αの愛し子の黙示録

遺伝子の当たりくじといわれるα。
そんなαとは縁もゆかりもない、中流育ちのβ男子 小山田慎吾15歳。ある日突然αに転性したことが判明し、高位αだらけの名門男子校、私立筑葉高校に入学することになった。
ここから、とぼけたフツメン小山田の運命が大きく変わることになるのであった――
24hポイント 426pt
小説 3,182 位 / 144,669件 BL 664 位 / 16,495件