遅刻しそうな時にぶつかるのは運命の人かと思っていました

遅刻しそうになり急いでいた朝の駅で、杉原亜由美は知らない男性にぶつかってしまった。

「ケガをした!」
ぶつかってしまった男性に亜由美は引き留められ、怖い顔で怒られる。

──え? 遅刻しそうな時にぶつかるのって運命の人じゃないの!?

しかし現実はそんなに甘くない。その時、亜由美を脅そうとする男性から救ってくれたのは……?

大人っぽいけれど、
乙女チックなものに憧れる
杉原亜由美。

無愛想だけれど、
端正な顔立ちで優しい
鷹條千智。

少女漫画に憧れる亜由美の
大人の恋とは……

※表紙イラストは青城硝子様にご依頼して作成して頂きました。
※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は実在のものとは関係ありません。
24h.ポイント 1,044pt
3,334
小説 1,147 位 / 185,071件 恋愛 543 位 / 56,210件