出血令嬢はヴァンパイア公爵様に愛される

伯爵令嬢エリザベートは、稀な体質を持って生まれた。それは「出血すると、血が止まりにくい 」というものだった。さらに数年前に亡くなった父に代わって家督を継いだ(奪った)叔父と取引し、母と弟を守るため、政治の道具として伯爵令嬢として生きながらえさせてもらっている身である。

とある夜会、叔父が決めた政略結婚の婚約者は、他の令嬢に現を抜かしていた。それを目の前で見てしまい、居心地が悪くなって庭園に出たエリザベートは不注意で怪我をしてしまう。止まらない血を目の当たりにしたエリザベートが後悔の念に襲われていると、そこに現れたのは真っ黒な格好をした青年・シリルだった。
彼の青く揺らぐ瞳は、エリザベートの血によって赤く染まりーー……


昔のヨーロッパのような場所を舞台にした、ヴァンパイア公爵×出血令嬢の溺愛ストーリーです。
物語の特性上、血や暴力表現が出てきます。
ハッピーエンド予定です。


ストックが切れるまでは2、3日おきに更新していきます!

なろうでも連載しています。
24hポイント 7pt
小説 21,301 位 / 83,252件 恋愛 8,618 位 / 22,045件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

【R-18】記憶喪失な新妻は国王陛下の寵愛を乞う【挿絵付】

恋愛 / 完結 24h.ポイント:227pt お気に入り:1321

撫子の華が咲く

BL / 完結 24h.ポイント:56pt お気に入り:88

魔王様、溺愛しすぎです!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:3544pt お気に入り:2745