電脳ロスト・ワールド

プログラマーの客家二郎は、独自のプログラムによる仮想現実生成プログラム「パンドラ」を完成させた! が、この「パンドラ」には致命的なバグがあった。そのため、かれが生成した仮想現実世界は、訪れるプレイヤーを飲み込む「ロスト・ワールド」化してしまった。二郎はなんとかして、この「ロスト・ワールド」を正常化しようと悪戦苦闘するのだったが……。
24hポイント 0pt
小説 43,105 位 / 43,105件 SF 1,494 位 / 1,494件