恋愛 差別小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 差別×
7
1
恋愛 完結 短編
主人公、伯爵家のアン・ウィルトンは伯爵家のジョン・クラークと政略結婚をしていた。 しかし、結婚してから一年がたったある日、ジョンは「離婚してくれ」とアンに切り出してきた。 理由を尋ねると「他に愛するができたから」 アンは呆れてため息をついた。 政略結婚なのに離婚をすると家同士の関係は悪化するし、約定も全て破綻してしまう。 ジョンはそれなのに一時の感情を優先し、アンへ離婚を迫った。 アンは呆れて「もういいか」とジョンとの離婚を承諾する。 結婚生活を続けてもこれ以上ジョンと上手くやっていけないと思ったからだ。 「本当はありがとう、アン!」 「いえ、あなたたちの幸福をお祈りしています」 ジョンは飛び上がるほどに喜び、アンは作り笑いでそれに対応した。 「では、私はもう行きますので」 しかしアンが部屋から出ていこうとしたその時、 「ああ、慰謝料は後で請求するよ」 とジョンが言ってきた。 アンは理解できなかった。 アンが慰謝料を払う?意味がわからない。 離婚を切り出したのはジョンだ。 「わ、私が慰謝料を払うんですか?」 するとジョンは当然のように頷いた。 「ああ、そうだ。だって君は女だろう? 慰謝料を払うのは当然じゃないか」 ジョンは慰謝料を貰えると錯覚していた。 加えてジョンはアンの持つ資産や屋敷までも相続できると考えていることが分かった。 離婚を突きつけられたうえにあまりにも虚仮にされて、アンはジョンへ復讐することを決意する……。
24hポイント 809pt
小説 1,990 位 / 148,865件 恋愛 992 位 / 46,934件
文字数 8,984 最終更新日 2022.07.07 登録日 2022.06.24
2
恋愛 完結 長編
※アルビノに対する差別言動などが入っています。  苦手な方はご遠慮ください。 内容はちょっと未定です。 アルビノである双子の姉、柚利愛は家族から疎まれ、小学校・中学校時代は虐めを受けていた。 なかなか友達もできず、学校にも家族の中にも居場所のない柚利愛とは違ってアルビノではない双子の妹、由利は家族の愛を一身に受けて育ち、友達も多い。 天然で悪意のない悪意をぶつけてくる由利と悪意のある家族やその他の人達に傷つけられながらも懸命に生きる柚利愛は運命の出会いを果たす。 *一章は重たいです。 二章から明るくなります。 内容的にも軽いものになってくると思います。
24hポイント 63pt
小説 14,327 位 / 148,865件 恋愛 6,834 位 / 46,934件
文字数 92,233 最終更新日 2017.11.10 登録日 2017.10.07
3
恋愛 完結 長編
平民の娘マノン。 村に勇者を育てるための学園が作られ、やってきたのは勇者候補の男の子。 彼は誰よりも身体の弱いマノンを特別視するようになる。 「俺の力は、人を守る為に使いたい。可能ならば誰よりも弱い……君を守る為のものでありたい」 虚弱体質の庶民のマノンと、勇者候補の男の子と、貴族の子供たちの折りなす人間関係は社会の縮図そのもの。 *以前他サイトに載せていたものです。
24hポイント 21pt
小説 25,514 位 / 148,865件 恋愛 11,854 位 / 46,934件
文字数 73,716 最終更新日 2020.12.03 登録日 2020.11.29
4
恋愛 連載中 長編
四百余年余り昔、彼の岸との繋がる扉が開かれた。 そこから出てきたモノノケたちと人間は、“人間社会のルール”を守る事で共存の道を歩む。 しかし、それは彼岸の獣と呼ばれたモノノケたちにとって、 “不平等”な“人間世界の平等”だった。 それから、数百年。 古都に繋がる旧街道の脇で、ひっそりと営む本屋『Enfent』の主人に、 一目惚れをした女子高生<りんご>は、今日も本屋に通い詰める。 「いらっしゃい、とくに声はかけない。ゆっくり見ていってくれ」 そう言う店主は、悲願の獣だった。
24hポイント 14pt
小説 29,891 位 / 148,865件 恋愛 13,755 位 / 46,934件
文字数 78,353 最終更新日 2022.08.07 登録日 2022.01.30
5
恋愛 完結 短編
 高嶺の花として扱われ、誰も近寄ってこないレティシアに、結婚の話が舞い込んだ。相手は、五回の結婚がすべて破綻した伯爵で、彼の領地には、バケモノがいると言う。  ※一部差別的な表現が出てきます。  ※一度過去に削除しました。再投稿作品です。申し訳ございません!  ※外部サイトにも改稿前の作品を掲載しています。
24hポイント 7pt
小説 35,569 位 / 148,865件 恋愛 16,542 位 / 46,934件
文字数 36,025 最終更新日 2019.05.05 登録日 2019.05.05
6
恋愛 連載中 短編
公爵家の長女セレネ・タナトスは婚約者に婚約破棄をされ、妹のユラがその婚約を受け継いだ。 両親はユラを溺愛していた。だから、妹のお願いだと言って勝手に進めて、あまつさえ、私に帝国屈指の問題児ハデス・ヒュプノスこと死神王子との強制婚約。 「私の人生終わったわ……」 ハデス・ヒュプノスは、皇帝の血を継ぐ一人で、私の元婚約者がハデスの兄であった。 実力こそ全てだが、人を殺したなどと様々な噂がたち、あまり良い印象もないしパーティーやらなんやら見たこともなかった。 けど、あれこの婚約幸せなのではーー? ⚠誤字脱字があります。 ⚠作者のメンタルお豆腐並なので、「面白くない」「書き方下手」などという言葉はご控えください。
24hポイント 0pt
小説 148,865 位 / 148,865件 恋愛 46,934 位 / 46,934件
文字数 1,818 最終更新日 2021.10.01 登録日 2021.10.01
7
恋愛 完結 ショートショート
わたくしは努力が、とても好きです。 好きなもののためには何でもできます。 そんなわたくしの命よりも大事な人との出会い話をのぞいてみませんか...? 週一回の投稿です。毎週、金曜日24時です。四回で終わるのでよろしければご覧ください。
24hポイント 0pt
小説 148,865 位 / 148,865件 恋愛 46,934 位 / 46,934件
文字数 2,283 最終更新日 2021.02.20 登録日 2021.01.30
7