妹にすべてを奪われましたが、最愛の人を見つけました


リーシェン・ルージュは父親に無視され、母親に虐待を受け、一歳しか変わらない妹サーシャにも蔑まされる生活をしていた。

その為、リーシェンは諦め癖と周りを信じず、頼らない癖が付いてしまっていた。

そんなある日、サーシャに婚約者であるグレンタス王国の王太子アーノルド・グレンタスを奪われた。

その結果としてリーシェンは『国外追放』を受けた。
名目は他国に嫁ぐというものだったが、相手の国は決して仲が良好とは言えない隣国オリフィア皇国としか決まっていなかった。

リーシェンがオリフィアに着くと、一応の歓迎会が開かれ、そこでオリフィア皇国皇太子ユリウス・オリフィアに見初められた。

これは自らの境遇故に人を信じることが出来ない令嬢が溺愛され、少しずつ心を癒し、開かれ、人らしくなっていく。
そして、本人の預かり知らないところで貶めた者たちが『ざまぁ』をされるお話。

24hポイント 2,982pt
小説 606 位 / 100,012件 恋愛 346 位 / 27,918件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

記憶喪失の婚約者からの溺愛に困惑しています

恋愛 / 完結 24h.ポイント:433pt お気に入り:1792

つかれやすい殿下のために掃除婦として就くことになりました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:14804pt お気に入り:3511

今日から悪役令嬢になります!~私が溺愛されてどうすんだ!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:20877pt お気に入り:3210

【完結】旦那様は妻の私より幼馴染の方が大切なようです

恋愛 / 完結 24h.ポイント:337421pt お気に入り:9787

悪役令嬢は今日も泣いている

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:156pt お気に入り:2322

契約獣が怖いと婚約破棄を受けるも、どうやら神獣のようです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:22160pt お気に入り:7422