【異端ノ魔導師と血ノ奴隷】

--- 生命の魔物(キメラ)化。霧ノ病と呼ばれる現象の蔓延を促したのは亡国の末裔ではと噂される。
錬金術、召喚にまつわるスローファンタジー。

◆あらすじ◆

あらゆる想いの境地に至る人の心に穴が空く。[霧ノ病]と呼ばれるその症状は、人々を魔物(キメラ)と化していった。はじまりの舞台は、多国間戦争を経て統一されたアルシオン帝国。霧ノ病を呼び込んだのは、彼ノ戦により滅ぼされた亡国シャンテの民の生き残り、フェレンスではないかと噂される。

故国・シャンテ。王族と高官の多くは学者でもあった。彼らは賢者(ヘルメス)の齎した叡智の結晶である翠玉碑(エメラルド・タブレット)を保有し、安息の地エデンと神ノ意識(スフィラ)の関係性を探り扉を開くべく、地上ノ王(アルシオン初皇帝)と手を結ぶ。しかし、ある事から決別。滅亡の道を辿った。

フェレンスの諸遇について。彼は故国の末裔であり戦犯として扱われるが、彼ノ戦において12枚に砕かれた聖碑のうち失われた一部、[禁断ノ翠玉碑]を探し出す事を条件に恩赦を受け、帝国軍管轄下・高等錬金術師団に所属。任を受けていた。

互いに友人として認識し合うようになり。自らの望みも相まって、魔導兵となるべく契約を迫るカーツェルだが、フェレンスは断固として拒む。でも押し切られた。彼らは共に任を受け、旅をするようになる。
(物語のスタート地点)


◆主人公は♂3名。魔導師、執事、少年。誰と決まってはおりません。
◆BL要素有り。
◆淡々と進行します。

◆PCでの個人的推奨文字サイズ [小]
◆かるまんさんからの頂き物イラストも随時追加していきます!
◆[fujossy]にも転載しております。
◆1000字~3000字の刻み更新になる場合、章を変えず続きを足したうえ、
 更新日を記入しUPしています。ご了承下さいませ。
◆つまり! 更新方法の都合上、最新話にはさんだはずのしおりは消えます...
 何卒お許しを...

*****
3/16
*****
突然、申し訳ありません。
セルバンテスさんに引っ越すことに致しました。
今後はあちらにて更新していきます。
お気に入りして下さった皆様、ありがとうございました!!
お気が向かれましたら、また読みに来てやって下さいませ。((˘ω˘))
24hポイント 7pt
小説 14,650 位 / 48,532件 ファンタジー 4,128 位 / 16,136件