野菜ばたけ

野菜ばたけ

ファンタジー、現代もの。 学生恋愛、社会人恋愛。 物語、エッセイ。 何でも書いてる雑食作者です。 活動は割と活発にしてると思うので、是非是非お気に入り登録してってくださいな( ´∀`)
32 12
「アルド、お前には失望した」  婚約者の不正を告発した俺は、逆に悪者に仕立て上げられ父である国王から臣籍降下を言い渡された。  頭が真っ白になった。  国王である父親も自分と同じく国の未来を憂う人間だと、ずっとそう信じていたのに。  父や国を諦めた俺に、今度は父が温情と称して「伯爵位を与える」と言い出したけど、そんな恩の押し売りなんて勘弁だ!  第一残った所で国に飼い殺しにされるのは目に見えてるし。    だから俺は言ったのである。 「――恐れながら陛下。私を罪に問うのでしたら、伯爵位ではなく平民へと落としてください」と。  そして俺は王城を追い出され、自由を手に入れたのだった。  付き合いを続けている幼馴染(男)は居るけれど、もう本国に未練はない。  道中で狐の獣人少女・クイナと出会って、2人で一緒に多種族国家・ノーラリアへと渡る事になったけど、旅の目的は構わず続行!  ずっとやりたいと思いながら出来なかった10の事。  2人でその、コンプを目指す! ※本作は「旅立ちと運命の出会い」「冒険あり魔法ありの、ほのぼの街暮らし」「逆転劇」の全3章構成です。 ※基本的にほのぼのテイストで進みますが、閑話である『一方その頃~』には一部「ざまぁ」要素が含まれます。
24hポイント 205pt
小説 6,989 位 / 140,081件 ファンタジー 1,536 位 / 34,247件
文字数 92,514 最終更新日 2022.05.17 登録日 2021.08.31
「ビクティー・シークランドは、どうやら死んでしまったらしいぞ?」 「はぁ? 殿下、アンタついに頭沸いた?」  私は思わずそう言った。  だって仕方がないじゃない、普通にビックリしたんだから。  ***  私、ビクティー・シークランドは少し変わった令嬢だ。  お世辞にも淑女然としているとは言えず、男が好む政治事に興味を持ってる。  だから父からも煙たがられているのは自覚があった。  しかしある日、殺されそうになった事で彼女は決める。  「必ず仕返ししてやろう」って。  そんな令嬢の人望と理性に支えられた大勝負をご覧あれ。
24hポイント 127pt
小説 9,580 位 / 140,081件 ファンタジー 1,927 位 / 34,247件
文字数 13,185 最終更新日 2022.05.09 登録日 2022.04.28
 今年30になった結奈は、ある日唐突に余命宣告をされた。  混乱する頭で思い悩んだが、そんな彼女を支えたのは優しくて頑固な婚約者の彼だった。  彼と籍を入れ、他愛のない事で笑い合う日々。  病院生活でもそんな幸せな時を過ごせたのは、彼の優しさがあったから。  しかしそんな時間にも限りがあって――?  これは夫婦になっても色褪せない恋情と、別れと、その先のお話。
24hポイント 284pt
小説 5,230 位 / 140,081件 ライト文芸 128 位 / 6,011件
文字数 10,057 最終更新日 2022.05.06 登録日 2022.04.30
「楽しみだなぁ」  第二王子・アリティーは、全てが自分の思い通りになると信じてやまない男だった。     ◇ ◇ ◇    華々しい社交界デビューを飾り、それ以降も何かと目立っている伯爵令嬢・セシリア。  デビューの日にドレスをジュースで汚された件も落ち着いて、やっと美味しく紅茶が飲めると思いきや、今度は社交界デビューであったもう一つの珍事・セシリアが王族から『第二王子・アリティーと仲良くする権利』を与えられた件が、遂に水面下で動き出す。    今度の相手は、めげない曲者権力者。  そんな彼に、義務以外の無興味事は全てゴミ箱にポイしたい伯爵令嬢・セシリアが、社交力と頭脳で立ち向かう。  そう、全ては己の心の平穏と、優雅なティータイムのために。     ◇ ◆ ◇ 最低限の『貴族の義務』は果たしたい。 でもそれ以外は「自分がやりたい事をする」生活を送りたい。 これはそんな願望を抱く令嬢が、何故か自分の周りで次々に巻き起こる『面倒』を次々へと蹴散らせていく物語・『効率主義な令嬢』シリーズの第6部作品です。 ※本作品までのあらすじを第1話に掲載していますので、本編からでもお読みいただけます。  もし「きちんと本作を最初から読みたい」と思ってくださった方が居れば、第2部から読み進める事をオススメします。  (第1部は主人公の過去話のため、必読ではありません)  以下のリンクを、それぞれ画面下部(この画面では目次の下、各話画面では「お気に入りへの登録」ボタンの下部)に貼ってあります。  ●物語第1部・第2部へのリンク  ●本シリーズをより楽しんで頂ける『各話執筆裏話』へのリンク  
24hポイント 120pt
小説 9,951 位 / 140,081件 ファンタジー 1,967 位 / 34,247件
文字数 64,416 最終更新日 2022.05.04 登録日 2021.08.31
キャラ文芸 完結 ショートショート
 モフッとした可愛いうさぎの本性が、必ずしも可愛いとは限らない。  ショッキングな結末が……ここに!!
24hポイント 21pt
小説 24,853 位 / 140,081件 キャラ文芸 221 位 / 3,370件
文字数 849 最終更新日 2022.02.17 登録日 2022.02.17
ライト文芸 完結 ショートショート
たった一匹だけ残されたウサギは、綺麗な景色に何を想う?
24hポイント 0pt
小説 140,081 位 / 140,081件 ライト文芸 6,011 位 / 6,011件
文字数 335 最終更新日 2022.02.10 登録日 2022.02.10
「たかが一男爵家の分際で、一々口を挟むなよ?」  そんな言葉を皮切りに、王太子殿下から色々と言われました。  曰く、「我が家は王族の温情で、辛うじて貴族をやれている」のだとか。  当然の事を言っただけだと思いますが、どうやら『でしゃばるな』という事らしいです。  そうですか。  ならばそのような温情、賜らなくとも結構ですよ?  私達、『領』から『国』になりますね?  これは、そんな感じで始まった異世界領地改革……ならぬ、建国&急成長物語。 ※現在、3日に一回更新です。
24hポイント 191pt
小説 7,398 位 / 140,081件 ファンタジー 1,609 位 / 34,247件
文字数 59,414 最終更新日 2022.01.17 登録日 2021.08.31
【神社でのOLミーツ神なお話】  休職を機に地元に戻って来た私は、ひょんなことから「神社に行ってみようかな」という気になった。  特に何のお願い事もなければ、スピリチュアルの類を全く信じていない私。  だけどまぁとりあえず「せっかく長い階段を登ったんだし」と、小奇麗な古い神社で手を合わせてみた。  するとそこから運命は変わる。  なんと目の前には『人とは到底思えないような美しく荘厳で、そして何より頭にケモノの耳が生えた男』が現れて。  思わず目を奪われていると、ひどく獰猛な笑みを浮かべた彼にこんな事を言われる。  「――そんな物騒なモノを祓ってもらいに来た訳か」  これは、初対面なのに女性に対する配慮が足りず、しかし見惚れるくらい美しくその上実はとっても強いオオカミさんと、そんな彼が何故か見えるお仕事ちょっと休憩中の私との、餌付け……ゲフンゲフン、持ちつ持たれつの友情と恋の物語。
24hポイント 0pt
小説 140,081 位 / 140,081件 キャラ文芸 3,370 位 / 3,370件
文字数 13,042 最終更新日 2022.01.08 登録日 2021.12.31
「婚約破棄ですね、はいどうぞ」 婚約者から、婚約破棄を言い渡されたので、そういう対応を致しました。 もう面倒だし、食い下がる事も辞めたのですが、まぁ家族が許してくれたから全ては大団円ですね。 ……え? いまさら何ですか? 殿下。 そんな虫のいいお話に、まさか私が「はい分かりました」と頷くとは思っていませんよね? もう私の、使い潰されるだけの生活からは解放されたのです。 だって私はもう貴方の婚約者ではありませんから。 これはそうやって、自らが得た自由の為に戦う令嬢の物語。 ※本作はそれぞれ違うタイプのざまぁをお届けする、『野菜の夏休みざまぁ』作品、4作の内の1作です。    他作品は検索画面で『野菜の夏休みざまぁ』と打つとヒット致します。
24hポイント 21pt
小説 24,853 位 / 140,081件 ファンタジー 4,172 位 / 34,247件
文字数 28,691 最終更新日 2021.10.08 登録日 2021.08.11
私がアルファポリスでの活動から得た『誰にでも出来る地道なPV獲得術』を、豆知識的な感じで書いていきます。 ※思いついた時に書くので、不定期更新です。
24hポイント 177pt
小説 7,740 位 / 140,081件 エッセイ・ノンフィクション 109 位 / 4,911件
文字数 567 最終更新日 2021.10.08 登録日 2021.01.29
青春 完結 ショートショート
「ねぇ君は、スマホの中で人生でも探してるの?」  初対面の女にそんな言葉を投げかけられた。  ***  他人と関わるのが苦手で、自分の殻に閉じこもりがちな大学生。  そんなありふれた人間である俺は、急に休校になった四限の時間を潰すために、アニソンとスマホで防壁を作る。  モノクロな俺と色付いたその他。  そんな中、俺の目の前に現れたのはモノクロな初対面女子で――。    自分の世界に彩がつく。  これは、そんな人生(ものがたり)のプロローグ。
24hポイント 0pt
小説 140,081 位 / 140,081件 青春 5,142 位 / 5,142件
文字数 1,877 最終更新日 2021.09.14 登録日 2021.09.14
「……何でなんだ」  硬い表情でそう尋ねてくる問題の侯爵子息と、セシリアは今真っ向から対峙する。    ***    社交界デビューの日。  初対面で伯爵令嬢・セシリアのドレスに葡萄色のシミが作られた事件から、はや数ヶ月。 「別に悪気は無かったんだ。足がもつれてつい、な」  などというバレバレな言い訳をした侯爵子息にセシリアが仕返しとしっぺ返しを繰り広げ、今やそれが社交場のトレンドワードとなっていた。  そのせいでものの見事に貴族としての影響力を失いつつある侯爵家。  そんな彼らを尻目に、セシリアは平和な日々を送っていたのだが……?    やってくる侯爵子息。  待ち受けるセシリア。  彼女の後ろに控える執事・ゼルゼンに……意味もなく巻き込まれるセシリアの友人・レガシー。  それぞれの思いが交錯し、ついに何かが変化する。    『効率主義な令嬢シリーズ』侯爵子息編、ついに完結。   ◇ ◆ ◇ 最低限の『貴族の義務』は果たしたい。 でもそれ以外は「自分がやりたい事をする」生活を送りたい。 これはそんな願望を抱く令嬢が、何故か自分の周りで次々に巻き起こる『面倒』を次々へと蹴散らせていく物語・『効率主義な令嬢』シリーズの第5部作品です。 ※本作品までのあらすじを第1話に掲載していますので、本編からでもお読みいただけます。  もし「きちんと本作を最初から読みたい」と思ってくださった方が居れば、第2部から読み進める事をオススメします。  (第1部は主人公の過去話のため、必読ではありません)  以下のリンクを、それぞれ画面下部(この画面では目次の下、各話画面では「お気に入りへの登録」ボタンの下部)に貼ってあります。  ●物語第1部・第2部へのリンク  ●本シリーズをより楽しんで頂ける『各話執筆裏話』へのリンク  
24hポイント 35pt
小説 19,789 位 / 140,081件 ファンタジー 3,385 位 / 34,247件
文字数 33,809 最終更新日 2021.09.01 登録日 2021.06.24
<ねぇアディーテ。アレ、腹立つから食べてもいいよね?> 「ダメですシルヴェスト、あんなの食べたらお腹壊しちゃいますよ」  ***  聖女になれなかった私は、しかし寧ろホッとしている。  だって私は目立たず静かに暮らしたいのだ。    それはみんなにも言ってあるのに、お友達(もふもふ精霊のシルヴェスト)が聖女お披露目の場でちょっぴりイタズラをしてしまった。  それがキッカケで、どうやら王国中がてんやわんやになってる様で――?  これは周りの悪意を「仕方がない」と受け流す公爵令嬢と、ちょっと過激でおせっかいな、いたずらっ子のモフモフ妖精。  そんな2人のボケツッコミ漫才……ならぬ友情の物語。  ※ざまぁは主に、お父様が行っています。 ※本作はそれぞれ違うタイプのざまぁをお届けする、『野菜の夏休みざまぁ』作品、4作の内の1作です。    他作品は検索画面で『野菜の夏休みざまぁ』と打つとヒット致します。
24hポイント 56pt
小説 15,279 位 / 140,081件 ファンタジー 2,781 位 / 34,247件
文字数 27,881 最終更新日 2021.08.09 登録日 2021.05.01
 聖女が現れた。  それを知って「『聖女』との初契約」の権限を勝ち取ったとある妖精は、彼女に会いに行き契約を願い出る。  しかしこの聖女、思いの外怖がりで――? ※本作はそれぞれ違うタイプのざまぁをお届けする、『野菜の夏休みざまぁ』作品、4作の内の1作です。    他作品は検索画面で『野菜の夏休みざまぁ』と打つとヒット致します。
24hポイント 7pt
小説 33,840 位 / 140,081件 ファンタジー 6,048 位 / 34,247件
文字数 2,378 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.07.27
「そのクッキー、貰ってやろう。ありがたく思うんだな」  そう宣ったのは、殿下の皮を被ったクッキー強奪犯だった。  ◇ ◇ ◇  貴族の子女が通う学園の昼休み、私が男友達と2人いつもの様に静かなお昼を過ごしていると、そこに殿下がやってきた。    しかし何だろう。  この殿下、とっても偉そうだ。  そんな相手にあげるクッキーは……無い!  これはそんな風に思った私が殿下と舌論でクッキー争奪戦をする、ほんわか恋愛風味の物語。 ※本作はそれぞれ違うタイプのざまぁをお届けする、『野菜の夏休みざまぁ』作品、4作の内の1作です。    他作品は検索画面で『野菜の夏休みざまぁ』と打つとヒット致します。
24hポイント 7pt
小説 33,840 位 / 140,081件 恋愛 15,520 位 / 43,310件
文字数 7,968 最終更新日 2021.07.18 登録日 2021.07.16
「邪魔だよなぁー……」  大学の講義中、たった一枚の布に対して俺はそんな言葉を呟いた。    これは高値の花・アオイにじれったくも強く惹かれる、とある青年の『出会い』と『始まり』の物語。
24hポイント 0pt
小説 140,081 位 / 140,081件 青春 5,142 位 / 5,142件
文字数 4,241 最終更新日 2021.07.01 登録日 2021.06.27
「『和解』が成ったからといってこのあと何も起こらない、という保証も無いですけれどね」    まぁ、相手もそこまで馬鹿じゃない事を祈りたいところだけど。  *** 社交界デビューで、とある侯爵子息が伯爵令嬢・セシリアのドレスを汚す粗相を侵した。 そんな事実を中心にして、現在社交界はセシリアと伯爵家の手の平の上で今も尚踊り続けている。 両者の和解は、とりあえず正式に成立した。 しかしどうやらそれは新たな一悶着の始まりに過ぎない気配がしていた。 もう面倒なので、ここで引き下がるなら放っておく。 しかし再びちょっかいを出してきた時には、容赦しない。 たとえ相手が、自分より上位貴族家の子息であっても。 だって正当性は、明らかにこちらにあるのだから。 これはそんな令嬢が、あくまでも「自分にとってのマイペース」を貫きながら社交に友情にと勤しむ物語。     ◇ ◆ ◇ 最低限の『貴族の義務』は果たしたい。 でもそれ以外は「自分がやりたい事をする」生活を送りたい。 これはそんな願望を抱く令嬢が、何故か自分の周りで次々に巻き起こる『面倒』を次々へと蹴散らせていく物語・『効率主義な令嬢』シリーズの第4部作品です。 ※本作品までのあらすじを第1話に掲載していますので、本編からでもお読みいただけます。  もし「きちんと本作を最初から読みたい」と思ってくださった方が居れば、第2部から読み進める事をオススメします。  (第1部は主人公の過去話のため、必読ではありません)  以下のリンクを、それぞれ画面下部(この画面では目次の下、各話画面では「お気に入りへの登録」ボタンの下部)に貼ってあります。  ●物語第1部・第2部へのリンク  ●本シリーズをより楽しんで頂ける『各話執筆裏話』へのリンク  
24hポイント 42pt
小説 17,858 位 / 140,081件 ファンタジー 3,152 位 / 34,247件
文字数 69,973 最終更新日 2021.06.24 登録日 2021.03.07
平凡な俺たちの裏の顔は、スクリーンの先に居るオリコンチャート常連の覆面バンドだ。 『壮大に、際限なく』 ずっと大切にしている学生時代のそんな誓いに従って、色褪せる事のない青春の延長で、今日も俺たちは音を奏でる。 これはそんな、日常と非日常の境界の物語。
24hポイント 0pt
小説 140,081 位 / 140,081件 ライト文芸 6,011 位 / 6,011件
文字数 6,049 最終更新日 2021.06.21 登録日 2021.06.18
「よくやった、ワルター」  謁見の場で王弟殿下に『仕掛けた』ら、滅多に褒めない父から良い笑顔で労われた。  ***  社交界デビュー当日、1人の子息が王への謁見に臨む。  ワルター・オルトガン。  ちょっぴり他より頭が回る10歳の少年だ。  留守番の母からお土産話を期待され、しかし「そんなに都合良く何かがある筈なんてない」と思っていた矢先に訪れた、謁見の時。  彼は思ってしまったのだ、「何だコイツは」と。  相手は年上、しかも王族。  しかし怯まず怖じず胸を張って、頭脳を武器に常識の斜め上の立ち回りをする。    これは、そんな物語。  ◇ ◇ ◇  この作品は『効率主義な令嬢シリーズ』のスピンオフ作品です。  本編の主人公、伯爵令嬢・セシリアの父ワルターの社交界デビュー『やらかし』エピソードを収録しています。  是非とも本編と合わせて「この親にしてこの子あり」な様をご堪能ください。
24hポイント 35pt
小説 19,789 位 / 140,081件 ファンタジー 3,385 位 / 34,247件
文字数 16,212 最終更新日 2021.06.18 登録日 2021.05.27
「いつだって口煩く言う母が、私はずっと嫌いだった。だけどまぁもしかすると、感謝……してもいいのかもしれない」 *** 例えば人生の節目節目で、例えばひょんな日常の中で、私は少しずつ気が付いていく。   あんなに嫌だったら母からの教えが自らの中にしっかりと根付いている事に。 これは30歳独身の私が、ずっと口煩いくて嫌いだった母の言葉に「実はどれもが大切な事だったのかもしれない」と気が付くまでの物語。   ◇ ◇ ◇ 『読後には心がちょっとほんわか温かい』を目指した作品です。 後半部分には一部コメディー要素もあります。 母との確執、地元と都会、田舎、祖父母、農業、母の日。 これらに関連するお話です。
24hポイント 0pt
小説 140,081 位 / 140,081件 ライト文芸 6,011 位 / 6,011件
文字数 16,197 最終更新日 2021.05.29 登録日 2021.04.30
32 12