【完結】伯爵令嬢が効率主義の権化だったら。 〜面倒な侯爵子息に絡まれたので、どうにかしようと思います〜

「反省の色が全く無いどころか睨みつけてくるなどと……。そういう態度ならば仕方がありません、それなりの対処をしましょう」
 やっと持たれた和解の場で、セシリアはそう独り言ちた。

*** 

社交界デビューの当日、伯爵令嬢・セシリアは立て続けのトラブルに遭遇した。

その内の一つである、とある侯爵家子息からのちょっかい。
それを引き金にして、噂が噂を呼び社交界には今一つの嵐が吹き荒れようとしている。

王族から今にも処分対象にされかねない侯爵家。
悪評が立った侯爵子息。

そしてそれらを全て裏で動かしていたのは――今年10歳になったばかりの伯爵令嬢・セシリアだった。


これはそんな令嬢の、面倒を嫌うが故に巡らせた策謀の数々と、それにまんまと踊らされる周囲の貴族たちの物語。


 ◇ ◆ ◇

最低限の『貴族の義務』は果たしたい。
でもそれ以外は「自分がやりたい事をする」生活を送りたい。

これはそんな願望を抱く令嬢が、何故か自分の周りで次々に巻き起こる『面倒』を次々へと蹴散らせていく物語・『効率主義な令嬢』シリーズの第3部作品です。

※本作からお読みの方は、先に第2部からお読みください。
 (第1部は主人公の過去話のため、必読ではありません)
 第1部・第2部へのリンクは画面下部に貼ってあります。
24hポイント 35pt
小説 18,285 位 / 143,757件 ファンタジー 3,009 位 / 34,638件