無能と呼ばれた少年は、力を得て真実を知る ~目立ちたくないので、ほっておいてほしい~

どこかの貴族の次男として生まれた僕は、ある部屋で隔離されていた。 そして5歳、魔力量はあるのに魔法が行使できなくて『無能』と呼ばれるようになり、別邸で暮らす事になった。 その日、自分が転生者だってことを思い出した。 それでも俺は『無能』のまま。 これは、俺が『無能』と呼ばれつづけて、蔑まれる日々の話と、そして力を経たとき俺は全ての真実を知ったわけだ。 けど、俺は目立ちたくないし、関わってほしくない。 そんな俺の物語。

一応、剣と魔法が舞台のファンタジーですが、近代化してる部分もあります。

※更新は不定期で、かつ遅いですが、暇つぶしに読んでくれれば嬉しいです。
※R18は保険です。
※誤字脱字が多いかもしれませんがご了承ください。
※作者、誹謗中傷に弱いため、感想にはご配慮くださると助かります。
24hポイント 99pt
小説 10,948 位 / 140,160件 ファンタジー 2,136 位 / 34,269件