隻腕の魔法使いとその助手の話。

「一人で生きるのもまあ、悪くはないんだ。悪くはね」
「僕は魔法使いだから、隻腕でもとくに困りはしないし」
「でも一人きりだと寂しいでしょ。だから、キミを買ってみた」

そんなふうにして、始まった隻腕の魔法使いとその助手の話。

 
24hポイント 0pt
小説 128,264 位 / 128,264件 BL 14,126 位 / 14,126件