恋愛 画家小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 画家×
2
1
恋愛 完結 短編
シーティア・メルフは、メルフ家という男爵家の長女である。 ある時シーティアは、オルバルト王国の第三王子のデルケルによって脅され、とある事件の実行犯になってしまった。 その事件によって、顔に火傷まで負ったシーティアだったが、様々な人物の協力を得て、なんとか黒幕のデルケルを裁くことができた。 しかし、協力したとはいえ実行犯であるシーティアにも裁きは下されることになってしまった。 シーティアに下された罰は、辺境伯であるアルディス家で働くことだった。 四年間の奉公が終わるまで、シーティアはメルフ家に戻ることを許されないのだ。 その裁きのために、シーティアは辺境の氷雪地帯まで来ていた。 そこで彼女は、アルディス家の当主ゴルバルデと出会った。 ゴルバルデは、シーティアにメイドとして働くこととは別にとあることを頼んできた。 それは、絵のモデルになって欲しいということだった。なんでも、様々な出来事が起こったシーティアは、絵のモデルに最適らしいのだ。 自身の火傷のため、断ろうと思ったシーティアだったが、誰にも見せなくてもいいとゴルバルデが言ってきたため、それを受け入れることにするのだった。
24hポイント 14pt
小説 21,129 位 / 105,115件 恋愛 8,893 位 / 29,561件
文字数 15,526 最終更新日 2020.09.19 登録日 2020.09.12
2
恋愛 連載中 長編
ban
柊咲凜(ひいらぎえみり)は、西洋画が好きな高校生。 幼馴染の日野凪(ひのなぎ)の兄である日野恭介(ひのきょうすけ)に十年以上片思いをしていたが、 恭介に彼女ができたことを知り、失恋。 失恋の悲しみを晴らすために向かった先は、上野西洋美術館。 そこに飾られていたエドゥアール・マネの絵『ブラン氏の肖像』を見ているうちに記憶を失い… 気づくと、絵の中にいたブラン氏が咲凜に話しかけていた。 「君とは、前世からの運命なんだ」 おじさんに恋をされた高校生。 私の前世って何? そこに出てくる「前世持ち」の登場人物。 21世紀と19世紀の記憶が交差する 絵画×前世×高校生の恋愛ストーリーです。 柊咲凜(ひいらぎえみり) 高校2年生。動画投稿サイトMoutubeでは、ファン数1万人いるアマチュア歌手としても活動中。 西洋画が大好きで美術館に通い詰めている。 前世はオペラ歌手 日野凪(ひのなぎ) 高校2年生。咲凜の幼馴染。絵を見ると吐いてしまうほど絵画が苦手。 日野恭介(ひのきょうすけ) 26歳、咲凜が片思いしている高校教師。 ※実際にある絵画をモチーフにしていますが、背景や設定は全て架空のお話になります
24hポイント 0pt
小説 105,115 位 / 105,115件 恋愛 29,561 位 / 29,561件
文字数 10,952 最終更新日 2020.12.27 登録日 2020.12.26
2