護堂先生と神様のごはん 護堂教授の霊界食堂

考古学者の護堂友和は、気が付くと死んでいた。
彼には死んだ時の記憶がなく、死神のリストにも名前が無かった。予定外に早く死んでしまった友和は、未だ修行が足りていないと、閻魔大王から特命を授かる。

それは、霊界で働く者達の食堂メニューを考える事と、自身の死の真相を探る事。活動しやすいように若返らせて貰う筈が、どういう訳か中学生の姿にまで戻ってしまう。

自分は何故死んだのか、神々を満足させる料理とはどんなものなのか。

食いしん坊の神様、幽霊の料理人、幽体離脱癖のある警察官に、御使の天狐、迷子の妖怪少年や河童まで現れて……風変わりな神や妖怪達と織りなす、霊界ファンタジー。

「護堂先生と神様のごはん」もう一つの物語。

2019.12.2 現代ファンタジー日別ランキング一位獲得
24hポイント 0pt
小説 74,405 位 / 74,405件 キャラ文芸 1,848 位 / 1,848件