57,436件 恋愛 5,325 位 / 13,721件
文字数 8,071 最終更新日 2019.10.05 登録日 2019.10.05
ある日、友人と一緒に学校から帰宅する途中、不思議な人に話しかけられた。見た目はスーツを着こなす格好いいサラリーマンなのだが、どうも隣にいる友人の様子がおかしい。……まぁ、話すうちにこの年上の男性もおかしいと気付いたのだが。そんな彼と私と、時々友人の、生涯をかけた戦いがここにはじまる。
24hポイント 7pt
小説 15,819 位 / 57,436件 恋愛 5,325 位 / 13,721件
文字数 6,792 最終更新日 2019.09.19 登録日 2019.09.19
ファンタジー 完結 ショートショート
私の家には、小人がいる。 背が低い人を馬鹿にしている訳でも、変わった名前の人でもない。あいつの全長は500ミリリットルのペットボトルくらいだが、生意気なことに、八頭身で目鼻立ちが整っている。 だが、一つ重要なことがある。私は、あの小人が嫌いなのだ。
24hポイント 0pt
小説 57,436 位 / 57,436件 ファンタジー 18,826 位 / 18,826件
文字数 3,050 最終更新日 2019.08.23 登録日 2019.08.23
いわれのない罪で牢に入れられた。一緒に旅をしていた獣人の男の子が心配だから、少しでも早く彼のもとに戻ってあげたい。彼が頼れるのは私だけなのだから。それが何故か私は、現在進行形で獣人の男性に抱きしめられています。―――いや、何でだ。年の差も種族の差ですらも乗り越えた愛?
24hポイント 21pt
小説 11,572 位 / 57,436件 恋愛 3,937 位 / 13,721件
文字数 5,065 最終更新日 2019.08.18 登録日 2019.08.18
5