恋愛 回想小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 回想×
8
1
恋愛 完結 短編 R18
「令嬢のささやかな復讐」のアストン視点のお話です。
24hポイント 85pt
小説 8,115 位 / 100,111件 恋愛 3,712 位 / 27,943件
文字数 8,572 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.06.26
2
恋愛 連載中 短編 R18
私の名前は、花。中1。 今は、取り込んでいる最中だ。 何をしているかって? 義理の兄(兄と思ったことはない)理玖を拘束している。 もちろん、これから襲うために。 今世でも、前世でも私を助けてくれたリク。 絶対に、逃がさないからね! *前世の回想があります。
24hポイント 42pt
小説 11,865 位 / 100,111件 恋愛 5,330 位 / 27,943件
文字数 37,341 最終更新日 2020.12.23 登録日 2020.12.19
3
恋愛 完結 短編
【あらすじ】誰かを想って流す涙は、痛い──。 元彼と別れて一週間。私こと島本菜摘のもとに段ボールひとつ分の荷物が届く。その中身とは…… 【作品情報】『言えなかった言葉 言いたかった言葉』を加筆修正・改題したものです。 4話+掌編の全5話です。
24hポイント 7pt
小説 23,279 位 / 100,111件 恋愛 9,797 位 / 27,943件
文字数 8,217 最終更新日 2020.07.12 登録日 2020.06.14
不安の消失
24hポイント 0pt
小説 100,111 位 / 100,111件 恋愛 27,943 位 / 27,943件
文字数 1,287 最終更新日 2021.01.17 登録日 2021.01.17
命に水を注ぐ音がする。
24hポイント 0pt
小説 100,111 位 / 100,111件 恋愛 27,943 位 / 27,943件
文字数 5,741 最終更新日 2020.11.11 登録日 2020.11.11
tes
ある喫煙所でしか会わない2人の出会いと別れの話
24hポイント 0pt
小説 100,111 位 / 100,111件 恋愛 27,943 位 / 27,943件
文字数 10,379 最終更新日 2019.08.26 登録日 2019.08.26
7
恋愛 完結 長編
 七原千景30歳。夫の尚宏、娘の夏乃と3人家族。フルタイムの仕事をしている。  今月から、新しく配属となったプロジェクト。そのプロジェクトで待っていたのは、以前バイトをしていたカフェで一緒に仕事をしていた、見覚えのある彼だった。 「もしかして、千景ちゃん?」  懐かしいその声に、昔の記憶が蘇る。  ──大学生活も残り2年になった頃、私は恋をしていた。  バイト先の1つ下の男の子『桐谷航河』は、私、『藤田千景』の思い人である。  あの時私は、彼の存在が一番で、何より大切な存在だったのだ。  付き合っているのかと勘違いする人が出るほど、私達は仲の良い2人であった。  大好きだった。愛していた。  例え、その恋が、実らなかった恋だとしても。  私は、確かに。『桐谷航河』に恋をしていたんだ。  ──昔好きだった彼と、数年越しに再会した千景。その彼とは、千景の結婚を機に連絡を取らなくなっていた。  昔好きだった彼が、昔と変わらぬ優しさのまま今目の前に現れる。  今と昔を重ね合わせては、その時の気持ちを思い出す千景。昔と扱いの変わらない航河は、一体、何を思い千景と接するのか。 ※現在と過去の回想が織りなす、甘くてほろ苦いラブストーリー。 ※クスリと笑える要素あり。 ※もどかしさ、焦ったさ多目。 ※彼女にいる男性に恋をします。NTR等の表現はありませんが、人によって考え方、行動、表現において不快となる部分が含まれる可能性がございます。ご注意ください。 ※泥沼化はしません故、悪しからず。 ※ この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません ※※※ Key Word※※※ 甘酸っぱい 片思い 両思い 夫婦 恋人 カップル 友達 友達以上恋人未満 じれったい 想像 男女 女主人公 昔話 デート いちゃいちゃ 甘々 ラブラブ 仲良し 男友達 女友達 NL 恋愛話 あまあま 涙 過去 思い出
24hポイント 0pt
小説 100,111 位 / 100,111件 恋愛 27,943 位 / 27,943件
文字数 173,220 最終更新日 2019.11.26 登録日 2019.06.01
8
恋愛 完結 長編 R15
「僕」は海と空以外に何もない海岸近くの小高い丘にいた。「僕」は、なぜ自分がそこにいるのかも、何者なのかもわからないまま、ただぼんやりと、目の前青い風景を。その中に溶け込みそうなくらいに見つめていたのっだった。だが、「僕」がふと思い立ち、丘の斜面を降り始めた時に聞こえてきた、謎の「声」。「僕」は、その声の予言のような「君は君に会う」と言う言葉に導かれ、砂浜を放浪するうちに、「思い出す」のであった。  それは、学生と転勤者の多く住むある地方都市の、九十年代半ばの頃のことだった。バブルが終わり、果てしなき不況の中に落ちて行く日本で、それでも落ちて行く者なりの浮遊感を楽しめた最後の時代。毎日毎日が、思い返せば特別で、濃密で、しかし飛ぶように過ぎていった日々。そんな毎日の中で、大学生ユウは、大音量のダンスミュージックに満ちたクラブSで、気のおけない友人や、気になる二人の女性、マイとサキに翻弄されながらも楽しく過ごしていたのだった。  しかし、そんな日々がしだいに終わって行く、そんなすべてを「僕」は思い出していくのだった……
24hポイント 0pt
小説 100,111 位 / 100,111件 恋愛 27,943 位 / 27,943件
文字数 92,887 最終更新日 2018.07.31 登録日 2017.08.19
8