愛してました、たぶん

「愛してる」

「わたしも貴方を愛しているわ」

・・・・・

「もう少し我慢してくれ。シャノンとは別れるつもりだ」

「いつまで待っていればいいの?」

二人は、人影の少ない庭園のベンチで抱き合いながら、激しいキスをしていた。

木陰から隠れて覗いていたのは男の妻であるシャノン。 

抱き合っていた女性アイリスは、シャノンの幼馴染で幼少期からお互いの家を行き来するぐらい仲の良い親友だった。

夫のラウルとシャノンは、政略結婚ではあったが、穏やかに新婚生活を過ごしていたつもりだった。
そんな二人が夜会の最中に、人気の少ない庭園で抱き合っていたのだ。

大切な二人を失って邸を出て行くことにしたシャノンはみんなに支えられてなんとか頑張って生きていく予定。




















24hポイント 98,023pt
小説 14 位 / 143,834件 恋愛 14 位 / 44,887件